坐禅手帳の目次を作って感じたこと

500坐禅手帳 目次


東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗妙心寺派のお寺です。



臨済宗は「禅宗」とも言われ、禅の教えを大切にしています。



禅は体験の宗教とも言われ、実践が求められます。



そこで、少しでも多くの方に禅(坐禅)を体験していただきたいと考え、通常の坐禅会だけでなく子供坐禅会を開催しています。
※子供坐禅会について詳しくはこちらをご覧ください。



子供坐禅会に3回出席した方には東光寺特製の「坐禅手帳」を差し上げています。



全40ページからなる坐禅手帳ですが、このたび大きさを変更することにしました。



そこで原稿を見直し、文字の間違いなど確認をしました。さらに、これまでの坐禅手帳には目次がなかったため、新たに作成することにしました。



改めて原稿を確認し目次を作成すると、白紙のページの多さを実感することができました。




全40ページのうち

般若心経や白隠禅師坐禅和讃などお経に8ページ

坐禅の説明や、お寺の説明、表紙や裏表紙に10ページ


使用していますが、残りは全て白紙です。




この白紙には子供坐禅会に参加した際に配布される東光寺特製「仏教豆知識シール」や、1日をお寺で過ごす寺子屋体験(詳しくはこちら)で配布されるプリントなどを貼ってもらいます。



自らが体験し、その内容を坐禅手帳に残すことができるのです。




夏休みの子供坐禅会に毎日参加すると、この手帳を完成(白紙を使い切る)することができます。




夏休みの終わりに



「手帳終わった!!」



との声がたくさん聞こえてくることを期待しています!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる