禅寺の行事は「祈り」というより「修行」だ!!

東光寺(静岡市清水区横砂)臨済宗のお寺です。



臨済宗とは、禅宗と呼ばれる坐禅をとても大切にする考え方のお寺です。



先日、



「臨済宗の特徴はなんですか?」



と質問をする一般の方に、ある和尚様が



「臨済宗のお寺の行事の中心が祈りというより、修行をするのが特徴です」



と答えていたのが印象に残っています。




確かに、東光寺の恒例行事を思い出しても、




500hpzazenkaititle.jpg

坐禅会や





500hpsyakyoukaititle.jpg

写経会、




500hphusatutitle.jpg

布薩【ふさつ】





500hpgoeikatitle.jpg

さらに、御詠歌など、ひたすらに「祈る」と言うよりは、なにか行ずる(体を動かす)修行が多いことに気が付きます。



※東光寺の月例行事についてはこちらをご覧ください。





江戸時代の大変有名な白隠禅師という臨済宗の和尚様が残された



「動中の工夫は 静中に勝ること 百千億倍」

※動中とは作務などの体を動かす修行、静中とは坐禅を意味し、「作務などの日常を大切にすることは坐禅をするよりも、よっぽど尊い」ことを意味する言葉。




という言葉も、坐禅もそれ以外の修行も大切だと説いています。




「祈りというより、修行をするお寺」




私も臨済宗の説明として、これから使っていこうと思える言葉を知ることができてありがたいと感じています・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる