左手は3倍練習しましょう

500手をつなぐ


娘がピアノを習い始めました。



送迎は妻がしてくれています。



ある日、妻に用事があったため私が送迎をしました。




30分の練習だったので、送っていって、また迎えに行くと教室と家を往復するだけになるので、練習を見学させていただきました。
練習中に先生がおっしゃった言葉が印象に残っています。




先生
「右手と左手どっちが得意?」



「右手」


先生
「だったら右手を1回練習したら、左手は3回練習しましょう!」



「お~!!(心の声)」


私は、苦手なこと、嫌なことから逃げる人生を送ってきました・・・



大学へ進学したいと考えたとき、得意な物理ばかり勉強して苦手な英語から逃げていました。



希望する物理の勉強ができる大学へ進学しましたが、高校まで逃げていた英語からは大学時代も逃げ続けました。



大学院へ進学しようとしたときも、専門教科ばかり勉強し英語から逃げていました。





運が良いのか悪いのか・・・

それでなんとかなってしまっていました・・・

そんな、ちゃらんぽらんの人生を送ってきた私にとって


「右手を1回練習したら、左手は3回練習しましょう!」


は新鮮な言葉でした。


「右手を一回練習したら」


と言う言葉は


得意なことにも取り組むことの大切さを説き、




「左手は3回練習しましょう!」


と言う言葉は


苦手なことから逃げることなく、繰り返し練習することで道が開かれると、いうことを伝えていると感じています。


当たり前のことなのですが、忘れがちな大切なことだと感じました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる