見守り、見守られる!

500始めは時間がかかります


警察の御協力の元、保育園の園児の交通安全教室が行われました。



車の出入りがあるところに、保育園の職員や保護者、警察の方、地域の方が立ち見守ります。




私が立っていた場所は出発地の保育園から約300mの位置。




大人の足で歩けば数分の位置です。




私も定位置について、いよいよ、園児たちの交通安全教室が始まりました。




保育園の出入り口から園児が出てくるのが見えました。



しかし・・・・




なかなか前に進みません・・・・





車が出入りする場所に来たら止まって「左右前後の確認」をしてい前に進みます。




各場所にそれを見守る大人がいますので、丁寧に練習をします。




300m先の私の立っている場所に来るまでに約20分かかり、ゴール地点までさらに時間がかかりました。





園児達の足ならもっと早くに到着できますが、安全を確保するためには仕方がないことです。





いつもより多くかかってしまう時間を 「時間の無駄」と感じるか、 「見守られている時間」と感じるかで印象が大きく変わります。




参加してくださった地域の方と話をしていると





「園児を見守っていると、自分も見守られていたし、今でも見守られている気持ちになりますね」




と言っていただき、長い待ち時間が無駄ではなかったと感じました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる