交点はゼロ 【自分とは何か?】

理系出身の2人の僧侶が話しをしています・・・






僧侶A
「仏教では、たて糸は時間のつながり、横糸は今を生きる人とのつながりとして、「いのち」のつながりを説くことがありますよね。」


500交点はゼロ 1


僧侶B
「たて糸だけでもなく、横糸だけでもない。両方あることが大切ですよね。」




僧侶A
「そう、そして たて糸と横糸が交わる部分に「いのち」が生まれると説きますよね。」


500交点はゼロ 2



僧侶B
「たて糸と横糸の交わる場所はたくさんあるけれど、一ヶ所だけ拡大すると何に見えますか?」


500交点はゼロ 3



僧侶A
「横糸がX軸、たて糸がY軸のグラフを書くための線」




僧侶B
「ですよね!」




僧侶A
「と言うことは、交点は・・・」





僧侶Aと僧侶B
「ゼロ!!」





最近、こんな話をしている自分に驚くことがたまにあります・・・・





長い長い時間軸と、今を生きる無数の人とのつながりが交差して生まれる「いのち」が「ゼロ」であった・・・




無茶苦茶な話にも見えますが、「ゼロ」なのは「自分」ではないのでしょうか。





多くのつながりによって奇跡的な確率でいただいた「いのち」は決して「自分だけ」のものではない。





そんなところだったのではないでしょうか・・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる