子供に坐禅会で話したこと 第254番 速疾鬼


子供坐禅会(平成29年春休み:テーマは涅槃図)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

涅槃図シリーズ その12 【速疾鬼:そくしっき】

です。



500仏教豆知識シール254 速疾鬼





東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・


 ※以下の内容は子供向けに話したものです。



お釈迦様が亡くなる時の様子を描いた図を「涅槃図」と言います。 涅槃図のなかにはお釈迦様が亡くなった訃報を聞いて駆け付けた多くのものが描かれています。




その中に速疾鬼【そくしっき】がいます。 




しかし、悲しみのあまり集まった他の人達と違って速疾鬼【そくしっき】がここに来た目的は、なんと泥棒です!速疾鬼の特徴としては




鬼の姿

人の血肉を食べる

空を飛びまわる。





といったものがあります。 できれば会いたくない種類の人です・・・




そして、 お釈迦様が亡くなられたとき、お釈迦様の歯を盗んで逃げたとも言われています。




「なんだ、歯か」




と思うかもしれませんが、これは重罪です。




お釈迦様が無くなったときに多くの人々がお釈迦様の御骨を手に入れて仏塔(大きな大きなお墓)を建てようとしていました。とても大切なものです。




もちろん盗んではいけません。しかし、彼は実行をしてしまったのです。




もちろん、悪いことをすれば必ず捕まります。



彼もすぐに捕まってしまいます。



では、なぜ泥棒を涅槃図に書くのでしょうか?



それはシールにも書いたように、速疾鬼が後に改心して仏教を守る守護神になったためです。



仏教(お釈迦様の教え)は、みんなが一緒に幸せにいきていく方法を教えてくれています。





みんながニコニコして過ごす方法を教えてくれているのです。

皆さんは学校で嫌なことがあったら何をしますか?

みんなが仲良くするためには・・・

何か嫌なことがあったとき、相手を許すことが大切です。

でも、許すことはとても難しいことです。

そして、逆に許してもらうことも難しいのです。

しかし、そのことが大切なことだと誰もがわかっています。

でも、できない・・・




頭で分かっていてもなかなかできないものです。




だったら実際にやってみましょう。




坐禅と同じです。言葉でどんなに説明をされてもできるかどうかわかりません。




やってみると良さがわかります。




許すことも謝ることも同じです。




まずは「ごめんなさい」 「うん、いいよ」




声に出してみましょう。自分でもびっくりするくらい気持ちがよい声が出るかもしれません。




涅槃図の速疾鬼は




まずはやってみること、そして許すことの大切さを伝えてくれているのだと思います。

平成29年 春休み 子供坐禅会 開催報告


500子供坐禅会170406




3月20日から始まった春休み子供坐禅会も、多くの方のご協力によって全17日間の日程を全て終了しました。




17日間の開催で参加人数は




一番少ない日は5人(3月29日:小学校離任式)から、一番多い日の34人まで、合計 388人の方に参加していただきました。




平均すると、毎日22.8人の方が来てくれたことになります。




毎日参加してくれた小学生、

子供坐禅会で使ってくださいとお菓子などを差し入れしてくださった方、

坐禅会終了後に本堂の掃除などを手伝ってくれた小学生達、

坐禅会終了後に使った湯呑を参加するたびに洗ってくれた方、

参加者に配布する仏教豆知識シールの作成のためにイラストを描き続けてくれた方、

などなど・・・




書き出したらきりがありませんが、本当に多くの方に支えられての子供坐禅会でした。




異なる小学校に通う参加者たちが



「また夏休みね~!」



と挨拶をして別れていく姿を見て、夏休みの開催までにしっかりと準備を進めようと心に誓いました。




・・・妻があきれるほど直前にならないと準備を始めない性格を少しでも改善できるよう努力をしていきたいと思います!




次回の予定は小学校の夏休みの日程を確認次第決定しお知らせしていきます!


500子供坐禅会1704062


涅槃【死】を語るなら、誕生から!

東光寺(静岡市清水区横砂)では3月20日から春休み子供坐禅会を開催します。
※詳しくは ブログ または 東光寺ホームページ をご覧ください。



500子供坐禅会 チラシ 平成29年春休み






子供坐禅会では、坐禅の後に仏教の話しをさせていただいています。




最近はテーマを決めて話しをしています。これまでは



平成28年

冬休み 八正道【はっしょうどう】

夏休み 仏教聖典

春休み 禅と食事






平成27年

冬休み 法事

夏休み 仏教聖典

春休み 布施【ふせ】






平成26年

冬休み 仏前結婚式

夏休み 坐禅和讃

春休み お葬式






をテーマに取り組んできました。





今回の春休みはお釈迦様が亡くなれた際の様子を描いた「涅槃図」をテーマにすると決めています。


500こまめ 涅槃シリーズ 涅槃図 



そして、先日「涅槃図」をテーマにすることを知った和尚様に「絵解き」(涅槃図を用いて話しをする)のDVDを貸していただきました。





 さっそく拝見させていただいた所、目からウロコが雪崩のように落ちていきました。





なかでも衝撃だったのが、お釈迦様が亡くなれた場面を描いた涅槃図を前に、お釈迦様誕生の話しを始めたところでした。





私は



「涅槃図の話しをする」ことは「亡くなる際の話しをする」




と思い込んでいました。しかし、涅槃図を説き続ける方は「誕生」を紹介し、その際の出来事が「涅槃図」につながっていることを見事に表現されていました。





仏教ではどんな出来事(結果)にも「原因」があると説きます。




そして、その例として非常によく使われるのが




「死」という結果の原因は「誕生」である




といった表現ではないでしょうか。




涅槃図の絵解きDVDを拝見したときに、




「涅槃」の説明を「誕生」からすることが非常に分かりやすく奥が深いと感じました。





絵解きのDVDを拝見んし、涅槃図の奥深さや自分の不勉強を感じると同時に、涅槃図の話しは春休みの坐禅会(全16回)では足りないことに気が付きました。






・・・夏休みのテーマも涅槃図でほぼ決まりです!

保育園の親子坐禅体験  【平成28年度】



 先日、東光寺(静岡市清水区横砂)の境内ある袖師保育園の年長組園児たちが坐禅体験にやってきました。




 この日は保護者と一緒です!!





 500坐禅体験0301
年に1回の親子坐禅体験です。






 大好きなお母さんが見てくれている、一緒に体験をしてくれるとあって、子供達は多少ソワソワしています。






 しかし、さすがに2年間毎月坐禅をしてきた園児達です。






「カチッ」と 坐禅開始の合図がなれば真剣に坐ります!!






 年中組のときから一生懸命坐禅に取り組む姿を思い出しながら、静かな本堂で一緒に座ることができてうれしかったです。






間もなく卒園をしていく園児達ですが、卒園と同時に坐禅も卒業することがないように願っています。

こまめ(実写版)が増えています。

500こまめ増殖中003


東光寺(静岡市清水区横砂)では地元の小学校の長期休暇に合わせて「子供坐禅会」を開催しています。




今年の春休みも実施が決定しています。

※春の子供坐禅会について、詳しくはこちらをご覧ください。





東光寺の子供坐禅会の特徴のひとつに、「こまめハンコ」があります。




東光寺未確認キャラクターとして活躍してくれている「こまめ」のハンコを、毎回配布される「仏教豆知識シール」とともに手帳に押すことができます。




参加してくれる子供達にも「こまめハンコ」は人気です。




そこで、今年の春の子供坐禅会に向けての準備の一環として「こまめハンコ」を増殖してみました。




個人的に好きな「こまめ」のデータを作成し、ハンコにしてもらいました。
左から




500こまめ増殖中004

・いいねこまめ

・お薬師さんこまめ

・お地蔵さんこまめ

・ダルマこまめ【既存】

・坐禅こまめ

・居眠りこまめ

・初代ダルマこまめ【既存:消しゴムハンコ】



です。





さっそく子供坐禅会常連の娘2人に見せると評判は上々です。




楽しそうに新しくなった「こまめハンコ」を押しています。




500こまめ増殖中001





子供坐禅会に参加した子供達が少しでも楽しんで帰宅する要素になってくれればありがたいと思っています。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる