グラグラ指数と坐禅の経験

東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児は年中組以上になると毎月坐禅体験にやってきます。




今月もやってきてくれました。



500坐禅の経験とグラグラ指数5



今月は立派に坐ることができました。



決められた時間内、多くの園児がほとんど動くことなく静かに坐ることができました。





もちろん、年中組になって初めて坐禅を体験したときはグラグラと動いてしまいます。



しかし、経験を重ねるごとにグラグラと動くことはなくなり、しっかりと坐ることができるようになってきます。これをグラフにすると、





500坐禅の経験とグラグラ指数




このような関係になると思います。




縦軸が「グラグラ指数」(私の造語)、横軸が坐禅の経験です。




経験を重ねれば重ねる程、身体も呼吸も心もグラグラしなくなるのです。




しかし、このグラフの横軸に注意が必要です。




このグラフの横軸はとても多くの経験を表しています。回数に例えるなら何万回といった数になります。





先ほど、「今月は立派に坐ることができました。」と表現しました。




今月は・・・なのです。




実は先月はかなりグラグラと動いてしまう園児が多かったのです。




それは、坐禅体験は通常ですと月初めに行うのですが、8月はお寺の都合で月末に行われたためなのです。




7月は月初め、8月は月末・・・



かなり間隔が広がってしまったため、それまでに覚えたことを少し忘れてしまったようです・・・




それとは反対に8月は月末、9月は月初めですから、今月は間隔が短いためしっかりと坐ることができたのです。




このことを、横軸を短い期間で書いたグラフにすると




500坐禅の経験とグラグラ指数3




このようになるのではないでしょうか。




そこで、1年という期間でグラフにすると





500坐禅の経験とグラグラ指数2




このようなデコボコの形になり、




数年単位でグラフにすると




500坐禅の経験とグラグラ指数4




このような形になるのです。




さらに、横軸を長くすれば最初に示した、





500坐禅の経験とグラグラ指数




このような形になるのだと思います。




私が東光寺に戻ってきたときに指導した園児(当時は年長組のみ)は現在小学校の高学年になりました。当時毎回のようにグラグラとして怒られていた子は今でも子供坐禅会に参加してくれています。そして、彼は今では注意させることが減り毎回立派に坐ることができています。





長い間続ければ続けること、間隔を空けずに続けることが、身体や呼吸そして心をグラグラとさせないコツなのかもしれません。

新たな仲間と布施の心

500坐禅手帳用ハンコ2




東光寺(静岡市清水区横砂)で行われた夏休み子供坐禅会では参加してくれた方に東光寺特製の「坐禅手帳」を配布しています。




坐禅手帳には

・お経

・坐禅の説明

・お寺についての説明



が書いてあります。しかし、手帳の大半はなんと「白紙」のページが占めています。




この白紙のページには参加してくれた方々が毎日配られる「仏教豆知識シール」を貼り、日付のハンコを押します。そして、好きな「こまめハンコ」を押すのです。




夏の子供坐禅会が終了し、最近は秋の涼しさを感じるようになってきました。




500坐禅手帳用ハンコ1




秋を感じるようになった頃、新しいハンコが届きました。




さっそく押してみました。




500坐禅手帳用ハンコ3




楽しい・・・




500坐禅手帳用ハンコ4




これまでのハンコと合わせると全部で15種類となりました。




ハンコになっている東光寺未確認キャラクターの「こまめ」は妻が豆知識シール用に書いたものですが、どのこまめをハンコにするか決定できるのは選ばれた子供坐禅会参加者です。




全部で20ページある白紙のページを全て使い終わった方、つまり坐禅手帳を1冊使い終わった方に好きなこまめを選んでもらっています。




以前は、1冊坐禅手帳を使い終わるとご褒美にお菓子をあげたり、仏教聖典をあげていたこともあります。




しかし、最近は好きな「こまめ」を選ぶことがご褒美になっています。




これまででしたら「お菓子」や「仏教聖典」など何かしたご褒美を自分が受け取ることができていましたが、今は何も受け取れません。ハンコが完成しても、そのハンコをもらうことも優先的に使うこともできません。
ただ選ぶだけです・・・




選んでも自分専用としては使えない・・・




誰かが、使うかもしれないもの選ぶ・・・






ハンコを選ぶことで「誰かのために選ぶ」心を持ってもらいたい、そして、このような体験を通して「自分のためではなく、誰かのために」何かをすること、何かができることを感じていただければありがたく感じます。

夏休み 子供坐禅会 開催報告 【平成29年】

7月31日から始まった東光寺(静岡市清水区横砂)夏休み子供坐禅会も、多くの方のご協力によって全23日間の日程を全て終了しました。




500寺子屋体験 3日目001




23日間の開催で参加人数は




一番少ない日は14人から、一番多い日の38人まで、



合計 510人の方に参加していただきました。




500ippo.jpg



夏休み前に出演させていただいたラジオを聞いて参加してくださった家族もあり、平均すると、毎日22人の方が来てくれたことになります。




歩いたり、走ったりして開始直前に本堂にやってきて汗を流しながら頑張った小学生達、

親子で来てくれる方、

親だけが連日参加してくれた方、

毎日参加してくれた小学生、

おじいちゃんと娘、そしてお孫さんの3世代で連日参加してくださった方、

子供坐禅会で使ってくださいとお菓子などを差し入れしてくださった方、

坐禅会終了後に本堂の掃除などを手伝ってくれた小学生達、

坐禅会終了後に使った湯呑を参加するたびに洗ってくれた方、

参加者に配布する仏教豆知識シールの作成のためにイラストを描き続けてくれた方、




などなど・・・




書き出したらきりがありませんが、本当に多くの方に支えられての子供坐禅会でした。





「次は冬休みですね~!」



と挨拶をして別れていく姿を見て、冬休みの開催までにしっかりと準備を進めようと心に誓いました。




次回の予定は小学校の冬休みの日程、そして東光寺の予定を確認し決定してお知らせしていきます!

せっかくの休みですので「安楽の法門」はいかがですか。

世間一般では「お盆休み」という制度があるようです。



お盆の時期になると新幹線の乗車率や高速道路の渋滞情報がニュースになります。



人込みや渋滞が苦手な私にとって、このようなニュースを見ていると、せっかくのお休みなのに余計に疲れてしまって大変だなぁと感じます。



お寺で生活をさせていただいていると、お盆が休みという概念はまったくありません。



と、いうよりもいつも以上の忙しさですので、学生時代など一人暮らしをしていたときはお盆にお寺に戻るのが辛いと感じることもありました・・・



しかし、最近になって東光寺(静岡市清水区横砂)にはお盆でも心身ともに休める時間があることに気がつきました。




それが、子供坐禅会です。




500坐禅会イメージ図




今年の夏は7月31日から8月23日まで毎朝7時30分から8時20分まで実施しており、お盆の間も開催しています。


※子供坐禅会【平成29年】について詳しくはこちらをご覧ください。




坐禅をすると身体は痛いし疲れるじゃん!!



そう考える人も多いと思います。



私もそう考えていました。




しかし、坐禅を表現する言葉に「安楽の法門【 あんらく の ほうもん 】」という言葉あります。






安楽とは「心身の苦痛や生活の苦労がなく、楽々としていること。」であり、


法門とは「仏の教への道」です。



つまり、「安楽の法門」と表現される坐禅とは「心も体も楽にしてくれる仏様の教えの実感方法」と言えるのです。






もちろん修行道場などでは厳しい指導の下坐禅をしますが、東光寺の子供坐禅会は決して無理をさせることをはしません。



基本的な動作などは指導しますが、そこに強制や強要もありません。




ただ、姿勢を正すこと そして呼吸を調えることに一生懸命取り組むことができる場所が子供坐禅会です。




名前に「子供」と入っていますが、子供も大人も関係なく誰でも参加することができますので、ぜひ一度「安楽の法門を」実体験していただければと願っています。


坐禅手帳の目次を作って感じたこと

500坐禅手帳 目次


東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗妙心寺派のお寺です。



臨済宗は「禅宗」とも言われ、禅の教えを大切にしています。



禅は体験の宗教とも言われ、実践が求められます。



そこで、少しでも多くの方に禅(坐禅)を体験していただきたいと考え、通常の坐禅会だけでなく子供坐禅会を開催しています。
※子供坐禅会について詳しくはこちらをご覧ください。



子供坐禅会に3回出席した方には東光寺特製の「坐禅手帳」を差し上げています。



全40ページからなる坐禅手帳ですが、このたび大きさを変更することにしました。



そこで原稿を見直し、文字の間違いなど確認をしました。さらに、これまでの坐禅手帳には目次がなかったため、新たに作成することにしました。



改めて原稿を確認し目次を作成すると、白紙のページの多さを実感することができました。




全40ページのうち

般若心経や白隠禅師坐禅和讃などお経に8ページ

坐禅の説明や、お寺の説明、表紙や裏表紙に10ページ


使用していますが、残りは全て白紙です。




この白紙には子供坐禅会に参加した際に配布される東光寺特製「仏教豆知識シール」や、1日をお寺で過ごす寺子屋体験(詳しくはこちら)で配布されるプリントなどを貼ってもらいます。



自らが体験し、その内容を坐禅手帳に残すことができるのです。




夏休みの子供坐禅会に毎日参加すると、この手帳を完成(白紙を使い切る)することができます。




夏休みの終わりに



「手帳終わった!!」



との声がたくさん聞こえてくることを期待しています!
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる