子供に坐禅会で話したこと 第127番



東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。

 そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。


 自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・


 

500仏教豆知識シール 127 坐禅和讃シリーズ





 仏教豆知識シール 第127番  題名 【因果一如の門ひらけ】

これは、「白隠禅師坐禅和讃【 はくいんぜんじ ざぜんわさん 】」のお話です。




坐禅和讃は



 衆生本来仏なり 【 しゅじょう ほんらい ほとけなり 】



といって、



「みんな、仏様のような美しい、尊い心を産まれたときからもっています。」 



と始まるお経です。



その中に、



因果一如の門ひらけ 【 いんが いちにょの もんひらけ 】

無二無三の道直し  【 むに むさんの みちなおし 】





という部分を紹介します。




この部分は




原因と結果は切り離すことのできないように、私達と仏様も切り離すことはできません




と訳すことができます。




 皆様ご存知の通り四国遍路や西国巡礼をする方は例え1人で巡礼をするのであっても、弘法大師や観音様と一緒に旅をすることを表す「同行二人」と記したものを身につけて旅をされます。




500ブログ 坐禅和讃 シリーズ 因果一如の門ひらけ 無二無三の道直し





 私達は仏様と共に手を取り合って人生の旅をしているのです。




 私も人生に悩んだ時期に西国巡礼を1人で行いましたが、巡礼をしながら様々な御縁に気が付いてからは1人で巡礼をしているとは感じなくなったことを覚えています。




 同行二人が意味する「手を取り合う」とは現実の世界で手をつなぐことではもちろんありません。




「ひとつになる」姿を「手を取り合う」と表現しているのです。




坐禅和讃の




原因と結果は切り離すことのできないように、私達と仏様も切り離すことはできません





と通じる世界だと感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる