FC2ブログ

寺嫁まめこのひとこと通信 VOL.26 【悟りへの道が絵でわかる!】

今年の干支は「牛」です。禅宗の和尚様方の新年の挨拶を聞いていますと「丑・牛」にちなんで十牛図【じゅうぎゅうず】の話しをされる方が多くいらっしゃいます。せっかくの12年に1度の丑年ですから親しみやすい絵と分かりやすく悟りを説明してくれている十牛図に触れてみるのもの良いかもしれません。









 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために不定期で檀信徒の皆様に発行している「お便り」である、寺嫁まめこのひとこと通信 がいろいろあって、改装されました。




今回の題名は



~悟りへの道が絵でわかる!牛探しの旅へでかけよう♪~




です。


60寺嫁まめこ 26

※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。
※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。





 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、


東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話




など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに寺嫁まめこのひとこと通信があります。 




発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われるのが、この「寺嫁まめこのひとこと通信」です。


※過去の「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。

※新しくなってからの「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。


御興味のある方はぜひ御一読ください。

寺嫁まめこのひとこと通信 VOL.25 【煩悩は脳のせい?】


12月と言えば除夜の鐘。除夜の鐘は108つの煩悩を打ち消すと言われていますが・・・他に方法はないのでしょうか!?









 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために不定期で檀信徒の皆様に発行している「お便り」である、寺嫁まめこのひとこと通信 がいろいろあって、改装されました。




今回の題名は



~煩悩に振り回されない生き方を手に入れたい!~




です。


600寺嫁まめこのひとこと通信25号


※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。
※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。





 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、


東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話




など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに寺嫁まめこのひとこと通信があります。 




発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われるのが、この「寺嫁まめこのひとこと通信」です。


※過去の「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。

※新しくなってからの「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。


御興味のある方はぜひ御一読ください。

寺嫁まめこのひとこと通信 VOL.24 【煩悩は脳のせい?】

「読書の秋」と言うわけでしょうか!? 食欲の秋も好きですが・・・ 読書を忘れてはいけません!




 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために不定期で檀信徒の皆様に発行している「お便り」である、寺嫁まめこのひとこと通信 がいろいろあって、改装されました。




今回の題名は



~煩悩は脳のせい?~




です。


今回はこれまでの“ひとこと通信”とは趣向が違っています。皆様に科学と仏教の共通点が届くことを祈っています。


1280寺嫁まめこのひとこと通信24号

※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。

※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。





 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、


東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話




など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに寺嫁まめこのひとこと通信があります。 




発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われるのが、この「寺嫁まめこのひとこと通信」です。


※過去の「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。

※新しくなってからの「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。


御興味のある方はぜひ御一読ください。

寺嫁まめこのひとこと通信 VOL.23 【子どものうちに身につけておきたい「坐る力」】

お彼岸も過ぎて涼しい日々が続いています。1ヶ月前にはこんなに涼しくなるなんて予想していなかったので、少し驚いています。








 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために不定期で檀信徒の皆様に発行している「お便り」である、寺嫁まめこのひとこと通信 がいろいろあって、改装されました。




今回の題名は



~子どものうちに身につけておきたい「坐る力」~




です。


4月末から始まった臨済宗青年僧の会が主催しているオンライン坐禅会には子供向けの坐禅会と一般向けの坐禅会があります。
その中の子供向けの坐禅会を詳しく紹介してくれています。


640寺嫁まめこのひとこと通信23号


※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。
※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。





 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、


東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話




など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに寺嫁まめこのひとこと通信があります。 




発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われるのが、この「寺嫁まめこのひとこと通信」です。


※過去の「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。

※新しくなってからの「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。


御興味のある方はぜひ御一読ください。

寺嫁まめこのひとこと通信 VOL.22 【おはぎ お彼岸 おばあちゃん】


まだまだ暑い日々が続いていますが、朝晩は少しだけ秋の気配を感じるようになってきました。私は秋が近づくとお彼岸を意識するようになってきます。今回は「ひとこと通信」は秋のお話しです。









 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために不定期で檀信徒の皆様に発行している「お便り」である、寺嫁まめこのひとこと通信 がいろいろあって、改装されました。




今回の題名は



~おはぎ お彼岸 おばあちゃん~




です。


「おはぎ 心のさけび」は少し前にインターネット上で話題になった「ポテトサラダ騒動」思い出して、風刺が効いているように感じました。




1280寺嫁まめこひとことつうしん22



※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。
※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。





 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、


東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話




など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに寺嫁まめこのひとこと通信があります。 




発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われるのが、この「寺嫁まめこのひとこと通信」です。


※過去の「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。

※新しくなってからの「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。


御興味のある方はぜひ御一読ください。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる