FC2ブログ

ドップラー効果と坐禅

中学校の理科の授業でドップラー効果という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。


救急車などがサイレンを鳴らしながら走っていたときに、その音を聞いている人にとっては、救急車が近づいてくるときは音が高く聞こえ、遠ざかるときは低く聞こえるという現象を説明したものがドップラー効果です。


少し難しい言い方をすると


音源や観測者が動いている場合、実際の音と異なる音が観測される現象


と説明することができます。


600坐禅こまめ20210410


子供坐禅会を開催すると、しっかりと動かずに坐禅に集中できる小さい子供がいて驚かされることが多くあります。


同時に落ち着きなくグラグラと動き続ける子供もいます。私もその一人でした。


グラグラ動いてしまってはいけないので


「坐禅中は動いていけないよ」


と注意をすると、ときどき


「なんで?」


と聞かれます。そんな時に私はドップラー効果のことを思い出しながら話をするようにしています。





禅では「ありのままに見る」ことの大切さを説きます。


好き嫌いや損得で自分の都合で真実を曲げて見たいように世界を見るのではなく鏡のようにありのままに全てを映すことが大切なのだと説くのです。


そして、身体と呼吸を調え、調った心でありのままに見るのが坐禅なのです。


そんな「観測者」とも言える自分自身が動いてしまったら「ありのままに見る」ことはできるでしょうか。


心にもドップラー効果があるならば、残念ながらできません。


だからこそ、観測者の身体が動かいことは「ありのままに見る」ための第1歩となるのです。








そんなことを頭の中に置きながら、「なんで?」という質問に対して答えています。

物を捨てることが「禅」なのか!?

捨てること 生かしきること を考える



仏教や禅の教えを見ていると


「捨てる・捨てろ・捨て去れ」


など、捨てることの大切さを説く話しと出会うことが多くあります。





そのため、物を捨てることが素晴らしいことで、物を捨てることが仏教や禅の実践だと感じることもあるかもしれません。


しかし、本当に物を捨てることが素晴らしいことなのでしょうか。




仏教の教えにも美しい布を布施されたときにどうするかというものがあります。


1.破れたり古くなったりした衣しか持たない人に分ける。
2.古くなった服は下着に
3.下着は寝る時の敷布に
4.敷布は枕の布に
5.枕の布は足ふきに
6.足ふき雑巾に
7.雑巾は細かく切って泥と合わせ、家を造る時、壁や床に塗る。


と、徹底的に物を大切にすることも説いています。




捨てることが正しいのか、大切にすることが正しいのか。






我が家には約10年前に妻が購入したビデオカメラがあります。


600オンライン坐禅会でビデオカメラ



使用頻度は高くありませんが、娘たちの学校行事や習い事の記録の為に使用することがあります。


もちろん多少の古さや、最新機種と比べたときの機能面など不満が全くないと言えば嘘になります。


また、最近はオンライン坐禅会を開催するにあたり、少しでも良い画像を皆様にお届けしようと考えたときも、最近のスマートフォンやデジタルカメラにはパソコンと直接つなげる機能がついていますが、このビデオカメラにはそのような機能がありません。


「だったらこのビデオカメラを捨てて新しいカメラを買った方が良いはないか!?」


とも考えました。


しかし、調べてみると機械を1つ使えば約10年前のビデオカメラがオンライン坐禅会に活用できることがわかったのです。


そこでさっそくその機械を準備オンライン坐禅会で使用してみると、購入を検討していたカメラよりも美しく多彩な画像を皆様に提供することができたのです。





私は捨てなくてはならなかったのはビデオカメラではなく「もう使えない」という思い込みだったのです。



だからと言って、全てのものを取っておくことが正しいのではありません。


物を捨てるのではなく「もう役に立たない」という思い込みを捨てることが大切ではありますが、同時にその物を大切に使い切る・生かしきる為の実践も大切です。


「いつか使う」「使うかもしれない」という思い込みは、物を生かしきることの妨げになります。




捨てることが正しいのか、大切にすることが正しいのか。


余計な思い込みを捨て去ることで、その物が持つ力を大切に生かしきることが正しいのだと、活躍するビデオカメラを見ながら感じています。

六牙の白象 【ろくげのびゃくぞう】

600仏教豆知識シール 174



嫌いな人、苦手な人にやさしくできますか?


私はなかなかできません。



喧嘩をした相手に心から謝ることはできますか?


私はなかなかできません。





最近、幼いころに喧嘩をした相手に「ごめんね、喧嘩をするのはもうやめよう」と言われて、素直に「僕もごめんね」と謝ったことを思い出しました。


あの時は、なぜ素直に謝ることができたのでしょうか。


相手はなぜ、喧嘩をしている嫌いな相手、苦手な相手に素直に謝れたのでしょうか。


思い出してみると、お互いの心が素直になれた瞬間があったのだと思います。




お互いの心が調ったとき、「今までの行動は間違っていた、謝りたい」と感じ、それが素直に実行に移せたのです。


調った心がなければ、いつまでたっても


「あいつが悪いんだ、謝るもんか」


と考えていたでしょう。







仏教聖典の中に六牙の白象【ろくげのびゃくぞう】というお話があります。



ある国の王妃が、六牙の白象の夢を見た。王妃は、その象牙をぜひ自分のものにしたいと思い、王にその牙を手に入れたいと願った。

王妃を愛する王は、この無理な願いを退けることができず、このような象を知る者があれば届け出よ、と賞金をつけて国中に触れを出した。

その象はあるときひとりの猟師を危難から救ってやった。ようやく国へ帰ることのできたこの猟師は、この触れを見、賞金に眼がくらみ、恩を忘れて、六牙の象を殺そうと山へ向い毒矢を象に放った。

激しい毒矢に射られて死期の近いことを知った象は、猟師の罪をとがめようともせずに、かえってその煩悩の過ちを哀れみ、猟師をその四つの足の間に入れて、報復しようとする大勢の仲間の象から守り、さらに、猟師がこの危険をおかすに至ったわけを尋ねて、彼が六つの牙を求めるためであることを知り、自ら牙を大木に打ちつけて折り、彼にこれを与えた。

象は、「この布施行によって仏道修行を成就した。わたしは仏の国に生まれるであろう。やがて仏と成ったら、まず、あなたの心の中にある貪り・瞋り・愚かさという三つの毒矢を抜き去るであろう。」と誓った




という話です。




見返りを求めず、相手の為に何かすることを布施【ふせ】と言います。


なかなか、六牙の白象のような徹底的な布施はできないかもしれません。



しかし、喧嘩をしている相手に謝ることは、憎き相手のことを想って行動する六牙の白象の行動と相通じる部分があります。


六牙の白象のようになりたいものですが、すぐには難しいものですが、喧嘩をしている相手に謝ることはその第一歩になります。


さらに、喧嘩をしている相手に謝るためには心を調えなければ実践することができないとするならば、自分自身の心を調えることこそが六牙の白象のようになるための本当の第一歩なのだと私は考えています。


そして、心を調えるためには何か特別なことを編み出す必要はありません。


坐禅や写経、お参りなど、お寺や地域など、これまでに伝わる良い習慣を実践し、心を調えて普段の生活を送ることが大切です。


良い習慣は、どこか遠くにあるものではありません。


身近に残っている良い習慣を感じてみてはいかがでしょか。

深呼吸をして落ち着く人は 普段から深呼吸をしている人


以前、中学校の教員として部活動の指導をしているときに尊敬する大先輩の先生に言われた言葉を忘れることができません。


「深呼吸をして落ち着く人は 普段から深呼吸をしている人だけだ」


と言われたのです。


教えてくれた方は、私とは違う競技を専門とされる方で、その競技の世界ではこの先生のことを知らない専門家はいないと言われる程有名な方でした。過去に全日本の学生選抜の監督をされた経験もある方でした。



その方が試合中に生徒にアドバイスをするときに覚えておいた方が良いことを教えてくれました。


競技は違えど、共通するとても大切なことを教えていただきました。


「試合中に緊張して本来の力を出せていない人に、”落ち着け”と言っても絶対に落ち着かない。言われて出来るなら最初からやっている。”深呼吸をしろ”と言えば深呼吸をするかもしれないが、深呼吸をして落ち着く人は 普段から深呼吸をしている人だけだ。」



ということを教えてもらいました。


その後、私も生徒にアドバイスをすることがありましたが、「深呼吸をして落ち着く人は 普段から深呼吸をしている人」というのはその通りだと感じる場面は多々ありました。








仏教の教えを、現代の言葉で説いた仏教聖典の中に従業員が店長を怒らせる話があります。




600こまめ 良い顔と悪い顔 カラー



お金持ちの女主人は謙虚で親切だと評判であった。


その評判が本物か試すために使用人がわざと失礼なことをしたところ、女主人は怒り、使用人を棒で打った。


そのことが周囲の人に知れ渡り女主人の評判は大きく下がってしまった。


というお話です。


どんなときでも 静かな心と 良い行いを心がけることの大切さを説く話です。


仏教聖典には、この話の中で



環境がすべて心にかなうときだけ、静かな心を持ちよい行いをしても、それはまことによい人とはいえない。
仏の教えを喜び、教えに身も心も練り上げた人こそ、静かにして、謙遜な、よい人といえるのである。



と説きます。そして、そのためには



心が濁れば行いが汚れ、行いが汚れると、苦しみを避けることができない。だから、心を清め、行いを慎むことが道のかなめである。



とも説いています。


つまり、普段から心を清め、行いを慎むことが大切なのです。


落ち着こうと思って、普段やっていない深呼吸をしたところで落ち着くことができないように、普段から心を調えようとしていなければ、少しの挑発や環境の変化によって心が乱れてしまうのです。


では、普段からの心を調えるためにはどうしたら良いのでしょうか。



それこそ、深呼吸です。


ゆったりと呼吸をすることで心が調うことは多くの方が実体験をしたり科学的にも実証されています。


御存じのように坐禅も呼吸を大切にしています。


お経をお唱えするときにも呼吸が調います。


私たちが先人から受け継いだ尊い習慣の中には、今を生きる私達を支えてくれる習慣が数多くあります。


これらも尊い習慣を大切にすることで、いざというときに行う深呼吸が意味あるものにしていきたいと思っています。

釘打ちの意味を実体験した気がします

大変お世話になっている和尚様のお母様が亡くなったことを聞き、お葬式に参列したときのことです。



葬儀が終わり、御遺体を火葬場に運ぶ際に棺桶のフタをしたとき、


「バン!! バン!!! バン!!!!」


と、とても大きな音が本堂内に響き渡りました。



音の正体は「釘打ち【くぎうち】」でした。


5002【葬儀】龕前念誦



棺にフタをして運び出す際に釘を打つ習慣がありました。


最近では火葬場で金属製のもの使用しないように言われますので釘を打つことはありません。


そのため、釘を打つ習慣も知らない方が増えてきています。



私自身もお葬式・出棺に同席させていただくことは多くありますが、釘打ちは確実に減っています。


しかし、その和尚様は今まで聞いた どの釘打ちよりも大きな音を出して「釘打ち」をされたのです。


もちろん、実際にくぎは打っておらず儀式ではありますが、とても大切にされていたお母様の棺に力強く釘を打つその姿は、葬儀の際に導師が行う”喝”だったように感じます。



600【葬儀】引導法語2



臨済宗では葬儀の際に引導法語をお唱えし最後に大きな声で「喝【かつ】」とお唱えします。



引導法語とは

亡くなられた方の素晴らしさをたたえ、亡くなった方の死を悲しむ心を漢詩にしてお唱えすることで、亡くなられた方を仏さまの世界に導くことです。




禅では、教えの伝達に文字や経典にたよらず師匠から弟子へと直接伝えていくことを大切にしています。


ですから、引導法語の最後に唱える「喝」も実は仏弟子となる故人に対して教えを伝えるための行為であり、亡くなれた方に対して最後に迷いを断ち切り、悟りの世界に導くために「喝!」と大声で一喝するのです。





私には、あのときの「バン!! バン!!! バン!!!!」という力強い釘打ちは、和尚様から亡くなられたお母様に対する「喝」という尊い贈り物だったように思えてなりません。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる