今年の冬の仏教豆知識シール 【平成29年】


東光寺(静岡市清水区横砂)で開催される 子供坐禅会 には 仏教豆知識シールが欠かせません。




坐禅会では、坐禅終了後に仏教やお寺に関する話をします。




その日の話に合わせて用意するシールを仏教豆知識シールといいます。



参加者は坐禅手帳(これも東光寺特製)に参加した日付とはんこを押し、最後に、「仏教豆知識シール」を貼って帰ります。




間もなく(12月24日より)始まる今回の冬の子供坐禅会で配布する仏教豆知識シールの準備をしています。




今回の法話(仏教の話)のテーマを夏休みから引き継ぎ仏教の物語としていますので、8日分のシールを妻が描く「こまめ」を使って作成します。
※「こまめ」とは東光寺未確認キャラクターです




妻に依頼した絵が完成してきました。


500丸太に乗って流れるこまめ



こんな絵や



500天女になった貧しい女




こんな絵。



500アリの命




そして、こんな絵・・・



500長者の不幸2




少しでも参加してくれた方が楽しんでくれるようにまとめていきたいと思います。





そして、詳しい話の内容については坐禅会での話しをまとめて、このブログでも紹介できるようにがんばって行きたいと思います。


冬休み 子供坐禅会 開催案内 【平成29年】

5001500子供坐禅会 チラシ 平成29年冬休み

東光寺【静岡市清水区横砂】では、地元の小学校の長期休暇(夏休み・冬休み・春休み)の日程に合わせて、子供坐禅会を開催しています。



まもなく、冬休みを迎えるこの時期になりましたので、冬休みの子供坐禅会に日程を決めさせていただきました。



冬休みの朝にお寺で坐禅をしてみませんか。興味のある方はぜひ御参加下さい。



※「大人と子供の坐禅会」という名前も持つ坐禅会(座禅会)ですので、子供と一緒に大人の方が参加してくださることも大歓迎です。もちろん大人の方が1人で来ていただくことも大歓迎です!




平成29年冬の坐禅会は



12/24(日)~12/31(日)  【土日も含めて開催】

朝 7:30 ~ 8:20



とさせていただきます!



 対象年齢を小学生以上としているため通常よりも坐禅をする時間が短くなっていますので、坐禅に興味はあるけど経験がない方又は経験が少なく不安な方、坐禅をしてみたいが長い時間に挑戦するのは難しい方なども、ぜひ御参加下さい。

詳しい内容や東光寺へ行き方は東光寺ホームページもご覧ください!



内容
坐禅(10~15分)×2回
読経(経本を貸し出します)
茶礼(礼儀正しくお茶をいただきます)




服装
運動に適した動きやすい服装 (ジーパンなどの固い生地のズボンはお勧めしません)




参加費
参加費は不要ですが本堂にお賽銭箱がありますので、可能な方は朝お寺に来たときにお賽銭を入れてお参りをしてください。




対象
小学生以上。
※未就学児の場合、坐禅をすでに体験している子供や保護者の方が御一緒に参加される場合は参加することができます。



参加方法
申し込みの必要はありませんので、直接開始時刻までに東光寺までお越しください。都合の良い日だけや、1日だけの参加も可能です。

初めて参加される方は、開始10分前に来ていただければ坐禅の座り方等についてご説明させていただきます。

これまでの開催報告などはこちらのページにまとめてありますので、是非ご覧下さい!

グラグラ指数と坐禅の経験

東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児は年中組以上になると毎月坐禅体験にやってきます。




今月もやってきてくれました。



500坐禅の経験とグラグラ指数5



今月は立派に坐ることができました。



決められた時間内、多くの園児がほとんど動くことなく静かに坐ることができました。





もちろん、年中組になって初めて坐禅を体験したときはグラグラと動いてしまいます。



しかし、経験を重ねるごとにグラグラと動くことはなくなり、しっかりと坐ることができるようになってきます。これをグラフにすると、





500坐禅の経験とグラグラ指数




このような関係になると思います。




縦軸が「グラグラ指数」(私の造語)、横軸が坐禅の経験です。




経験を重ねれば重ねる程、身体も呼吸も心もグラグラしなくなるのです。




しかし、このグラフの横軸に注意が必要です。




このグラフの横軸はとても多くの経験を表しています。回数に例えるなら何万回といった数になります。





先ほど、「今月は立派に坐ることができました。」と表現しました。




今月は・・・なのです。




実は先月はかなりグラグラと動いてしまう園児が多かったのです。




それは、坐禅体験は通常ですと月初めに行うのですが、8月はお寺の都合で月末に行われたためなのです。




7月は月初め、8月は月末・・・



かなり間隔が広がってしまったため、それまでに覚えたことを少し忘れてしまったようです・・・




それとは反対に8月は月末、9月は月初めですから、今月は間隔が短いためしっかりと坐ることができたのです。




このことを、横軸を短い期間で書いたグラフにすると




500坐禅の経験とグラグラ指数3




このようになるのではないでしょうか。




そこで、1年という期間でグラフにすると





500坐禅の経験とグラグラ指数2




このようなデコボコの形になり、




数年単位でグラフにすると




500坐禅の経験とグラグラ指数4




このような形になるのです。




さらに、横軸を長くすれば最初に示した、





500坐禅の経験とグラグラ指数




このような形になるのだと思います。




私が東光寺に戻ってきたときに指導した園児(当時は年長組のみ)は現在小学校の高学年になりました。当時毎回のようにグラグラとして怒られていた子は今でも子供坐禅会に参加してくれています。そして、彼は今では注意させることが減り毎回立派に坐ることができています。





長い間続ければ続けること、間隔を空けずに続けることが、身体や呼吸そして心をグラグラとさせないコツなのかもしれません。

新たな仲間と布施の心

500坐禅手帳用ハンコ2




東光寺(静岡市清水区横砂)で行われた夏休み子供坐禅会では参加してくれた方に東光寺特製の「坐禅手帳」を配布しています。




坐禅手帳には

・お経

・坐禅の説明

・お寺についての説明



が書いてあります。しかし、手帳の大半はなんと「白紙」のページが占めています。




この白紙のページには参加してくれた方々が毎日配られる「仏教豆知識シール」を貼り、日付のハンコを押します。そして、好きな「こまめハンコ」を押すのです。




夏の子供坐禅会が終了し、最近は秋の涼しさを感じるようになってきました。




500坐禅手帳用ハンコ1




秋を感じるようになった頃、新しいハンコが届きました。




さっそく押してみました。




500坐禅手帳用ハンコ3




楽しい・・・




500坐禅手帳用ハンコ4




これまでのハンコと合わせると全部で15種類となりました。




ハンコになっている東光寺未確認キャラクターの「こまめ」は妻が豆知識シール用に書いたものですが、どのこまめをハンコにするか決定できるのは選ばれた子供坐禅会参加者です。




全部で20ページある白紙のページを全て使い終わった方、つまり坐禅手帳を1冊使い終わった方に好きなこまめを選んでもらっています。




以前は、1冊坐禅手帳を使い終わるとご褒美にお菓子をあげたり、仏教聖典をあげていたこともあります。




しかし、最近は好きな「こまめ」を選ぶことがご褒美になっています。




これまででしたら「お菓子」や「仏教聖典」など何かしたご褒美を自分が受け取ることができていましたが、今は何も受け取れません。ハンコが完成しても、そのハンコをもらうことも優先的に使うこともできません。
ただ選ぶだけです・・・




選んでも自分専用としては使えない・・・




誰かが、使うかもしれないもの選ぶ・・・






ハンコを選ぶことで「誰かのために選ぶ」心を持ってもらいたい、そして、このような体験を通して「自分のためではなく、誰かのために」何かをすること、何かができることを感じていただければありがたく感じます。

夏休み 子供坐禅会 開催報告 【平成29年】

7月31日から始まった東光寺(静岡市清水区横砂)夏休み子供坐禅会も、多くの方のご協力によって全23日間の日程を全て終了しました。




500寺子屋体験 3日目001




23日間の開催で参加人数は




一番少ない日は14人から、一番多い日の38人まで、



合計 510人の方に参加していただきました。




500ippo.jpg



夏休み前に出演させていただいたラジオを聞いて参加してくださった家族もあり、平均すると、毎日22人の方が来てくれたことになります。




歩いたり、走ったりして開始直前に本堂にやってきて汗を流しながら頑張った小学生達、

親子で来てくれる方、

親だけが連日参加してくれた方、

毎日参加してくれた小学生、

おじいちゃんと娘、そしてお孫さんの3世代で連日参加してくださった方、

子供坐禅会で使ってくださいとお菓子などを差し入れしてくださった方、

坐禅会終了後に本堂の掃除などを手伝ってくれた小学生達、

坐禅会終了後に使った湯呑を参加するたびに洗ってくれた方、

参加者に配布する仏教豆知識シールの作成のためにイラストを描き続けてくれた方、




などなど・・・




書き出したらきりがありませんが、本当に多くの方に支えられての子供坐禅会でした。





「次は冬休みですね~!」



と挨拶をして別れていく姿を見て、冬休みの開催までにしっかりと準備を進めようと心に誓いました。




次回の予定は小学校の冬休みの日程、そして東光寺の予定を確認し決定してお知らせしていきます!

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる