FC2ブログ

保育園児の坐禅体験 【平成30年10月】

東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児達は坐禅体験にきてくれました。


500坐禅体験1810



彼らは年中組から毎月1回東光寺の本堂にやってきます。


ですから、年中組は7回目の坐禅体験。年長組は19回目の坐禅体験です。



坐禅体験は、坐禅やお参り、茶礼(されい:行儀よくお茶を飲む)を行います。





せっかくお寺に来てくれるので、少しでもお寺のことを知ってもらいたいと思っています。


そこで毎回、仏教豆知識シールを特製の坐禅手帳に貼ってもらっています。


10月は達磨忌の法要もありましたので達磨忌のシールを貼りました。


園児がシールを貼ったページに私がハンコを押して返します。





500坐禅体験18102


今月は 「だるま様と一緒に坐禅をする」 をテーマにハンコを押しました。





坐禅体験にやってきた園児には今回も3つのことを覚えてもらいました。今回は禅宗でとっても大切にしている達磨大師【だるまだいし】についてです。




1 昔、達磨大師【だるま様】が本当にいたこと。

2 だるま様が坐禅を教えてくれた

3 坐禅はみんなの心をキレイにしてくれる








「だるま様は何を教えてくれた?」

園児
「坐禅!!」


「坐禅ってなぁに??」

園児
「心をキレイにすること!」

坐禅体験終了後 大きな声が本堂に響きました。

子供坐禅会 今年の夏も新しいハンコを作ることができました 【平成30年夏】


東光寺(静岡市清水区横砂)では地元の小学校の長期休暇(夏休み・冬休み・春休み)に合わせて子供坐禅会を実施しています。
今年の夏も開催させていただきました。
※開催報告はこちらをご覧ください。


8月中に坐禅会は終え片付けもしてあったのですが、先日になってようやく夏の子供坐禅会について作業を終えることができました。




それが、これです!



500東光寺オリジナルスタンプ1809153



東光寺の子供坐禅会で使われている特製ハンコの新作が完成したのです。




このハンコは坐禅会参加者に配布している「坐禅手帳」に押すためのハンコです。



500東光寺オリジナルスタンプ1809152



これまでは、28個のハンコがありました。ここに新たな仲間が8個増えたのです。




500東光寺オリジナルスタンプ180915



坐禅手帳には白紙のページが20ページ以上あります。



この白紙は坐禅会に1回参加した方が、



1つのページに「仏教豆知識シール」を貼り、好きなハンコを押すためのページです。



つまり、20数回参加すると坐禅手帳が終わるのです。



この坐禅手帳が終わった記念にプレゼントされるのが、このハンコなのです。



プレゼントといっても、完成品を持ち帰るわけではありません。



好きな図柄を選ぶことができだけなのです・・・






以前は、1冊坐禅手帳を使い終わるとご褒美にお菓子をあげたりしていたこともあります。



それが、最近は好きな「こまめ」を選ぶことがご褒美になっています。



ハンコが完成しても、そのハンコをもらうことも優先的に使うこともできません。







ただ選ぶだけです・・・


それでは、ご褒美にならないかもしれません。


しかし、当の本人達(坐禅手帳が終わった参加者)は楽しそうに選んでいます。


私は、この楽しそうな表情は、


ハンコの案を選ぶ際に「誰かのために選ぶ」心が自然と働いているからこそ、見ることができる表情です。


そして、この心こそが


「自分のためではなく、誰かのために 何かをする」


という私達が持っている布施【ふせ】の心の表れに感じています。






今回完成した、これらのハンコは次回の子供坐禅会で参加者を迎えることになります。


たくさんの参加者が楽しそうにハンコを押す姿を想像すると今から次の子供坐禅会が楽しみになってきます。

保育園児の坐禅体験 【平成30年9月】

500保育園坐禅体験180913




東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児達は坐禅体験にやってきてくれました。


彼らは年中組になると毎月1回東光寺の本堂にやってきます。



ですから今月で年中組は6回目の坐禅体験。年長組は18回目の坐禅体験です。



坐禅体験は、坐禅やお参り、茶礼(されい:行儀よくお茶を飲む)を行います。







さらに、せっかくお寺に来てくれるので、少しでもお寺のことを知ってもらいたいと私は思っています。



そこで毎回、仏教豆知識シールを特製の坐禅手帳に貼ってもらっています。



今月はもうすぐ「彼岸【ひがん】」ですので、彼岸のシールを貼りました。



そして3つの言葉を覚えてもらいました。


彼岸

おはぎ

ご先祖様








クイズ形式にしたり、繰り返し声を合わせて言ってみたりした結果、坐禅に来たときには答えることができませんでしたが、帰るころには





「暑さ寒さも?」

園児
「ひがんまで!!」





「みんなに命をくれた人は誰ですか?」

園児
「ごせんぞさま!」





「お彼岸にご先祖様に、どーぞってお供えするあんこのお菓子の名前は?」

園児
「おはぎ!!」




と答えることができるようになっていました。



ずっととは言いません。春のお彼岸まで覚えてくれればうれしいです・・・

夏休み 子供坐禅会 開催報告 【平成30年】

500子供坐禅会180808


7月26日から始まった東光寺(静岡市清水区横砂)夏休み子供坐禅会は、多くの方のご協力によって全29日間の日程を全て終了しました。



29日間の開催で合計 740人以上の方に参加していただきました。



ちなみに一番少ない日は14人、一番多い日の50人でした。



ほぼ皆勤賞で参加してくれた地元の小学生や、祖父母の家に遊びに来ていて参加してくれた方、大阪から旅行で静岡に来ていて、調べたら朝坐禅ができると知って参加してくださった家族もあり、平均すると、毎日25人以上の方が来てくれたことになります。



走って開始直前(ちょっと遅刻)に本堂にやってきて汗を流しながら頑張った小学生達、

親子で来てくれる方、

毎日参加してくれた小学生、

おじいちゃんと娘、そしてお孫さんの3世代で連日参加してくださった方、

子供坐禅会で使ってくださいとお菓子などを差し入れしてくださった方、

坐禅会終了後に本堂の掃除などを手伝ってくれた小学生達、

坐禅会終了後に使った湯呑を参加するたびに洗ってくれた方、

参加者に配布する仏教豆知識シールの作成のためにイラストを描き続けてくれた方、



などなど・・・



書き出したらきりがありませんが、本当に多くの方に支えられての子供坐禅会でした。




「次は冬休みですね~!」



と挨拶をして別れていく姿を見て、冬休みの開催までにしっかりと準備を進めようと心に誓いました。



次回の予定は小学校の冬休みの日程、そして東光寺の予定を確認し決定してお知らせしていきます!

真人会 夏休み子供坐禅研修会 【2日目】


昨日の記事「真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目】」で、真人会(臨済宗妙心寺派 静岡東教区 第3部 若手青年僧の会)の「夏休み 子供坐禅研修会」が平成30年8月21日~22日、起雲寺様を会場に開催されたことを紹介させていただきました。

※記事(1日目の様子)はこちらです。




この記事では2日目の様子を紹介します。





2日目



6時起床 その後すぐに朝のお経です。

500真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目01

みんな大きな声でお経を唱えることができました。





その後、坐禅。

500真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目02

1日目に教わったことをしっかりと実践し、だんだんと姿勢も良くなってきました。







7時 朝食

500真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目03

禅寺の朝食(お粥)を行儀よくいただきました。







朝食後、朝の散歩

500真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目04


お寺の竹林を抜けて、




500真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目05

最後のお楽しみである川遊びの場所を下見です。






8時 写経体験 その後 自習

500真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目06


自習の時間は一生懸命夏休みの宿題にも取り組んでいました。






10時 坐禅

500真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目07

2日間最後の坐禅です。しっかりと坐ることができました。







坐禅終了後 掃除

500真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目08


500真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目09


お世話になった本堂などを掃除します。






11時 お楽しみの川遊び

500真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目10

仲良くなった24時間前に初めて出会った参加者とも仲良く遊ぶことができました。子供達の順応性の高さに毎年驚かされます。







昼食後、閉会式

500真人会 夏休み子供坐禅研修会 【1日目11

お世話になった起雲寺住職御夫妻に御礼を言って無事に全ての行事が終わりました。





別れ際に「また来年!」と仲良くなった参加者や僧侶と挨拶をする子供もいました。

多くの方に支えられて子供坐禅研修会が開催できていることに感謝しながら、私自身来年も多くの子供達と再会できることを願っています。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる