FC2ブログ

印象的な言葉 【近くで見守ってください】

5002【葬儀】龕前念誦




お葬式では故人に対して弔辞やお別れの言葉を話すことは珍しいことではありません。


亡くなってしまった方に語り掛ける言葉に心打たれます。






あるお葬式に参列したとき、故人のお孫さん数人が前に出て一言ずつお別れの言葉を話し始めました。




「おばあちゃん、今まで面倒見てくれてありがとう。天国から私達のことを見守っていてください。」

「天国でおじいちゃんとゆっくり過ごしてください。」

「向こうの世界でも、人見知りをしない性格で友達をたくさん作ってね。」



そのような言葉が続きます。そんな中、1人のお孫さんが


「おばあちゃん、今までありがとう。これからも近くで見守っていてください。」


と言ったのです。





極楽、あの世、天国、地獄、空の上、星、お別れの言葉の中で様々な行き先を聞いてきましたが“近くで”と表現した方は初めてでした。





この言葉を聞いたとき、一休さんと親しまれている室町時代の禅僧・一休禅師の



死にはせぬ

どこへも行かぬ ここに居る

たづねはするな ものは云わぬぞ




という詩を思い出しました。






私はお孫さんの“近くで”という表現は素晴らしいものだと感じます。


亡くなった方は、どこか遠くの手の届かない世界に行ってしまうのではありません。


私達の心に生き続けているのです。


ですから、亡くなった方が旅立たれる極楽もあの世も天国も地獄も全て私達の心の中にあるのです。





で、あるのならば「これからも近くで見守っていてください」という言葉はとても的確で分かりやすい言葉だと感じました。

キャベツと予定を選んではいけない その2

5002こまめ 先着と損得





前回の記事で


「選ばずに手に取ったキャベツをカゴに入れることが“選り好み”から離れる練習なのです」


と表現した和尚様の話しを紹介させていただきました。
※記事はこちらです



もちろん、キャベツを選ばないことだけが“選り好みをしない”練習ではありません。



私が本格的にお寺での生活を始めたころに“選り好みをしない”ための日常生活を紹介させてください。






あるとき、1人の和尚様に


「僧侶の予定は早い者勝ちだ。予定が決まったらすぐにカレンダーに書き込んで消してはいけない。」


と教えていただきました。



どんな些細な約束も先に頼まれたのならば、その約束を優先させなさい。



と言うのです。




当時の私は、何か頼まれると



予定表を見る

同じ時間にすでに予定がある

今頼まれたことと、以前に頼まれたことを見比べ、どちらの先順位が高いか考える

予定を取捨選択する



と、いったことをしてしまっていました。


しかし、これは”選り好み”そのものなのです。


仏教では”選り好みをしない”ことの大切さや、選り好みが迷いや苦しみを作り出すと説いています。


そのことを説く僧侶が、日常生活の中で選り好みをしてはいけない。


そのために、普段から“予定は早い者勝ち”を徹底することが大切だと教えていただきました。






実際にやってみようと心がけていますが、「先約がありまして・・・」と言い出しづらく実行しきれていないこともありますが、これからも“予定は早い者勝ち”を実践していきたいと思います。

キャベツと予定を選んではいけない その1

5002こまめ 考える人 カラー



スーパーへ買い物に行き、キャベツを買うときに「どっちがいいかな!?」と選んでいませんか?


そこで、選ばずに手に取ったキャベツをカゴに入れるのが“選り好み”をしないと言うことです。






ある和尚様がこのように話されているのを聞いて、とても分かりやすい表現だと感動をしたことを覚えています。


東光寺(静岡市清水区横砂)の本山である妙心寺の最初の住職である開山無相大師【かいさんむそうだいし】には多くの逸話があります。その1つに「雨漏りの話」があります。






当時の妙心寺は雨が降れば、雨漏りをしていたそうです。


ある日、無相大師が雨漏りを見つけ弟子たちに


 「お、雨漏りをしているぞ!」


と言うと、一人の弟子が、雨水を受けるためにザルを持って駆けつけたそうです。


無相大師は、その弟子を褒めたそうです。


そして、少し遅れて後から他の弟子が、桶や鍋を持ってくると無相大師は、その弟子を厳しく叱ったそうです。


初めてこの話を聞いたとき


「雨漏りを受け止めるのにザルは役に立たないし、鍋や桶が正解だ!意味が分からない」


と私はと思いました。しかし解説を聞くと、この話は


 「仏心(良心)は瞬時に現れ、次の瞬間、選り好み(感情)や、ためらい(分別)に流れる」


ということを説き、私たちの心の動きを戒めているそうです。



 良いと思ったことは、その瞬間に行うことの大切さを教えているそうです。


 「雨漏り」と聞いて「必要なものは何か?」と悩んでしまった時点で選り好みが始まるのです。


そして、この選り好みこそが迷いや苦しみの原因になると説くのです。


だからこそ、「雨漏り」の声を聞き、何も考えずに近くにあったものを手に取って駆け付けた弟子が褒められたのです。






では、今を生きる私達は“選り好みをしない”ことは可能なのでしょうか?


何か特別な修行をしなければ“選り好み”から離れることはできるのでしょうか?


そうではないことを、


「選ばずに手に取ったキャベツをカゴに入れることが“選り好み”から離れる練習なのです」


と表現した和尚様の考え方は見事だと感じます。

心は簡単に折れない

人は辛い出来事があると「心が折れた」と思ってしまいます。


私もそう思っていました。しかし、






心は簡単に折れない

折れたと思っていても折れていない

折れそうになればなるほど、エネルギーが蓄えられている。





という言葉を聞いたとき、誰の心にも柔軟性があるのだと思えました。



5002【六波羅蜜】忍辱





仏教の大切な教えに忍辱【にんにく】があります。


仏教語辞典を開くと忍辱の部分に


・耐え忍ぶこと。

・あらゆる侮辱や迫害に耐え忍んで怒りの心をおこさないこと。これを実践することによって、すべての外からの障害から身を保護することができるので、忍辱の衣や忍辱の鎧(よろい)といわれる。




と書いてあります。



心は簡単に折れない 折れたと思っていても折れていない

という言葉を聞いたとき




耐え忍んで怒りの心をおこさない姿こそが 折れたと思っていても折れていない、エネルギーが蓄えられている姿であり


怒りに身を任せて、感情を爆発させてしまうことこそが、心が折れている姿なのだと感じました。

月落不離天【月落ちて天を離れず】

500ブログ 月落ちて天を離れず1


私は満月を見ると、意味もなく気持ちが明るくなります。


やがて、その満月が見えなくなると なんだか寂しい気持ちになってしまいます。






500ブログ 月落ちて天を離れず2

夜空に輝いていた月は、時間の経過と共に輝く場所を変え、





500ブログ 月落ちて天を離れず3

やがては地平線へと落ちていきます。






500ブログ 月落ちて天を離れず4

月が移動し、無くなったように感じます。





しかし、その瞬間に他の場所でも月が見えなくなっているのでしょうか?


そのようなことはありません。


世界のどこかでは月は輝き、また別の場所ではとっくに沈んでいるのです。




自分自身が移動をすることができれば月を見ることはできるのです。






月落不離天【月落ちて天を離れず】という禅語があります。



月は西に沈み地へと落ちるように見えるが、天を離れたわけではない。


ただ目に見える範囲から外れただけなのです。


月自身は変わらず天にあります。




月は悟り、天は自分自身を示します。


「悟り、悟り!」とあちらこちらを探しても見つかりません。いつか悟りがやってくると待っているだけでも何もおこりません。


悟りは何か特別な場所にあるものでありません。


天から離れることがない月と同様に、いつも自分の中にあるのだと示しているのです。






月が見えなくなって寂しい気持ちになる私に「月落ちて天を離れず」という言葉が、「目先のものだけにとらわれてはいけない」と語りかけてくれているよう感じます。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる