布薩会に驚きの参加者が



500布薩160908001

先日、1ヶ月に1度は「ごめんなさい」と題して





東光寺(静岡市清水区横砂)で毎月8日に行っている布薩会【ふさつえ】(1,8月は行事の都合上行いません)
を紹介しました。



※先日の記事はこちらです。





布薩会とは心を洗う大切な修行であり、もともとは


半月に一度、定められた地域にいる修行者達が集まって普段の修行生活をかえりみて反省をする集会でした。
その後、一般の方が寺院に集まって戒【かい:仏教徒として守るべき約束】を守ることを誓い、説法を聞く法要が盛んになり、布薩と呼ばれるようになりました。






布薩会の特徴は、読経をした後に丁寧な礼拝とも言える五体投地【ごたいとうち】という「行【ぎょう】」を行うことです。





500布薩160908002


今日も参加者と一緒に礼拝を繰り返していると・・・・
驚きの参加者がやってきました!






500布薩160908006

小さいながらも、がんばて五体投地をする小学生ではありません。





500布薩160908005





500布薩160908003

妹の保育園児でもありません。







500布薩160908004

バッタです!





礼拝をしている私の横にバッタが飛んできて、まるで礼拝をしているような姿になっていました。





そして、布薩が終わるとバッタはどこかへ飛んでいってしまいました・・・





バッタも参加することができる東光寺の布薩会には、どなたでも参加していただくことができます。





興味のある方は、ぜひ一度御参加ください!


※布薩会について写真入りで紹介しているページはこちらです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる