人生を遊ぶことが大事!!

日本にはゴールデンウイークと呼ばれる連休があります。



多くの方がこの期間に普段の生活から解放されてリラックスをされたり、お出かけをされたりしているのではないでしょうか。



500ゴールデンウイークにくつろぐ160502



・・・私はお寺での生活をしている現在も、教員時代も、ゴールデンウイークは仕事が入っていましたので、どこかへ遊びに出かけたりしたことはありません。それ以前に混んでいる場所が苦手ですので観光地へ行きたいと思ったこともありません。





 「遊び」と聞くと、「普段の生活を離れた楽しいひと時」と感じます。しかし、山田無文老師という昭和を代表する禅僧は著書【生活の中の般若心経】で次のように「遊び」という言葉を紹介しています。




大学生に「人生の目的は何ですか」と聞かれたので「遊ぶんだ」と答えてやりました。
~中略~
観音行【かんのんぎょう】というお経に
“観世音菩薩はいかんが娑婆世界に遊び、衆生【しゅじょう:みんな】のために説法したもう”
とあるが、仏さま方はみんな毎日遊んでいらっしゃるんだ。衆生済度【しゅじょうさいど:みんなを救うこと】することがそのまま遊びなんだ。





この文章を読んで私は驚きました。


人々を助けることが遊び!??


理解ができませんでした。 しかし、「遊び」という漢字を使った仏教語に



遊戯【ゆげ】



という言葉があり、



自由自在で何ものにもとらわれないこと



を意味していることを知ると、




「人々を助けることが遊び」



と、いうことは



「こだわりの無い心で人々を分け隔てなく助けること」



であると分かります。






 山田無文老師は私達の生活に当てはめて、



働くことがそのまま遊びであり
人のためにすることが そのまま遊びであり
苦しい目にあうこともまた遊びなのです




と説いています。



 つまり、「苦しい目にあうことも遊びだ」と感じることができる心を育まなくてはならないのです。



「ゴールデンウイークなのに仕事があって遊びに行けないや。つまんないなぁ」



と愚痴をこぼしている私には遠い・遠い・遠い世界があるようです・・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる