三帰依文【さんきえもん】を日本語で表現する

突然ですが、三帰依文【さんきえもん】を東光寺未確認キャラクター こまめ で表現してみました。



500三帰依文1



それは、東光寺(静岡市清水区横砂)の本山である妙心寺が発行する 勤行聖典【ごんぎょうせいてん】をじっくりと読む機会に恵まれたからです。




500三帰依文5






500三帰依文6




この中で 三帰依文【さんきえもん】の部分を読んだときに、新鮮な言葉に出会い、是非紹介をしたいと考え、「こまめ」で表現をしてみました。





普段から 三帰依文 という言葉に触れる機会は多いのですが、普段は漢文(漢字だけで書かれた文章)の三帰依文を読み、唱えています。

 ですから、私にとって見慣れた三帰依文は



南無帰依仏 【なむきえぶつ】
南無帰依法 【なむきえほう】
南無帰依僧 【なむきえそう】



です。





しかし、妙心寺の勤行聖典には和訓【わくん:漢文を読みくだした言葉】で書かれていたのです。




500三帰依文7




私は




南無帰依仏 【なむきえぶつ】




仏に帰依いたします。




と、これまで訳してきました。帰依とは敬い頼りにするという意味がありますので、





南無帰依仏には、




「仏様を敬い頼りにします」という意味があります。しかし、勤行聖典には



自ら仏に帰依し奉【たてまつ】る



だけではなく、



仏とは ひととし人の 尊さなり。


当【まさ】に 願わくは 衆生と共に 悟りの道を踏みしめて、無上位を 発【おこ】さん






と書いてありました。





仏とは人の尊さである





仏教の大切な教えを短くも的確に表現した言葉です。そして、





願わくは  悟りの道を踏みしめて





と続きます。






誰もが仏様のような尊い心をもっており、


誰もが、悟りの道を歩むことができる。






500三帰依文8





と、やはり仏教の大切な教えを的確に表現されていると感じました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる