自分以外の目に教えていただくこと

 
東光寺(静岡市清水区横砂)では、毎月23日の午前10時より写経会を行っています。




500写経会
※写経会について詳しくはこちらをご覧ください。






東光寺の写経会は始めてから5年が経ちますが、それよりもはるか以前から毎月23日の午前9時からお地蔵様をお参りする「地蔵尊供養」を行っていました。





その他にも毎月

・8日は布薩会【ふさつえ】

・17日は観音様のお参り
 
・第3土曜日は坐禅会



と決まっていました。





 そのため、写経会を始めるにあたって






 開催日時を、23日はすでに毎月予定があることが確定しているので、新たな日付を設定するよりも地蔵尊供養終了後の10時から写経会を行う方が都合が良いのではないかと考え、実施をしています。





・すると、そのようないきさつを御存じない方に、



「写経会が23日なのは 23(ふみ)の日で 23日文の日だからですか?」





と質問をしていただきました。





正直に「そのような 凝った意味合いはありません。」とお答えすると大変驚かれていました。




しかし・・・・・




23日は文(ふみ)の日だから写経会





とても良い響きですし覚えやすい言い方なので、写経会が23日に開催をしていることを説明する際に使用してしまおうかと悩みます。




 もちろん、ウソはよくありません・・・が、「23日は文(ふみ)の日だから写経会」いつかこの言葉を使用してみたいと感じます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる