足を踏み外さないために


昨日、東光寺(静岡市清水区横砂)も全国の皆様と同様に大雨に見舞われました。


500大雨170623

境内の保育園も、浸水することはありませんでしたが、教室の近くまで水が来ました。



500大雨1706232




原因は短い時間に急激に大量の雨が降り、川へと続く裏の用水路があふれたことです。



境内の水は用水路へ流れるのですが、用水路がいっぱいなので水はどんどん溜まってしまうのです・・・



裏の用水路は、普段ほとんど水が流れていません。



500大雨1706233



しかし、今回の雨で用水路はあふれ、道路と用水路の区別がつかなくなっていました!



手すりが(ガードレール)があるので、落ちることはありませんが、



もしも手すりがなければ水の中をジャブジャブ歩いていると、用水路に気が付かず流されてしまうかもしれません。



私は幼少期に川で遊んでいて、急に深くなる場所で足をとられて溺れ、偶然近くにいた大人に助けてもらったことがあり、今でも危険を感じる水辺は苦手です・・・





仏教には六道【ろくどう】という考え方があります。



六道とは





地獄
 苦しみの世界です。

餓鬼【がき】
あれも欲しい これも欲しいと 欲張り続ける世界

畜生【ちくしょう】
苦しみが多くて、楽しみがほとんどない。みんなが自分勝手に生きている世界

修羅【しゅら】
いつもケンカをしたり戦争をしている世界

人間界
いろんな悩みをかかえて生きている世界

天界【てんかい】
楽しそうな世界だけど、いつこの楽しい世界から追い出されるかビクビクして過ごす世界






という6つの世界があり、私達はこの6つの世界を生まれ変わり死に変わると考えられています。



そしてもちろん、実際に亡くならないと生まれ変わり死に変わることができないということでもありません。



今、生きているこの瞬間も生まれ変わり死に変わるのです。




川で遊んでいて、油断をすれば急に深くなる場所で足をとられて溺れるように、いつどこで六道の中を生まれ変わり死に変わるかはわかりません。



しかし、道と用水路の間に手すり(ガードレール)があれば誤って用水路に落ちる可能性は少なくなります。





では、人間界で生きている人が突然地獄や修羅の世界などに落ちないようにするためには、どのような手すり(ガードレール)が必要なのでしょうか。




それこそが、これまでに私達に命をくださった御先祖様が残してくれた良い習慣なのだと思います。




朝夕にお仏壇に手を合わせる。季節ごとのお参り、お寺での坐禅や写経、ありとあらゆる良い習慣が私達の手すりになってくれているのです。




雨で増水した用水路を注意深く見ることで、普段はなかなか気が付くことができなかった手すりを見て、その有難さを感じました。そして、それと同時に自分自身の心も溺れることが無いようにしなくてはならないと改めて感じました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる