FC2ブログ

自由が過ぎると自分勝手になる 【イス坐禅】

今年も開催! 8月6日は毎年恒例 椅子坐禅



500イス坐禅190806




東光寺(静岡市清水区横砂)では地元の小学校の夏休みに合わせて約1ヶ月の間、毎日朝の7時30分から「子供坐禅会」を開催しています。



普段は座布団に足を組んで座る坐禅をしているのですが、 毎年8月6日は1年に1度だけ行われる特別な坐禅会になります。 それが 「イス坐禅」 です!

その名の通り、イスを使って坐禅をします。足を組むことなくイスに腰かけて坐禅をするのです。






なぜ、毎年8月6日なのかと言いますと・・・

毎年8月7日に東光寺では施餓鬼【せがき】の法要を行っています。

そのため、前々日の8月5日に檀信徒の方々にご協力いただき本堂の準備をします。

ですから8月6日は本堂内に椅子が並んだ状態になります・・・

せっかくなら、この椅子を活用しよう!! 

・・・と思いつき数年前から8月6日は椅子坐禅の日と勝手に決めて毎年開催をしています。






この、イス坐禅・・・


イスで座って坐禅をすると聞くと、


「足を組まなくていいから楽そうだな。」


と感じる方が多くいるのではないでしょうか。


私もそう思っていました。





しかし、毎年1回のイス坐禅をしてみると、


「実はイス坐禅にはイス坐禅の難しさがある!」


と感じるようになってきます。






それは、“足が自由になる”のが原因です。


普段の足を組む坐禅の場合、足を組んでしまえば動かすことができず不自由です。しかし、動かすことができないと言うことは、意識をしなくても良いということも意味しています。


坐禅をするときには、姿勢を正し、呼吸を調え、心を調えます。


足の形を調えることは姿勢を正すという分野に入ります。


イスに座ると足は自由になります。


自由になると足は動き出します。


子供達の足を見ているとよくわかります。


無意識のうちに フラフラ動いてしまうのです。


ですから、私も「足を動かさないで!」と注意をします。


足を組んでいれば意識をしなくても調っていた足の形を、意識して調えなくてはいけないのです。






本来、“自由”は素晴らしいものです。しかし、


自由をはき違えると自分勝手になる


という言葉が示すように、坐禅の最中に「足が自由になった」と誤解をして足を自由気ままに動かしてしまえば、姿勢を調えることができず、結果としてせっかくの坐禅が坐禅でなくなる危険もあります。






イスでの坐禅では足が自由になるからこそ、足を動かさない権利を使わなくてはいけないのです。



子供達の足が動いてしまう姿を見るたびに「実はイス坐禅にはイス坐禅の難しさがある!」と感じると同時に、与えられた“自由”を活用しながらイスでも姿勢を調えることができるようになって欲しいと願っています。

夏の子供坐禅会始まる

東光寺(静岡市清水区横砂)の子供坐禅会が始まりました。




今年(令和元年)夏の子供坐禅会は7月27日から8月25日まで毎日開催します。
※詳しくは東光寺ホームページをご覧ください。





いつもですと、「今年も多くの方が参加してくれるかな!?」と楽しみにしているのですが、今年は天気予報をみていると初日にやってくるのは参加者ではなく台風のようです・・・





中止も検討しましたが、様々なことを考慮し開催をすることにしました。


500子供坐禅会190727





開催初日になり、誰も来ないかもしれないと考えていましたが いつも参加してくいる方々が来てくださいましたし、台風の影響もなく無事に開催することができました。

これから約1ヶ月間は毎朝7時30分から子供坐禅会が続きますので、興味のある方は是非ご参加ください!!

夏休み子供坐禅会のテーマ【令和元年】

東光寺(静岡市清水区横砂)夏季子供坐禅会のテーマは般若心経【はんにゃしんぎょう】です。



そう、「もっとも深い悟りの境地の教え、心を集中安定する教え」と言われ、



「全600巻という膨大な量の「大般若経」から大切な部分だけを抜き出しまとめたもの」とも言われる、とっても有名な、あの般若心経です!!






500【般若心経】1般若心経とは

ぎゅーっと抽出したイメージ・・・



いよいよ、地元の小学生達の長期休暇に東光寺(静岡市清水横砂)で行っている子供坐禅会が始まります。今回(令和元年夏)は



期間 7/27(土)~8/25(日)
 ※土日も開催します
※8月7日のみお休みです


時間 毎朝7時30分~8時20分頃
で、開催いたします。

※詳しくこちらをご覧ください。




東光寺の子供坐禅会の特徴のひとつが仏教豆知識シールです。


坐禅会参加者に東光寺特製の名刺サイズの仏教豆知識シールを配布しております。


シールは毎回違うものを用意しています。





坐禅会を始めたころは、毎日のように


「明日はどんなシールにしようかな!?」


と悩んでいました。






作り始めるまでに時間のかかる方法になってしまっていました。


この方法ですと坐禅会の前の晩にシールが出来上がることが珍しくなく、下手をすると坐禅会当日の朝に完成することもありました・・・


「このままでは、いつかシールが完成せずに坐禅会が始まってしまうと!」


と危機感を覚え、それ以降は各長期休暇にテーマを決め、事前に毎日話す内容を決めてシールを作るようになりました。





これまでに

仏教の物語

涅槃図

仏前結婚式

白隠禅師坐禅和讃(お経)

御葬式

法事(様々な仏様)

お寺の食事






など、様々テーマで取り組むようになりました。



この方法にしてから、坐禅会の前日の夜や当日の朝まで慌てることはなくなったのでしばらくこの方法でやっていこうと考えています。


そして、今回のテーマは般若心経としました。






東光寺の子供坐禅会ではお経をお唱えします。


そのお経が「般若心経」と「白隠禅師坐禅和讃」です。


何度も坐禅会に参加してくれている子供達はどちらのお経も暗記しています。


せっかく覚えたお経ですから、内容も知ってもらいたいと考えていたとき、いつも坐禅会に参加してくれている小学生の男の子が


「次のシールは般若心経にして!」


と言ってくれたのです。






ものすごく難しいテーマではありますが、がんばって準備をしていきたいと思います。

保育園児の坐禅体験 【年長組】 第4回

500坐禅体験1907年超

東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児達は毎月お寺に坐禅をするためにやってきます。




年長組の園児は、今年度に入って4回目の坐禅体験です。
と言っても、彼らは年中組で1年間坐禅体験に通ったベテランさん達です。合計すると16回目の坐禅体験です。



本堂への入り方、坐禅の座り方、お参り、お寺でのお茶の飲み方など一通りのことは覚えています。
つまり、慣れてきた頃です。


慣れてくれば余分な緊張感はなくなりゆったりとした気持ちで坐禅ができるようになってきます。

しかし、慣れてくれば緊張感がなくなりすぎて少しダラダラとしてしまうのも事実です。




そのため、先月は

 みんなは“すんごくきれいな心”を貰って生まれてきたのに、そのことに気がつかなかったり忘れたりしてしまいます。もったいない!という“襟に縫い付けた宝石”の話しをしました。


※先月の様子はこちらをご覧ください。




今月も坐禅の後は、仏教聖典に出てくる話をしました。


ヘビの尻尾と頭が会話をする、ちょっと不思議な世界の話しですが、園児達は楽しそうに聞いてくれました。





ヘビの尻尾が自分の頭に「たまには私(尻尾)が前に出て進みたい」といったのですが、頭は当然認めません。

しかし、尻尾は前に出たいと言い続けます。結局お互いが「俺が前に出る!」と言ってケンカになってしまいました。

そして、頭が油断したときに尻尾が前に出て進むと、頭がそのことに気がついて抵抗したため、ヘビは火の穴に落ちて死んでしまった。





という話です。

この話しは“秩序を乱すものは共に滅ぶ・あるべきものはあるべき姿で!”と言うことを伝えてくれています。






そこで、最後に


「頭と尻尾だと、どっちが前に進んだ方がいい?」


と聞くと園児は


「頭!!」


と元気に答えます。そこで私は


「そうだね、その方が良いよね。頭が前にあれば眼は見えるし、鼻で匂いもわかるし、口があるから食事もできる!絶対に頭が前の方が良いよね!」


というと、園児達はまた


「そう!!」


と元気に答えてくれます。さらに


「じゃあ尻尾の言っていることは変だよね。 尻尾なのに前に出たいなんて! 尻尾には尻尾にしかできないことがあるから、前のことは頭に任せないとね!」


と言えば、園児は


「うん!!」


と返してくれます。そこで、


「頭も尻尾も自分が一生懸命やるべきことを、一生懸命やらなかったから火の中に落ちちゃったね。みんなも一生懸命やるべきことを、一生懸命やらなかったら、さっきの話しのヘビのように苦しんだり、悔しい気持ちになると思います。

先生が話をしているときは、しっかりと話しを聞く!!

発表会に向けて真面目に練習する必要があるときには、真面目に練習をする!

さっきのヘビのように苦しまなくても良いところで苦しまないためにも、自分にできることを一生懸命することが大切だ!とこの話しは教えてくれています!」




というと、園児達の

「はーい!」

と、大きな声で一生懸命返事をしてくれました。



良い返事にうれしくなります!!





年長組 第4回目の坐禅体験では


・今、自分にできることを一生懸命することが大切


ということを学んでいってくれればうれしいです。

保育園児の坐禅体験 【年中組】 第4回



東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児達は毎月お寺に坐禅をするためにやってきます。


今月も年中組の子供達がやってきました。





500坐禅体験 茶礼練習




彼らにとって4回目の坐禅体験です。




坐禅体験に来て、いきなり全てのことを説明しても覚えきれません。

1回目は 姿勢よく座布団に座る(正座)こと合掌礼拝を覚えました。

2回目は 坐禅の姿勢(足を組んで座る)と本堂内の歩き方・合掌礼拝をする場所を覚えました。

3回目は、「焼香」の練習をしました。


そして、4回目の今回は「茶礼【されい】のお茶のもらい方」を勉強しました。


坐禅体験では茶礼(行儀よくお茶を飲む)をします。

茶礼も覚えて欲しいことがたくさんありますが、まとめて伝えようとすると伝わりにくい部分もありますので、



・・・・今回はお茶の入れてもらい方を練習しました。





これまでの坐禅体験で


・両手で湯呑を持つこと

・姿勢を良くしてお茶を飲むこと



はお覚え実践をしてきました。今回は覚えることは



「お茶の入れてもらい方」



です。




お寺ならではの「お茶の入れてもらい方」があります。


お寺では無駄話や音をむやみに出すことを嫌います。


そこで、お茶を入れてもらうときにも声や音を出しません。


でも、欲しいお茶の量は人によって違います。


喉が渇いてたくさん飲みたい人もいれば、もう飲み物はいらない人もいます。


全員に同じ量を入れることもできません。


ですから、お茶を入れてもらうときに必要なお茶の量を相手に伝えなくてはいけません。


音も声も出さずに・・・・





実は、この方法は難しいものではありません。




1.お茶を入れてくれる人が来たら湯呑を両手で差し出す。

2.お茶が湯呑に注がれる。

3.手を少しだけ上に上げて合図をする。

4.お茶が止まる





という流れで行われています。

初めて挑戦すると失敗をしてたくさん入れられすぎたり、逆に思ったより少なかったりと失敗はありますが、このような習慣があることを体験してもらえればうれしいです。




年中組 第4回目の坐禅体験では


・手を上げると、注ぐ人が止まる


ということを、学んでいってくれればうれしいです。

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる