大先輩に教えていただいた、婚活が上手くいく人といかない人の違い

仏教の言葉に 布施【ふせ】 というものがあります。




布施とは「こだわりのない仏様のような心で、自分にできることを誰かの為に行うこと」を言います。





布施の心 と 婚活の心 の共通点について興味深い話を伺うことができたので御紹介します。




400印刷依頼原稿 作成用 いちえの会 ポストカード 横


現在、「出会いとは、出て会うこと」 を合言葉に静岡・清水の臨済宗妙心寺派若手僧侶が婚活を企画し実行しています。




私も、微力ながらお手伝いをさせていただいています。




※お寺で婚活「いちえの会」についてはこちらをご覧ください。




いちえの会150504014




「婚活」に携わるようになり、これまはお会いする機会が少なかった方ともお話をする御縁に恵まれるようになりました。





先日、30年以上「婚活(仲人)」をされてきた女性と話をしたときに




「私は、結婚をしたいと言っている初対面の男女にある質問をしています。」




と教えてくれました。 そして、この質問に対する答えを聞くと、その人がいつ頃結婚するか想像がつくそうです。





その質問とは・・・・







「結婚したら相手に何をしてあげたいですか?」






というものです。 





「相手に何を望みますか?」 





と質問すると、男女の関係なく多くの要求が出てくるそうです。





しかし「相手に何をしたいのか?」と質問をすると、答えが減るそうです。





そして、「相手の為に何をしたいのか?」という質問にすぐに答えられる人は婚活さえ始めれば結婚が早いそうです。







「相手の為に何をしたいのか?」 という言葉は まさに 「自分にできることを誰かの為に行う」という布施の心なのです。






やはり、人としての生き方が大きく変わる婚活(結婚生活)と、仏教の話には接点が多いのだと改めて教えていただきました。 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる