カッターが切れなくなったときに確認すること

500縁の下の力持ちが大切なことをカッターに学ぶ001

仕事で紙を切るときに、写真のようなカッターを使っています。




非常に便利で重宝しています。




しかし、使えば使うほど残念ながら切れ味が悪くなっていきます。




そこで、刃を確認することにしました。




500縁の下の力持ちが大切なことをカッターに学ぶ002


刃が収納されている場所を空けてみると・・・






500500縁の下の力持ちが大切なことをカッターに学ぶ006



問題のない刃が出てきました。





この刃を替えても意味がありません・・・






実は、切れ味の問題は



500縁の下の力持ちが大切なことをカッターに学ぶ005


この、刃を受け止める場所を変えると解決します。







長く使い続けると


500縁の下の力持ちが大切なことをカッターに学ぶ003


刃を受け止める場所が削れてしまい、切れ味が悪くなってしまいます・・・・






500縁の下の力持ちが大切なことをカッターに学ぶ004


そこで、この部分をひっくり返したりして美しい面を上にします。




すると、カッターの切れ味が復活するのです。






私はついつい切れ味が悪くなると




「刃かな!??」




と考えてしまいます。しかし、多くの場合「刃」よりも「刃を受け取る場所」がしっかりとしていればカッターの持っている力を存分に発揮することができるのです。







 多くの人から良く見えて働きを注目される「刃」よりも、それを下で支える下のゴム(!?)の部分が大切だと気が付くと、





 やっぱり基本が大切なのだと感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる