除夜の鐘

除夜の鐘
 東光寺(静岡市清水区横砂)では12月31日に除夜の鐘をつきます。

東光寺では除夜の鐘をどなたでも撞くことができます。夜の11時30分に住職が第1声目を撞き、その後は参拝者が順番に鐘を撞きます。


 お参りをして鐘を撞いた方には簡単なお茶の席と御札を用意しています。屋外にある鐘を撞きますので寒くなると思いますが、本堂内は温めてありますのでご安心ください。無料ですので御布施等を特別に御用意する必要はありません。

 除夜の鐘は過ぎ去った1年を反省し、来たるべき歳の幸を願いながら打ち鳴らされます。また除夜の鐘は「欲望を追い求めてしまう むさぼりの心 」や「怒りに冷静さを失ってしまう心」などの煩悩(ぼんのう)という邪心を打ち払うと言われています。1年の最後に心を落ち着け静かに鐘を撞き、その鐘の音を聞き自らを清めることもできるかと思います。


除夜の鐘 札
 ↑頒布する御札↑
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる