FC2ブログ

昔話シリーズ 桃太郎 【5:桃太郎、鬼ヶ島へ】

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。




600【昔話】41桃太郎

昔話シリーズ 桃太郎 【5:桃太郎、鬼ヶ島へ】


皆さんご存じの通り、桃太郎のお話は

1.川に桃が流れてくる
2.お婆さんが桃に「あっちの水は辛いよ、こっちの水は甘いよ」と言う
3.桃から桃太郎が生まれる
4.おじいさんとおばあさんが桃太郎のめんどうをみる
5.桃太郎、鬼ヶ島へ
6.おじいさん、おばあさんがきびだんごを作る
7.きびだんごを欲しがる猿、犬、きじを仲間にする
8.船で鬼ヶ島へ出発
9.鬼ヶ島到着
10.鬼を退治して帰ってくる



となっています。

この桃太郎の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。


今回は 「5.桃太郎、鬼ヶ島へ」 という場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。





桃から生まれた桃太郎は順調に成長をしていきます。


そんなある日、桃太郎は


「もう何年も何年も船をこいで行くと、遠い遠い海のはてに、鬼が島という所がある。悪い鬼どもが、いかめしい くろがねのお城の中に住んで、ほうぼうの国からかすめ取った貴い宝物を守っている。」


という話を聞きます。


桃太郎はこの話をきくと、その鬼が島へ行ってみたくって、もう居ても立ってもいられなくなりました。そこでうちへ帰るとさっそく、おじいさんの前へ出て、


「どうぞ、わたくしにしばらくおひまを下さい。」


と言いました。


おじいさんはびっくりして、


「お前どこへ行くのだ。」


と聞きました。


「鬼が島へ鬼せいばつに行こうと思います。」


と桃太郎はこたえました。


「ほう、それはいさましいことだ。じゃあ行っておいで。」


とおじいさんは言いました。





とても、あっさりとした会話です。


自分が大切に育ててきた子供が


「危険な場所に命懸けで行く!」


と言ったとき、私はおじいさんのように、いってらっしゃいと送り出す自信がありません。


悩みに悩んで、たくさん会話をして、いってらっしゃいと言えるかもしれません。


または、いろいろ考えた上で「やめておきなさい」と止めるかもしれません。





しかし、おじいさんは違います。


迷うことなく、桃太郎の言葉を受け入れて送り出したのです。





仏教の言葉に不立文字【ふりゅうもんじ】というものがあります。


文字で表すことができないという意味です。


お釈迦様の教えは人の心から心へと直接伝えられるもので、言語化できない。経典の文字は熟読すべきであるが、それだけに頼ってはならない。ということを伝えてくれている言葉です。





もう少し一般的な言葉にすると「以心伝心【いしんでんしん】」とも言い表せるかもしれません。


余計なことを言わなくても伝わっている、言葉の力を超えた世界を表現する教えです。


桃太郎の成長をしっかりと確認してきたおじいさんだからこそ


「ほう、それはいさましいことだ。じゃあ行っておいで。」


と答えることができたのです。


私はこの場面は、お互いのことを心から理解することの大切さを示してくれているように感じます。





600仏教豆知識シール 390-399 昔話シリーズ 桃太郎5

昔話シリーズ 桃太郎 【4:おじいさんとおばあさんが桃太郎のめんどうをみる】

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。




600【昔話】40桃太郎


昔話シリーズ 桃太郎 【4:おじいさんとおばあさんが桃太郎のめんどうをみる】


皆さんご存じの通り、桃太郎のお話は

1.川に桃が流れてくる
2.お婆さんが桃に「あっちの水は辛いよ、こっちの水は甘いよ」と言う
3.桃から桃太郎が生まれる
4.おじいさんとおばあさんが桃太郎のめんどうをみる
5.桃太郎、鬼ヶ島へ
6.おじいさん、おばあさんがきびだんごを作る
7.きびだんごを欲しがる猿、犬、きじを仲間にする
8.船で鬼ヶ島へ出発
9.鬼ヶ島到着
10.鬼を退治して帰ってくる



となっています。

この桃太郎の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。

今回は 「4:おじいさんとおばあさんが桃太郎のめんどうをみる」 という場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。




桃太郎のお話は驚きの連続です。

まずは、大きな桃が流れてくる。

そして、その中から男の子が出てくる。

これだけでも驚くべき大事件なのですが、驚きは続きます。


それが、今回紹介をする場面です。


昔話にはこのように書かれています。




「まあまあ、わたしたちが、子供が一人ほしい、ほしいと言っていたものだから、きっと神さまがこの子をさずけて下さったにちがいない。」

おじいさんも、おばあさんも、うれしがって、こう言いました。

そこであわてておじいさんがお湯をわかすやら、おばあさんが道具をそろえるやら、大さわぎをして、赤ちゃんを抱き上げて、うぶ湯をつかわせました。

 するといきなり、「うん。」と言いながら、赤ちゃんは抱いているおばあさんの手をはねのけました。

「おやおや、何という元気のいい子だろう。」

おじいさんとおばあさんは、こう言って顔を見合わせながら、おもしろそうに笑いました。

そして桃の中から生まれた子だというので、この子に桃太郎という名をつけました。







桃太郎が誕生した直後の様子です。


私は、おじいさんとおばあさんの姿に驚きました。


おじいさんもおばあさんも「なぜ?」という感情を持たずに、桃から生まれた男の子に対応しているのです。


私なら、「なぜ、桃から赤ちゃん?」と考えてしまいます。そして、生まれたばかりの子供の面倒を見るために必よな、お湯を沸かすなどの本当に必要な作業に手を付けられなくなってしまうと思います。


しかし、おじいさんとおばあさんは違います。


桃から男の子が生まれたことを受け入れ、今できることを精一杯しているのです。





仏教聖典に「毒矢のたとえ」という有名な話があります。


毒矢に射られた男がいた。

周囲の人達は医者を呼ぼうとしたが、男は「この矢は誰に射られたのか。また、弓は何で出来ているのか。それが分かるまで矢を抜くな。」と言った。



という話しです。 この話しは最後に

自分にとって何が第一の問題なのかを知って、自分の心を調えることが大切であることを説く教えです。

とあります。



桃太郎誕生の際に、このことを受け入れてお湯の準備をするおじいさんとおばあさんは、自分にとって何が第一の問題なのかを知って毒矢を抜くことができる人なのです。


つまり、心を調った状態にあるのです。


そのように考えると、桃太郎のめんどうを見る二人の姿たから



心を調えること、そして目の前のことをあるがままに受け止めることの大切さを教えてくれています。

600仏教豆知識シール 390-399 昔話シリーズ 桃太郎4


昔話シリーズ 桃太郎 【3:飛び出す桃太郎】

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。





600【昔話】39桃太郎


昔話シリーズ 桃太郎 【3:飛び出す桃太郎】



皆さんご存じの通り、桃太郎のお話は

1.川に桃が流れてくる
2.お婆さんが桃に「あっちの水は辛いよ、こっちの水は甘いよ」と言う
3.桃から桃太郎が生まれる
4.おじいさんとおばあさんが桃太郎のめんどうをみる
5.桃太郎、鬼ヶ島へ
6.おじいさん、おばあさんがきびだんごを作る
7.きびだんごを欲しがる猿、犬、きじを仲間にする
8.船で鬼ヶ島へ出発
9.鬼ヶ島到着
10.鬼を退治して帰ってくる



となっています。



この桃太郎の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。


今回は 「3.飛び出す桃太郎」 という場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。



桃太郎誕生の場面です。



拾ってきた桃を食べようと、おじいさんが桃を切ろうとした時、桃から男の子が飛び出してきます。


これが桃太郎です。


もしも、おじいさんが勢いよく包丁を入れていたらどうなったでしょうか。


桃太郎は切られておしまいです。


昔話にもなりません。


おじいさん達が、拾ってきた桃を大事にし過ぎたらどうなっていたでしょう。


なかなか桃から出てこられず、窒息してしまったかもしれません。


桃を切りたりおじいさん達と、桃から出たい桃太郎のタイミングがピッタリと合ったからこそ、桃太郎は無事に出てこられたのです。




仏教・禅の言葉に啐啄同時【そったくどうじ】というものがあります。



ニワトリのヒナが卵から誕生するときに、卵の内側からヒナが、外側を親鳥が同時に卵の殻をつつくことで、殻を破り生まれて来ると言われています。
 ニワトリに限らず、師匠と弟子。親と子の関係も、それぞれが成長するために同時に動くことの大切さを説く言葉です。





私は、桃太郎誕生の瞬間を読むと啐啄同時【そったくどうじ】を思い出します。


どちらかだけが力を出そうとしても上手くいかない時があります。


お互いのタイミングが合うから上手くいく時があります。



桃太郎誕生の場面はタイミングを見極める力を養うか、


相手のことを考えて、考えて、考え抜いて、相手と一つになってタイミングのことすら考えなくても良い状(態啐啄同時)になることの大切さを教えてくれています。


600仏教豆知識シール 390-399 昔話シリーズ 桃太郎3

昔話シリーズ 浦島太郎 【6:玉手箱を開ける】

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。




600【昔話】36浦島太郎

昔話シリーズ 浦島太郎 【6:玉手箱を開ける】


皆さんご存じの通り、浦島太郎のお話は

1.浦島太郎が亀を助ける
2.助けた亀に竜宮城へ連れて行ってもらう
3.楽しい時間を過ごすが、時々もとの世界を思い出す
4.玉手箱をもらって帰る
5.もとの世界は長い時間が経っていることに気がつく
6.玉手箱を開ける



となっています。


この浦島太郎の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。



今回は 「6:玉手箱を開ける」 場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。




浦島太郎が竜宮城から帰ってくると、村の様子が変わっていることに気がつきます。


そこで、近くにいたおばあさんに話を聞くと、おばあさんは



「わたしが子どものじぶんきいた話に、むかし、むかし、この水の江の浜に、浦島太郎という人があって、ある日、舟に乗って釣りに出たまま、帰ってこなくなりました。」



と答えたのです。


これを聞いた浦島太郎は自分が竜宮城へ行っている間に村は300年もの時間が経ち、自分を知っている人が誰もいないことに驚きます。


と、同時に玉手箱を開けてしまい、出てきた煙によっておじいさんになってしまいます。





とても有名な場面です。


この場面も大切なことを語りかけてくれています。


この場面で驚く場所は



玉手箱によって浦島太郎の肉体は滅びてしまう場面でしょうか。


私は、そこだけで驚いているわけではありません。


私が驚いたことは


村のお婆さんが300年前に海へ出たまま行方不明になった浦島太郎のことを覚えていたことです。


300年間誰も浦島太郎の肉体を見ていません。


しかし、記憶には残っていました。


ここが、このお話の大切な場面です。




昔から


「亡き人の 美しい心を 受け継ぐことが 供養である」


とも言われています。




私達の肉体は、いつか滅びます。


しかし、亡くなった方から大切な”心”を受け取ることで、亡くなった方が自分の中で生き続けるように、自分達の心は永く生き続けるのです。


 そのことを浦島太郎は自分が失敗をすることで伝えようとしているのです。


 浦島は玉手箱をうっかり開けて年を取り肉体を失うが、三百年経っても村人は浦島のことを覚えていたことは「肉体が大切なのではなく心が大切」ということを示しているのです。



600浦島太郎6

昔話シリーズ 浦島太郎 【5:竜宮城の一日】

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。




600【昔話】35浦島太郎

昔話シリーズ 浦島太郎 【5:竜宮城の一日】


皆さんご存じの通り、浦島太郎のお話は

1.浦島太郎が亀を助ける
2.助けた亀に竜宮城へ連れて行ってもらう
3.楽しい時間を過ごすが、時々もとの世界を思い出す
4.玉手箱をもらって帰る
5.もとの世界は長い時間が経っていることに気がつく
6.玉手箱を開ける



となっています。


この浦島太郎の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。



今回は 「5.もとの世界は長い時間が経っていることに気がつく」 場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。



浦島太郎が竜宮城から帰ってくると、住んでいた村の様子が少し変わっていることに気がつきます。


自分の家はなくなり、両親もいません。でも、海や山の姿は変わりません。


近くにいた人に聞くと、どうやら300年が経っているようです。


浦島太郎は


「はて、三百年、おかしなこともあるものだ。たった三年竜宮にいたつもりなのに、それが三百年とは。すると竜宮の三年は、人間の三百年にあたるのかしらん。それでは家もなくなるはずだし、おとうさんやおかあさんがいらっしゃらないのもふしぎはない」


とつぶやくのです。





話しは変わりますが、皆さんが勉強をするとき、大切にするのは時間ですか?


机の前に座っているだけで勉強ができるようになりますか?



もちろんなりません。


どれだけ集中して勉強できるかが大切です。


どれだけ一生懸命できるかが大切です。



ダラダラと何時間も机の前に座っているだけで、キョロキョロしていては勉強ができるようにはなりません。


それよりも短い時間でも、目の前の課題に取り組むことができれば、成果を上げることができることは誰もが知っています。





浦島太郎は竜宮城があまりに素晴らしいために、時間が過ぎること・さらに歳を取ることすら忘れて300年を過ごしていたのです。


これは、今を生きている私達に大切なことを教えてくれています。


浦島太郎が竜宮城で時間を忘れて過ごしたように、私達が部活や勉強など何か一生懸命になれること出会えれば、時間を忘れて没頭することができる存在なのだと教えてくれています。




つまり、浦島太郎の竜宮城で数年(数日)を過ごして帰ってくると、元の世界では三百年が経っていたという有名な場面は



「充実した短く感じる時間は、ダラダラと過ごす長い時間以上の価値がある」ことも示してくれています。





600浦島太郎5
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる