子供に坐禅会で話したこと 第258番 跋難陀龍王【ばつなんだりゅうおう】


子供坐禅会(平成29年春休み:テーマは涅槃図)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

涅槃図シリーズ その16 【跋難陀龍王:ばつなんだりゅうおう】

です。


500仏教豆知識シール258 跋難陀龍王

東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・


 ※以下の内容は子供向けに話したものです。






お釈迦様が亡くなる時の様子を描いた図を「涅槃図」と言います。 




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王2

突然ですが、問題です!!




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王3

バレンタインの次の日、2月15日は何の日ですか?




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王4

そう、涅槃会です。




2月15日にお釈迦様が亡くなったと言われていますので、その御恩に感謝する法要・お参りを行います。これを涅槃会【ねはんえ】と言います。




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王5

では、4月8日は何の日ですか?




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王6

ヒントは仏教に関係あります。




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王7

さらにヒント!「お花」があります!!





500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王8

そうです、お釈迦様の誕生日をお祝いする「花まつり」です。





花まつりでやることと言えば何でしょうか?




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王9

ヒントはこちらの写真!




そうです、生まれたばかりのお釈迦様の像に甘茶をかけます。





500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王10
花まつりと言えば




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王11
「甘茶」です。





では、なぜ甘茶をかけるのでしょうか。





それは、お釈迦様が誕生したときに「甘露の雨」が降ったといわれているからです。




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王12

甘露とは漢字からも「甘い」ものとわかります。実際には蜜のように甘く、飲むと不老不死になるという伝説の飲み物であり、お釈迦様誕生という素晴らしい出来事に対して天がお祝いをしたと考えられます。





そして、この甘露の雨を降らせたのが、なんと




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王13

跋難陀龍王【ばつなんだりゅうおう】なのです!!




お釈迦様が誕生したとき甘露の雨を降らせた跋難陀龍王はなんと涅槃図にも描かれています。




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王14

どこか分かりますか?




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王15

少し拡大してみます。





東光寺(静岡市清水区横砂)の涅槃図ではお釈迦様の足元の近くにいらっしゃいます。




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王16

この跋難陀龍王、




お釈迦様の教えを守る八大龍王の一つ。




雲を呼び雨を降らす龍王であり、お釈迦様誕生の時に甘露の雨を降らしてお祝いをしました。




その後も教えを聞き、お釈迦様が亡くなった後も永く仏法を守護した。




とも言われています。





私はお釈迦様の誕生を祝った跋難陀龍王が涅槃図に描かれていることに深い意味を感じます。




跋難陀龍王を描くことで、お釈迦様の教えである



全てはつながっている




という教えを示しているのではないでしょうか。




私たちはどうしても様々なことを分けて考えます。



この方法は非常に便利で、普段の生活では欠かすことができない大切な方法です。



良いことか悪いかことか

価値があるか、ないか

えらいか、えらくないか



一見便利のように感じますが、仏教では



すべてはつながっていて分けることなどできない


と説いています。




子供が生まれる「誕生」と亡くなること。


誕生はめでたいことであり、亡くなることは悲しいこと


分けて考えます。 もちろん間違いでは決してありません。



しかし、誕生から亡くなるまで 当たり前のことですが どこかで人間が入れ替わることはありません。



誕生した人が そのまま生きて、そして亡くなっていくのです。



ひとつの命を生きていきます。



分けることなどできません。



しかし、命を分けることはできないのに、人は様々なことを分けて考えよとするのです。



分けて考えれば、すべてのことがつながっていることを忘れてしまい、失敗をしてしまうかもしれません。


500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王17

だからこそ、涅槃図に跋難陀龍王【ばつなんだりゅうおう】を描くことで



命はつながっていることを示し、



さらに、「分けて考えることなどできないんだ、すべては1つなのだ」、このことをこのことを忘れずに 命を大切に生きて行って欲しいとの願いが込められている気がします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる