お墓って怖いところでしょ!?


こまめ 幽霊体験


「お墓で怪我をすると治りが悪いよ!!」




という言葉を聞いて幼い頃のことを思い出しました。




幼い頃からお寺で生活をしている私ですが、おばけに会ったことはありません。




しかし、小学校~大学まで、私がお寺で生活をしていることを知ると多くの知人・友人がよく言ったことは




「お寺ってお墓もあるよね?よく怖くないね?だっておばけがでるでしょ!」




と言った内容の言葉でした。




しかし、大人になると




お寺 = お墓 =おばけ




ではなく、




お寺 = お参りする場所




と、変化していくようです。ですから、大人に「おばけでるでしょ」とは言われません。





先日、お墓でお孫さんに




「お墓で怪我をすると治りが悪いよ!!」





と声をかけているおばあちゃんに出会いました。





お墓 = おばけ




の考え方だと、「たたり」や「呪い」を連想するかもしれません。しかし、おばあちゃんはお孫さんに




「ちゃんとする場所で遊ぶなんてだめだからね」




と付け加えました。




ちゃんとしなくてはいけない場所でちゃんとできないようであれば、ケガを繰り返してしまう。





という意味なのです。




お寺やお墓はお参りする場所であり大切な場所だという考え方が




「お墓で怪我をすると治りが悪いよ!!」





という言葉に込められている気がします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる