FC2ブログ

絵葉書法話 40 【涅槃】

1024写経会 絵葉書 40 涅槃


煩悩(ぼんのう)の火が吹き消された状態の安らぎの境地

   
あれもしたい、これもしたいと欲張ると、この上ない苦しみを味わうことになる。
だからこそ、欲張る気持ちを捨てなくてはならない。
私達には それができる 











涅槃【ねはん】




一般的にも良く使われる言葉に涅槃【ねはん】という言葉があります。


涅槃と聞くと 「死」や「お釈迦様の死」を連想される方が多いと思います。


私も以前はそのように思っていました。





しかし涅槃は


煩悩(ぼんのう)の火が吹き消された状態の安らぎの境地




を意味する言葉です。





真っ暗な部屋に一本だけあるロウソクを吹き消すと当然部屋は真っ暗になります。

部屋が真っ暗になれば怖いものです。


そう考えると涅槃はやはり、死という暗闇を表す言葉なのでしょうか。


もちろん、涅槃は決して恐怖や暗闇を表す言葉ではありません。





以前、子育て中の女性に

「この子は部屋を暗くすると怖いと言って寝れないくせに、こないだの誕生日の時にはロウソクの火を大喜びで吹き消して部屋を暗くしちゃったんですよ!」

と話してくれました。




なぜ、怖くないのか子供に聞くと、“ロウソクを消した後、誰かが電気をつけ、みんなが笑顔で迎えてくれるから”といった意味の言葉を返してくれました。

火を消した後、幸せで安らぎの世界があることを知っているからこそロウソクを消すことができるのです。



しかし、私達はいつのまに火を消した先の暗闇にしか目が行かなくなっているのではないでしょうか。そのために、欲望の火を消すことに 言い知れぬ怖さを感じてしまっているのです。



煩悩という火を消してもそこに広がるのは暗闇ではありません。


子供がロウソクの火を消した先に母親の笑顔があったように煩悩を消すことで、自分自身を支えてくれている周囲の存在を実感しすることができます





法句経の203に



飢えは上なきの病(やまい)

この身には

最上のくるしみあり

このことわりを

あるがままに知らば

そこに

こよなきたのしみ

涅槃あるべし







と、あります。



私はこの句が、煩悩を消し去ることができず、飢えた状態になれば大きな苦しみに襲われます。
しかし、子供が喜んでロウソクを吹き消したように私達も煩悩の火を恐れることなく消すことができることを説いてくれているように感じます。


絵葉書法話 41 【今を生きる】


1204写経会 絵葉書 41 今

今を生きることが 過去と未来を 大切にすること

   
過去があるから「今」があり、「今」があるから未来がある。
過去にしばられれば前には進めない。未来ばかりを見ていれば足元がおろそかになる。
そう考えると、今を精一杯生きることが 過去と未来を 大切にすることだと思えてくる。



禅宗のお寺に松が植えられていることが多くあります。



季節によって変化することがない松の緑は、どんな時でも変化することがない「私達が生まれたときか頂いている尊い心」を表現していると言われています。




私はこの言葉を聞いたときに特に疑問を感じることはありませんでした。


ただ、「あ~変化をしていないのね・・・」



とだけ考えていました。





しかしその後、松の木の下に入り掃除をしようとすると地面に大量の松の落ち葉が散らばっていることに気がつきました。


中には落ちていく葉もあれば、新しい葉も出てくる。


全体は緑ですが、葉は絶えず生まれ変わり死に変わっていたのです。



下を見れば落ち葉があり、上を見上げれば緑に輝く松の木がある。


この光景を目の当たりにしたとき「今」には過去も未来も含まれているように感じました。


過去があるから今があり、今があるから未来がある。


松の下には、死にゆく落ち葉という過去があります。


そして、松はこれからも生き続ける未来もある。


だからといって松は落ち葉にこだわることなく、そして未来にこだわるわけでもない。


ただ、そこで緑を輝かせて立っているのです。



「過去をおろそかにしてはいけない。過去から学ばなくてはいけない。」


と言う人もいます。


「未来を生きる子供を大切にしなさい。」


という人もいます。では、どうすれば良いのでしょうか。


そのことを「松」は自分の姿を通して



今を生きることが 過去と未来を 大切にすること



と説いてくれている気がします。



お寺などで松を見かけたとき、今を生ききる努力をしなくてはいけないこと、そして松の緑のように私達には変化することのない尊い心があることを思い出していただければ幸いです。


絵葉書法話 42 【諸仏の世に出づるもありがたし】

1204写経会 絵葉書 42 ありがとう2


諸仏の世に出づるもありがたし

   
富士山の良く見える場所に住んでいるため、天気が良いときなど「今日は富士山が良く見えて気持ちいがいい!」と感じていましたが、飛行機から地元を見たとき富士山と自分が住んでいる場所に境がないことに気がつきました。
私は富士山に住んでいた!





ひとの生【しょう】を

うくるはかたく

やがて死すべきものの

いま生命【いのち】あるはありがだし



という法句経の182番目の句があります。





人が生まれてくることは大変難しいことであり、生まれてきたとしてもやがて死んでしまいます。

今、生きていること・生かされていることが大変ありがたいことだと説いてくださっている言葉です。





実は、この句には続きがあります。


正法【みのり】を 

耳にするはかたく 

諸仏【みほとけ】の 

世に出づるも 

ありがたし





と、あるのです。

前半の句では生まれるだけでも奇跡的な出来事である私達が今、この瞬間に命があることが 有り難いことであると説いていますが、後半では



正しい教えを聞くことは難しいことであり、諸仏に出会うことなどもっと難しい



と言っているのです。



しかし、この句は「難しい」ことを強調したい教えでは当然ありません。この句に出会っている時点で私達は



正しい教えを聞き、自分自身の中にある仏様(諸仏)に出会っているのです。



そのことに気がつきなさいと説いてくださっているのです。







始めこの句を私は




生まれる
↓(成長してから)
教えを聞く
↓(教えを守って生活をすることで)
諸仏と出会う





と言ったような順番があると解釈をしていました。


そこには境目があるように感じたのです。


きっと、普段から区別し仕分けをする習慣があったからだと思います。




しかし、ある時に飛行機から地元を見たときに自分の考え方が間違っていたことを痛感しました。



今回の絵葉書は飛行機に乗った際に見えた景色を使っています。


富士山が見え、自分が暮らしている静岡も見えている写真です。





私は富士山の良く見える場所に住んでいるため、天気が良いときなど


「今日は富士山が良く見えて気持ちいがいい!」と感じていました。


見える日もあれば見えない日もあったためか、


富士山は“遠くにある特別な場所”だったのです。


しかし、飛行機から地元を見たとき富士山と自分が住んでいる場所に境がないことに気がつきました。


ごくごく当たり前のことなのですが、境目がないと言うことは「私は富士山に住んでいる!」ということになるのです。


富士山は、どこからどこまでが富士山で、どこからどこまでは静岡なのかなど気にはしていません。



この景色を感じたとき、法句経を





生まれる
↓(成長してから)
教えを聞く
↓(教えを守って生活をすることで)
諸仏と出会う





と解釈していた私の考えが間違っていたことに気がつくことができました。



頂上も、5合目も、そしてふもとまで全てが富士山です。どこからどこまでが富士山なのか区別がないように、



「ひとの生」つまり私達の命と「諸仏」も決して順番もなければ区別もないのです。



私達自身が「ひとの生」を受けた命であり、私達自身が「諸仏」なのです。




そのことを実感できたとき




正法【みのり】を 耳にするはかたく 諸仏【みほとけ】の 世に出づるも ありがたし




は、私達はすでにありがたいことに 正しい教えに触れている、そして自分の心こそ仏の心なのだと説いているように感じました。

絵葉書法話 43 【因縁】

1204写経会 絵葉書 43 因縁 裏



土となる落ち葉が 春の芽を育てる

   
光と水から栄養を作り出して枝木に送り続けた葉は、最後の力を振り絞って自分の中の養分すら出し尽くして落ち葉となる。落ち葉となった後も土に還り春の芽を育てている。

紅葉を楽しむとき、落ち葉に学ぶ心のゆとりを持ちたいものである





誰かに尽くすことは難しいものです。


どうしても見返りを求めたくなってしまうものです。



異性に尽くす場合も、あわよくばお付き合いがしたい、結婚がしたいと考えてしまいます。


夫婦となった後でも、別れたくない・一生を添い遂げたいと欲が出ます。




親が子に尽くし、子が親に尽くす。


理想的な姿でありますが尽くすことは難しく、思い通りにいかないのでイライラしてしまうものです。




理想とするような見返りを求めず尽くすことができた人を探してみると、過去の偉人や有名人が出てきます。



あまりにも立派過ぎて、遠い存在に感じてしまいます。






どこか近くに理想とする姿はないものでしょうか。その答えが「落ち葉」だと



土となる落ち葉が 春の芽を育てる



という言葉が教えてくれています。




光と水から栄養を作り出して枝木に送り続けた葉は、最後の力を振り絞って自分の中の養分すら出し尽くして落ち葉となります。

落ち葉となった後も分解されて土に還り、やがて春の芽を育てているのです。





私は紅葉の時期になると「落ち葉を掃除しなくては・・・」と心のゆとりを失いますが、紅葉を楽しむような心のゆとりを持ち、その気持ちを落ち葉から大切なことを学ぶ気持ちへと変化させていきたいものです。






1204写経会 絵葉書 43 因縁 表

 因縁 【いんねん】 

   
  現象の基になる主原因(因)と、補助条件(縁)。この因縁によって、すべての存在や現象が生じる。



絵葉書法話 45 【黙】

1024写経会 絵葉書 45 黙

教えは伝わる

   
幼い子供達は、自分の思いを言葉にして表現することが得意ではありません。
しかし、彼らが黙って坐禅をしているとことに大人がやってくると、ハッと息をのみます。
黙って坐ることで大人達に大切なことを伝えてくれているこの姿こそが、最も雄弁な説法だと感じます






黙って坐禅に取り組む人を目にしたとき、多くの人はその姿に心ひかれます。



東光寺(静岡市清水区横砂)では、小・中学生を中心とした子供坐禅会や、保育園児の坐禅体験など、子供達が坐禅を体験しにやってくることがあります。





本堂での坐禅会や坐禅体験となりますが、保育園児や小学生が一生懸命坐禅をしているときにお参りに来られる方もいらっしゃいます。



たまたまお参りに来た方は子供達が一生懸命坐禅に取り組む姿を見て、思わず息をのみます。







仏教では黙【もく】と言う言葉を大切にします。



 悟りの世界は言葉では表現できないとされ、「黙」は単なる無言を意味するのではありません。


「一黙 雷の如き 黙」とも表現されることがあるように、「黙」には奥深いものがあるとされています。


「沈黙こそが最も雄弁な説法である」 とも言われます。






幼い子供達は、自分の思いを言葉にして表現することがまだまだ得意ではありません。


しかし、黙って坐ることで大人達に大切なことを伝えてくれることがあるのです。この姿こそが黙【もく】であり、最も雄弁な説法だと感じます







1024写経会 絵葉書 45 黙 表

 黙【もく】  

   
  悟りの世界は言葉では表現できない。「黙」は単なる無言を意味するのではない。 「一黙 雷の如き 黙」とも表現される




人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる