宗教の壁の崩壊と再建

500ブログ 宗教の壁を内側から壊す1

この一枚のプリントを我が家では ジョン万次郎 と勝手に命名しました。



東光寺で刷ったプリントが





東光寺から出発し

地元の小学校へ

小学校に通う娘が受け取り

再び東光寺へ帰って来たのです。





プリントの内容は、東光寺(静岡市清水区横砂)で開催される 冬休み子供坐禅会 のお知らせのプリントです。

※子供坐禅会についてはこちらをご覧ください。





私が、東光寺で副住職をさせていただき始めたのは5年ほど前です。



お寺に入ると同時に、しばらくお休みをしていた子供坐禅会の活動を再開することにしました。



さっそく日程を決めプリントを作り、地元の小学校へ電話をしました。



しかし・・・受付の方に



「宗教お断り」



という方針にのっとり丁寧にお断りされてしまいました。



職員室までたどり着くことができなかったのです。




500ブログ 宗教の壁を内側から壊す2





この時は、公民館など多くの施設でチラシなどのプリントを配布することを「宗教活動」を理由に断られました。



宗教の壁 を強く感じた出来事でした。



しかし、今年は少し風向きが違います。



 夏休み前に、地元の小学校2年生全員が総合学習の一環として「地元を学ぶ」ためにお寺の見学に来てくれました。このとき、引率の先生に「夏休みに子供坐禅会をやっています!」と伝えたところ2年生にプリントを配ってくれたのです。



 そして、冬休みに入る前のある日、妻が校長先生に冬休み子供坐禅会の案内を持参したところ、全校生徒への配布を許可してくださったのです!



500ブログ 宗教の壁を内側から壊す3



ありがたい御縁に感謝しながら、プリントを準備させていただきました。




500ブログ 宗教の壁を内側から壊す4




以前は厚く感じていた「宗教の壁」が少しづつ壊れていっているように感じます。





500ブログ 宗教の壁を内側から壊す5





この壁が、どんどん崩壊するのか、それとも再建されてしまうのか。



それは、実際に坐禅会へ参加してくださった方がどのように坐禅やお寺を感じるかで決まってくるのではないでしょうか。



壁が再建されることなく崩壊が続くように、ますます努力をしていこうと感じています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる