科学と仏教の共通点 

500坐禅160125



私は現在、臨済宗の僧侶をさせていただいています。





臨済宗が「禅宗」のお寺である縁で、保育園児が子供坐禅会に参加してくれています。





子供達には 





「姿勢を良くして、ゆっくり息をしましょう!」






と坐禅の説明をしています。 





しかし、「坐禅」を説明するときに「姿勢」と「呼吸」だけで十分ではありません。






姿勢を調え、呼吸を調え、心を調える





ことが坐禅であり、






「心の中にある余分なものを捨てていくことが心を調えることだ」とも言われます。





僧侶をしていると、一般の方に





「やっぱり、お坊さんって仏教系の大学を出ないと なれないの?」




と聞かれることがあります。





「僧侶になるためには必ず仏教系の大学をでなくてはいけない。」という決まりは臨済宗にはありません。






私自身も、理系の出身です。 学生時代は理学部 物理学科に在籍し、4年生~大学院2年までの3年間は研究室でひたすら実験を繰り返す毎日を送っていました・・・・




「科学」が大好きな私にとって、非常に残念な言葉は





「科学は「分類」の学問であり 、 様々な現象を「0」か「1」に分けていくような学問だ 」




という声です。





科学=分別







と感じてるいる人は珍しくありません。  しかし、科学とは本来「法則性を明らかにする学問」であるはずです。






そして、「法則性」を明らかにするために、日夜様々な研究が続けられています。





 では、その研究とはどのようなものなのでしょう。 科学の研究は 必要のない余分な条件を捨てていくことの連続です。





 実験材料にわずかな不純物があれば、実験は成功しません・・・・





 私も、実験で使用する材料(純度98パーセント以上)を購入した際に、少なからず入っている不純物を排除する作業のために3週間かけて材料を生成したことを よく覚えています。






科学と仏教の共通点は様々ありますが、






余分なものを極限まで捨てていくこと







も共通点だと私は考えています!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる