FC2ブログ

「臨済会報」に原稿を掲載していただきました


大変有難い御縁をいただき、東光寺(静岡市清水区横砂)で行っている寺子屋体験と子供坐禅会について
臨済会が発行する臨済会報(令和2年3月1日発行 第279号)に掲載していただきました。



600臨済会報279

※東光寺の子供坐禅についてはこちらをご覧ください。
※東光寺の寺子屋体験についてはこちらをご覧ください。


臨済会とは、東京上野にある宋雲院さんを拠点とした、東京都内の臨済宗寺院、約100ヶ寺より構成されている任意団体です。
その臨済会が発行しているのが臨済会報です。



今回の掲載に当たって、寺子屋体験や子供坐禅会が始まった経緯や私自身の考えも書かせていただきました。




どこかで「臨済会報」と出会う御縁がありましたら、御一読いただければ幸いです。

写経と坐禅の体験を紹介していただきました【静岡第一テレビ】

600静岡第一テレビ202001294



先日「新しい御縁 【写経体験と坐禅体験】」と題してブログ紹介をさせていただいた東光寺(静岡市清水区横砂)での写経と坐禅の様子が静岡第一テレビのnews every.しずおか(令和2年1月29日午後6時15分~)で放送されました。
※先日の記事はこちらです。



600静岡第一テレビ202001291




600静岡第一テレビ202001292


「新しい旅の提案」を紹介しており、その中で写経と坐禅の体験の様子が映し出されていました。




600静岡第一テレビ202001293


自転車で静岡の観光地を周った後、そのままお寺にやってくる場面や





600静岡第一テレビ202001295

写経も





600静岡第一テレビ202001296

坐禅も映像で紹介してくださいました。



今回のこのようなありがたい御縁を無駄にしないためにも、今後も少しでも多くの方に写経や坐禅の存在を知っていただけるように努力をしながら、お寺の行事に参加してくだった方がまた来たくなるような行事にしていこうと考えています。

女性自身に東光寺の除夜の鐘が掲載されました。

なんと、東光寺(静岡市清水区横砂)が週刊誌に取り上げられています!!



500女性自身 東光寺除夜の鐘掲載 191217 表紙

しかも知名度のある“女性自身”にです!!!







決して悪いことをしたわけではありませんので御安心を・・・







500女性自身 東光寺除夜の鐘掲載 191217 1

実は全国の除夜の鐘の特集ページに掲載をしていただいているのです。


少し前に電話等で取材をしていただいたのですが、実際に掲載されたものを見ると感動します。




500女性自身 東光寺除夜の鐘掲載 191217 2

特集されている他の寺院の規模の大きさや知名度に少し戸惑いましたが東光寺の紹介文に“アットホーム”という言葉が入っていいて、ホッとします。








竹灯り(竹ろうそく)について

竹灯り竹ろうそくは東光寺の観音山で増えすぎてしまった竹を活用しようと始めた活動です。切った竹に灯りを入れて境内を照らし、除夜の鐘を撞きに来られる方を迎えています。
最近では、竹ろうそくを楽しみにしてくださる方も増えてきています。
仏教では一般的に、灯明は迷いをうち破る智慧にたとえられます。
お寺の境内に広がる幻想的な景色を楽しみながら1年間を振り返り、迷いや打ち破る決意を心に抱き新年をお迎えください。
 


点灯時間
12月31日午後5時~1月1日午前1時【予定】
 


拝観について
点灯時間内(午後5時~午前1時)まででしたら、どなたでも自由にご覧になっていただけます。山門よりお入りください。



※除夜の鐘について詳しくはこちらをご覧ください。

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる