石と緑

500石と緑160828001


暑い夏のある日、訪れたお寺の玄関で御住職様に





「今年の夏も暑いね、でもこれだけ暑くてもこの緑は生き生きしているね!」





と声をかけていただきました。情けないことに、私は




「緑???」




と、どこの緑を言っているのか分からずボケっとしていると





「この石から出ている緑はすごいね、雨が降らないのに、どこにこんな力を蓄えているのだろうか。」





と言っていただいたので初めて石の上に木があることに気が付いたのです・・・






500石と緑160828002





大きな石の上で、力強く命の輝きを示す緑を見て





「石」が禅語では





無の境地に徹した人






を指すことを思い出しました。







 雨も降らず、暑い日が続くなかで、石の上で堂々と命の輝きを示す緑を見ることが出来て有り難いと感じると同時に、




 自分自身も僧侶として「無の境地に徹しながらも命の輝きを見せることが出来るようにならなくてはいけない」と感じました。




 かなり厳しく難しいことだと理解していますが、美しい石と緑の姿を見て今後も、こだわることなく努力を重ねていこうと誓うことが出来ました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる