FC2ブログ

オンライン坐禅会を開催するための方法 【その9】

オンライン坐禅会を開催するための方法

【その9】 離れた場所に仲間がいると本当にありがたい





臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会に私も微力ながらお手伝いをさせていただいています。
※臨済宗青年僧の会のホームページ(オンライン坐禅会)について詳しくはこちらをご覧ください。


先日のブログの記事で、簡単にオンライン坐禅会とお寺の坐禅会を同時に開催したときの”見取り図”を紹介させていただきましたが、その方法にいたるまでに私が実際に試してみたことを備忘録として、紹介させていただきます。
※ 記事(お寺での坐禅会とオンライン坐禅会の融合)





これまでの記事で

『初めてのオンライン坐禅会で感じた「距離」』
『スマートフォンのWebカメラとして活用』
『スマートフォンのWebカメラとして活用 その2』
『新しい機械で、古い機械を有効活用する方法』
『USB接続のウェブカメラとビデオカメラの比較』
『そもそもなぜ映像のきれいさを求めるのか』
『オンライン坐禅会の照明について』
『なくても良いけど あった方が良いもの』


と題してオンライン坐禅会を開催した際のことを紹介しまいりました。
※題名をクリックすると各記事をご覧いただけます。





今回は「離れた場所に仲間がいると本当にありがたい」を紹介します。





これも前回の記事と同様、無くても問題はないけれど、あったら本当に心強くてありがたいものです。


それが、「仲間」です。


「何を青臭いことを言っているんだ!?」


と感じるかもしれませんが、オンラインで開催する以上「仲間」は必要であり、ポイントは”離れた場所にいる”ことなのです。




臨済宗青年僧の会のオンライン坐禅会は坐禅会を担当する直日【じきじつ】だけで開催しているわけではありません。


共同開催者として事務局員が入っています。





60000000オンライン坐禅会 zoom用ロゴ
余談ですが、こちらが私が事務局員としてオンライン坐禅会に参加するときにプロフィール写真です。




60000000オンライン坐禅会 zoom用ロゴ2
余談が続きますが・・・ こちらが私が直日や参加者としてオンライン坐禅会に参加するときのプロフィール写真です。






事務局員は様々なサポートをしていますが、ありがたいのはサポートだけではありません。




お寺で開催する坐禅会とオンラインで開催する坐禅会の大きな違いは会場の場所です。



お寺で坐禅会を開催する場合、僧侶がそこにいて参加者が集まってきます。


ですから、僧侶が不在になるということはほとんどありません。


ましてや参加者が会場(お寺の中)にいるけど僧侶が来ていないということはありません。




しかし、オンライン坐禅会では「僧侶不在」がありえるのです。


会場は誰もが簡単に行くことができるオンライン上です。


しかし、簡単に行ける場所ですが裏を返せば何かの拍子に簡単にいなくってしまう場所でもあるのです。


もちろん可能性が高いことではありません。


しかし、パソコンの調子が悪くなって会場から意図せず退出してしまうこともあります。


そして最も多い不具合がインターネットに思うように接続できないということです。


突然、インターネット回線に不具合が生じて僧侶が消えてしまうこともありました。





こんな時に、存分に力を発揮してくれるのが、共同開催者としての事務局員です。


事務局員と坐禅会を担当する直日は全く別の場所からオンライン坐禅会にアクセスしています。


もしも、同じ場所(お寺)から接続をしていて、その場所のインターネット回線に不具合が生じれば二人とも勝手に退出してしまい、会場には参加者だけと言うことが起こってしまいます。




臨済宗青年僧の会のオンライン坐禅会では過去に数回ですが直日が会場にたどり着けなかったり、急に消えてしまったりしたことがありましたが、事務局員がその場をつなぐなどして最後まで無事に開催することができました。



確率でいえば1%にも満たない出来事ですが、回線や機器の不具合はどうしても起こってしまうことです。



そんなとき離れた場所に仲間がいると本当にありがたいものです。

オンライン坐禅会を開催するための方法 【その8】

オンライン坐禅会を開催するための方法

【その8】 なくても良いけど あった方が良いもの





臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会に私も微力ながらお手伝いをさせていただいています。
※臨済宗青年僧の会のホームページ(オンライン坐禅会)について詳しくはこちらをご覧ください。


先日のブログの記事で、簡単にオンライン坐禅会とお寺の坐禅会を同時に開催したときの”見取り図”を紹介させていただきましたが、その方法にいたるまでに私が実際に試してみたことを備忘録として、紹介させていただきます。
※ 記事(お寺での坐禅会とオンライン坐禅会の融合)





これまでの記事で

『初めてのオンライン坐禅会で感じた「距離」』
『スマートフォンのWebカメラとして活用』
『スマートフォンのWebカメラとして活用 その2』
『新しい機械で、古い機械を有効活用する方法』
『USB接続のウェブカメラとビデオカメラの比較』
『そもそもなぜ映像のきれいさを求めるのか』
『オンライン坐禅会の照明について』

と題してオンライン坐禅会を開催した際の機器の配置などをを紹介しました。
※題名をクリックすると各記事をご覧いただけます。




今回は「無くても問題はないけれど、あったら便利なもの」を紹介します。



無くても問題はないけれど、あったら便利なもの。その一つ目は客観的に自分を見ることができる道具です。




その1つが、情報発信用のパソコンとは別の、受信するためのタブレット端末や携帯電話です。



私はAmazonが販売しているタブレット(fire)を使っていたので、これを受信用の端末として使用しています。


先日紹介してもらった新聞にも、このタブレット端末が映っています。



600オンライン坐禅会中日新聞202103213


※写真用に角度は変わっています!




なぜ、このような端末を使うようになったのか。




オンライン坐禅会を開催したときに


「映像がカクカクしてるよ!」


と指摘されたのがきっかけです。


指摘されたのはお経を唱えるときです。


坐禅が終了し、お経をお唱えする際にオンライン坐禅会ではお寺での坐禅会と異なり参加者に経本を配ることができません。そこで、お経を”画面共有”という機能を使って掲示します。


しかし、右手で木魚、左手で鳴らし物を叩いていると不器用な私では画面共有のための操作が難しくなります。


・・・手がもう1本あれば問題にはならないのですが、そうもいきません。


ですから、








このようにお経が流れる動画を作成して、私のパソコンで再生したものを参加者に見てもらえるようにしたのです。


私の使っているパソコン上では、私が考えた通りにお経が滑らかに流れていきました。


その画面を見ながら意気揚々とお経を唱えて気持ち良くなっているところに、冒頭の「映像がカクカクしてるよ!」という声が突き刺さったのです。


私が見えているパソコンの画面と、参加者が見ている画面に違いがあったのです。


そこで使ったのがタブレットです。


別のアカウントでオンライン坐禅会に参加することで、タブレット端末には参加者が見ているのと同じ映像を確認することができるようになったのです。


もちろん、各参加者の使っている端末やインターネット回線によって見えている映像に違いはありますが、どのような映像が参加者に届いているのかを確認することができるようになったので、資料の提示方法など改善点を自分で客観的に見つけることなどができるようになりました。



一参加者にもなることができるタブレット端末はオンライン坐禅会を開催するさいに無くても問題はありませんが、自分の姿を正しく見ることができない未熟な私にはあった方が良いものであることは間違いありません。

オンライン坐禅会を開催するための方法 【その7】


オンライン坐禅会を開催するための方法

【その7】 オンライン坐禅会の照明について





臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会に私も微力ながらお手伝いをさせていただいています。
※臨済宗青年僧の会のホームページ(オンライン坐禅会)について詳しくはこちらをご覧ください。


先日のブログの記事で、簡単にオンライン坐禅会とお寺の坐禅会を同時に開催したときの”見取り図”を紹介させていただきましたが、その方法にいたるまでに私が実際に試してみたことを備忘録として、紹介させていただきます。
※ 記事(お寺での坐禅会とオンライン坐禅会の融合)





これまでの記事で

『初めてのオンライン坐禅会で感じた「距離」』
『スマートフォンのWebカメラとして活用』
『スマートフォンのWebカメラとして活用 その2』
『新しい機械で、古い機械を有効活用する方法』
『USB接続のウェブカメラとビデオカメラの比較』
『そもそもなぜ映像のきれいさを求めるのか』


と題してオンライン坐禅会を開催した際の機器の配置を紹介しました。
※題名をクリックすると各記事をご覧いただけます。





今回は照明の話です。


オンライン坐禅会を開催し始めたときに感じたことは、「本堂が暗い」ということです。


これまで本堂が「暗い」と感じたことはありませんでした。


むしろ照明を調節して暗めにすることで心静かに坐禅をしたり法要を行うことがあったほどです。


しかし、カメラで撮影するとなると話は違います。


ある程度の光量がないと薄暗くなってしまいます。


臨済宗青年僧の会のオンライン坐禅会は朝6時か夜9時の開催です。(子供坐禅会は朝7時30分)


ですから、照明は必ず必要になってきます。


そこで、私は



600オンライン坐禅会照明装置




こういった照明を準備し使用しています。




今回の紹介した機器でオンライン坐禅会についてまとめ


良い点

・蛍光灯よりもはるかに明るいため、映像はきれいになる

・ライトは軽量だが、十分な光量がある

・蛍光灯と併用することで、フリッカー現象とも呼ばれる画面のちらつきが発生する確率が減る




欠点

・設置する場所によってはカメラを見ながら話そうとしたときにライトが目に入ってしまって見づらくなる。






【まとめ】
照明装置はあって困ることはないが、設置場所に工夫が必要である。

オンライン坐禅会を開催するための方法 【その6】

オンライン坐禅会を開催するための方法

【その6】 そもそもなぜ映像のきれいさを求めるのか





臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会に私も微力ながらお手伝いをさせていただいています。
※臨済宗青年僧の会のホームページ(オンライン坐禅会)について詳しくはこちらをご覧ください。


先日のブログの記事で、簡単にオンライン坐禅会とお寺の坐禅会を同時に開催したときの”見取り図”を紹介させていただきましたが、その方法にいたるまでに私が実際に試してみたことを備忘録として、紹介させていただきます。
※ 記事(お寺での坐禅会とオンライン坐禅会の融合)





これまでの記事で

『初めてのオンライン坐禅会で感じた「距離」』

『スマートフォンのWebカメラとして活用』

『スマートフォンのWebカメラとして活用 その2』

『新しい機械で、古い機械を有効活用する方法』

『USB接続のウェブカメラとビデオカメラの比較』



と題してオンライン坐禅会を開催した際の機器の配置を紹介しました。
※題名をクリックすると各記事をご覧いただけます。




これまで、オンライン坐禅会を開催するにあたって


「操作性と映像のきれいさ」をどうしたら良くすることができるのかを考えてきました。




600オンライン坐禅会20210330





今回は、そもそもなぜ映像のきれいさを求めるのかを紹介させていただきます。


初めてオンライン坐禅会を開催したときに相手の様子を見ていたら


カメラなどの種類によって、こちらに届く映像に大きな違いがあることに気が付きました。


また、映像がきれいだとスーッと映像が頭の中に入ってきますが、画像が荒かったり汚かったりすると、映像を見ることに力を使ってしまい、映像そのものに集中して見ることができないことに気が付きます。





さらに、オンライン坐禅会に出席された方から



「今朝、初めて子ども坐禅会に参加をしたところ、手前の方にしっかりとした坐相のお嬢さんの姿が目に入り、とても驚きました。
自分もあんな風に座りたいものだと思っているうちに、あっという間に15分が過ぎてしまいました。


二回目の坐禅では警策をもって大勢のお子さんたちの間を歩かれていて、まるで自分がその場にいるような臨場感を持って坐禅に臨むことができました。」




との感想をいただいたことで、きれいな映像をお届けすることで


もっと「その場にいるような臨場感を持って坐禅に臨むことができる」と感じたからです。




まだまだ、誰もが臨場感を感じるような映像には遠く及びませんが、これからも少しでも良い映像をお届けできるように精進していきたいと思います。


その為にも、ぜひ映像などについて感じたことがありましたら、教えていただければ幸いです。

オンライン坐禅会を開催するための方法 【その5】

オンライン坐禅会を開催するための方法

【その5】 USB接続のウェブカメラとビデオカメラの比較





臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会に私も微力ながらお手伝いをさせていただいています。
※臨済宗青年僧の会のホームページ(オンライン坐禅会)について詳しくはこちらをご覧ください。


先日のブログの記事で、簡単にオンライン坐禅会とお寺の坐禅会を同時に開催したときの”見取り図”を紹介させていただきましたが、その方法にいたるまでに私が実際に試してみたことを備忘録として、紹介させていただきます。
※ 記事(お寺での坐禅会とオンライン坐禅会の融合)





これまでの記事で

『初めてのオンライン坐禅会で感じた「距離」』

『スマートフォンのWebカメラとして活用』

『スマートフォンのWebカメラとして活用 その2』

『新しい機械で、古い機械を有効活用する方法』


と題してオンライン坐禅会を開催した際の機器の配置を紹介しました。
※題名をクリックすると各記事をご覧いただけます。




前回の記事で10年前のビデオカメラにキャプチャーボードを接続して映像を取り込んだ様子を紹介させていただきました。


オンライン坐禅会を開催しようと考えたとき、2つのことに留意する必要があります。


1つはスマートフォンやタブレット端末ではなくパソコンで操作した方が良いということ。


もう1つが全身を映す必要があるということです。


坐禅をする姿を見せるために全身を映すのですが、そうなるとカメラと距離を取らなくてはいけません。


このときノートパソコンに内蔵されているカメラよりも、外付けのカメラを使った方がきれいな映像を提供することができます。


そこで、前回はビデオカメラを使う方法を紹介しました。



今回は、その際に比較したwebカメラ(ウェブカメラ)を使用したときの様子を紹介します。


600ウェブカメラ



※実際に私が使用したwebカメラ(ウェブカメラ)は大手通販サイトで購入したVitade 960Aというものです。




これを


600オンライン坐禅会 会場図 WEBカメラ



このように接続しました。




このカメラを選んだのは画質の良さと“オートフォーカス”(自動でピントを合わせる機能)が付いているからです。


実際に、このカメラを使ってオンライン坐禅会を開催してみて感じたことは





Webカメラの方が良かった点

・機器が軽く少ない

・手軽に始められる。ビデオカメラを使う場合にはビデオカメラとキャプチャーボードが必要だがWebカメラはカメラさえ入手すればよい

・パソコンにさえつなげば電源がいらない。



ビデオカメラの方が良かった点

・映像がきれい

・ズームだけでなくカメラの細かな設定が自分でできる

・操作性も良い




となります。映像という面ではビデオカメラに軍配が上がりますが、機器の準備など面ではWebカメラに軍配が上がります。




【まとめ】


「ビデオカメラとキャプチャーボード」と「Webカメラ」どっちが良いのか?


個人的な感想ですが・・・

映像の質を求めるならビデオカメラとキャプチャーボード、映像にそこまでこだわらず準備や片付けの手軽さを求めるならWebカメラ


と、感じました。



もちろん、これからビデオカメラもWebカメラもどんどん性能が向上していくと思います。
上記の感想はあくまでも、この記事を書いている今現在のものでございます・・・・

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる