妙心寺には松がある!!

東光寺(静岡市清水区横砂)臨済宗妙心寺派のお寺です。




御本山は京都にある妙心寺です。




先日、妙心寺の中での法要に参加させていただいたり、法話をさせていただく御縁があり、未熟者ですが行ってまいりました。




季節は冬を迎える準備が始まる頃の11月。予想よりも寒くて驚きました。




11月の京都は紅葉が見頃を迎え、多くの観光客が押し寄せます。




では、妙心寺はどうでしょう。



500妙心寺の松を見て1

さっぱりとしています。





もちろん、紅葉が有名なお寺も妙心寺の山内にありますが、参道や雲竜図が有名な法堂、開山様(最初の御住職)をお参りするお堂など、ほとんどの場所に植えあるのは「松」です。





500妙心寺の松を見て4
雲竜図で有名な法堂と松





500妙心寺の松を見て6






500妙心寺の松を見て3







500妙心寺の松を見て2





ですから、京都の有名寺院が


紅葉の季節になると混み合う


桜の季節になると混み合う



となっているときにも妙心寺には淡々と時が流れています。





いつでも変わらないのです。






500妙心寺の松を見て5

松が植えてあるのも、季節によって変化することがない松の葉は、どんな時での変化することがない「私達が生まれたときか頂いている尊い心」を表現しているのです。




季節に左右されない松が、自分の感情に一喜一憂すことがない禅の精神を表現し、その松によって妙心寺そのものが禅の姿を示してくれているように感じます。



そんな妙心寺で



「おもったより寒いなぁ」などとぼやいている私はやっぱり未熟者です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる