FC2ブログ

助ける方法

仏教の話しには、よく  「例え話」 が登場します。





そんな例え話の1つに溺れる人を助ける話があります。




500助ける方法160813

ある海で溺れている人がいました。




溺れている人を発見した時はどうしたら良いのでしょうか。





500助ける方法1608132

気が付いた人が、岸などの安全な場所から







「あのね、溺れそうなときには、落ち着いてゆったり泳いだ方がいいよ」





500助ける方法1608133


といくら話しかけても、溺れている人の役にはなかなか立たないでしょう。





それよりも大切なことは







500助ける方法1608134

まず飛び込むことです。







500助ける方法1608135


飛び込めば、溺れている人を助けることが出来るのです。





この話しの「海」は、私達が普段から生活をしている世界のことです。この世界は悩みの多い世界です。





そのため、悩みが無くなることはなく次から次へと悩みが発生をしてしまいます。




そして自らが作り出した悩みに溺れてしまうのです。





この話しの「岸」は悟りの世界を意味し、溺れているひとに気が付くのが仏様です。





これらのことを考えこの話しを短い言葉でまとめると





迷いの海に沈んでいる人々を助けるために、どんなに岸から呼びかけても助けることはできない。


だから仏は自ら迷いの海に飛び込んで助けようとする。


(仏教聖典)






となるのです。






少し、別の角度から考えますと、






悩み苦しんでいる人のために、自分もその中に飛び込んで助けようとする姿こそが「仏」なのです。





生まれたときから尊い「仏様の心」を持って生まれると言われている私達の本来あるべき姿である


「共に笑い、共に苦しみ、共に生きていく」


ということを示しているのではないでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる