花園会 秋季特別布教開催 【平成28年】

500秋季特別布教160929 01





本日、静岡東教区 第三部 花園会 秋季特別布教 が開催されました。



この言葉を聞いて、どんな人が集まって、どんなことを行ったのか理解できる方は少ないのではないでしょうか。



それぞれの言葉は聞いたことがあるけど、意味を問われると詳しくは知らない・・・



そんな言葉ではないのではないでしょうか。






静岡東教区の「教区」とは

 臨済宗妙心寺派が独自に行っている、全国にある3,400ヶ寺の臨済宗妙心寺派のお寺を地域ごとに区分けした地域の事です。そして東光寺(静岡市清水区横砂)は、静岡県を東西に2つに分けたうちの東側である「静岡東教区」にあります。






第三部 とは

 静岡東教区をさらに細かく地域ごとに5つに区分けしたもので、東光寺はこの中の三部に属しています。






花園会 とは

 妙心寺派の寺院の檀信徒の総称です。






秋季 とは

 読んで字のごとく秋の季節






特別布教 とは

これまた読んで字のごとく 特別な布教(教えを伝え広めること) です。







つまり 静岡東教区 第三部 花園会 秋季特別布教 とは



この地域の方々に、秋の季節に仏教の教えをお伝えする特別な行事






と説明することができそうです。





具体的には何をしているのか写真と共に御紹介させていただきます。



500秋季特別布教160929 01

会場となるお寺に集合し、開会式を行います。









500秋季特別布教160929 02

そして、皆さんで読経しお参り。






500秋季特別布教160929 03

 そのまま、静かに座ります。椅子席ですので短い時間の「イス坐禅」とも言えるかもしれません。





500秋季特別布教160929 04

 そして、仏教の教えを伝えてくださる和尚様の法話を聴きます。





 全部で2時間程の日程ですが、普段の生活ではなかなかすることができない仏教や自分自身としっかりと向き合うことができる時間になるのではないでしょうか。





お寺は亡くなってから来る場所ではない、生きている間に人生を学ぶ場所である






という言葉もありますが、まさにこの言葉の実践の場だと感じることができる秋季特別布教でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる