子供に坐禅会で話したこと 第289番 流木 【仏教説話31】

子供坐禅会(平成29年冬休み:テーマは仏教説話)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

仏教説話シリーズ その31 【流木】

です。

500第289番 流木 【仏教説話31】


東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・






毎年12月15日16日は地元の秋葉山のお祭りです。



子供達はとっても楽しみにしています。



約500メートルほどの道にたくさんの屋台が出て大勢の人達が楽しんでいるお祭りです。



小学生時代の私は、秋葉山のお祭りというのは屋台がたくさん出て、お小遣いをもらってその屋台で買い物をするものだと思っていました。




500秋葉山180118




しかしある時、秋葉山のお祭りというのは火の神様を祀るお祭りであって、山のてっぺんにある火の神様をお参りし、一年の安全を祈るものだと知りました。



それまで、確かにお参りする人がいるなあとは思っていましたが、屋台を見るのが楽しくて山のてっぺんまで登ることはありませんでした。



お参りをすることがお祭りの目的であると知った後もお参りに行こうと思っても、ついつい道の両側にある屋台に吸い込まれなかなか前に進むことはできませんでした。



500秋葉山1801182



山へ向かう人の流れはあるのですが、その流れに乗って素直に進んで行けばお参りをすることができるはずなのに、ついつい屋台でたこ焼きを買ったりチョコバナナを買ったりしていました。





昔、お釈迦様のもとで修行をしている修行僧がなかなか悟りを開くことができず悩んでいる時お釈迦様はそのお弟子様に




「河を流れる木は

向こう岸につかず、

この岸にもつかず、

腐ったり沈むこともなく、

誰かに捕まることもなければ

やがて大きな海に出る。

私たちの心も河を流れる木のようにすれば良い。」


と教えたと言われています。






こちらの岸へ行こう、彼方の岸へ行きたい、独りよがりに気持ちを沈めたり、誰かの力で運んでもらいたい、そう言った心を持たず川の流れに全てを任せることで大きな海という悟りの世界に到達することができると言われたのです。



素直な気持ちで流れに乗ることが大切なのだというのです。



秋葉山のお祭りでも素直に人々の流れに乗っていけばお参りをする山の上まで登ることができる。



しかし、ついつい自分の興味のある所ばかりに目がいってしまい横道に逸れてしまうのは私たちの心のありようではないのでしょうか。



また流れに乗るにも、その流れをしっかりと見極めなくてはいけないはずです。



お祭りでも流れを見ずに、ただ目の前の人に付いて行ってしまったら目的地に到着せず迷子になることもあります。



秋葉山ではお参りをする人たちの流れにのっていくように、私たちの人生の中で大きな海に向かっていく人たちと共に生活していくことはとても大切です。



一緒に生活をするというのは良い習慣を共に行うということです。



例えば坐禅会に参加する、写経会に参加する、お寺の行事に参加する、町の行事に参加する、学校で一生懸命勉強するなど様々なことがありますが、昔から多くの人たちが「これは良いことだ」というものに素直に乗っかって流れていくことが今の時代も必要なのかもしれません。

子供に坐禅会で話したこと 第288番 アリの命 【仏教説話30】



子供坐禅会(平成29年冬休み:テーマは仏教説話)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

仏教説話シリーズ その30 【アリの命】

です。



東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・



500第288番 アリの命 【仏教説話30】




お腹を空かせて困っている人に、おにぎりを1つあげる人と2つあげる人がいたとします。


どちらがすごいと思いますか。


普通に考えると2つあげる人がすごいということになります。


しかし、仏教では1つか2つかはあまり関係ありません。


おにぎりを100個持っている人が2つあげるよりも、おにぎりを1つしか持っていない人がその1つを誰かにあげることの方が尊いと考えるからです。

100個持っていれば100個あげる。


1つ持っていれば1つあげる。


今、自分にできることを精一杯することが大切だと仏教ではよく言われています。






仏教の物語の中に「アリの命」という話があります。







あるところに若い修行僧がいました。


修行僧は立派な和尚様のもとで修行をしています。


和尚様は立派な方で普段から修行僧に色々なことを厳しく教えてくれていました。


修行僧も指導してくださる和尚様の言うことを聞いて一生懸命修行をしていました。


この和尚様、実はすごい力があるのです。


どんな力があるのかといえば、もうすぐ死んでしまう人を見分けることができるのです。


あと1週間で死ぬ人が自分の目の前に来ると、


「この人はあと1週間で死んでしまう。」


ということが分かるそうです。


ある朝、和尚様が修行僧を見ると、なんと後1週間でこの修行僧が死んでしまうと分かったのです。


和尚様は修行僧に


「お前はあと一週間で残念ながら死ぬ。だからその前に実家に戻って両親へしっかりと挨拶をしてきなさい。2、3日はそちらで過ごして、またここに戻ってきなさい。」


と言ったのです。


修行僧は和尚様の言うことを聞いて最初は大変に驚きましたが、これまで和尚様があと1週間で死んでしまうと言った人はみんな本当に死んでしまったことをよく知っていたので、自分ももうすぐ死ぬのだと感じたのです。


そこで和尚様に言われた通り、実家へ戻って両親にお礼を言うことにしました。


実家は歩いて1日ほどかかる場所です。


実家に向かって歩いていると、ある場所でたくさんのアリが足元にいることに気がつきました。そしてそのアリが川から溢れた水が流れてきているのも見えました。


修行僧はそのアリたちを迷うことなく助けて安全な場所に移してから、実家に帰ったのです。


実家に帰り両親に「私はもうすぐ死んでしまう」ということを伝えた上で、これまで育ててくれたお礼などを言って2、3日実家でのんびりと過ごすことにしました。


両親も息子がもうすぐ死んでしまうということには大変驚きましたが、今こうして一緒にいられる時間を大切に過ごそうと親子で 有意義な時間を過ごしました。


やがて時間が経ち、修行僧は和尚様の元へ戻ることにしました。修行僧が和尚様のところへ戻ってくると和尚様は大変に驚きました。


なんと修行僧からもうすぐ死ぬ人の特徴がなくなっていたのです。


つまり修行僧はまだまだ元気に暮らしていけるようになっていたのです。


和尚様は驚いて修行僧にこの一週間どんなことがあったのか聞きました。


すると、修行僧は実家に戻る途中アリを助けた話をしました。和尚様はそれを聞いて


自分自身がもうすぐ死んでしまうかもしれないという時にたくさんの命を救ったことで、この修行僧は長くこれからも生きていけるようになったのだとわかったそうです。






このお話の大切な部分は、自分が苦しい時に周囲の苦しんでいる命を救ったということです。



自分が元気な時に周りを助けることはそこまで難しいことではありません。


しかし、本当に自分が苦しい時にこそ、自分にできることを精一杯やって行きなさいと「アリの命」という話は教えてくれています。




そして、なぜ自分がもうすぐ死ぬという時に苦しんでいたアリをこの修行僧は助けることができたのかといえば、それこそ普段の生活が和尚様の下での修行生活だったからなのです。


修行をしていたからこそ、正しいことを素直にすることができたのです。

普段からマラソンの練習をせず、だらだらと過ごしている人が急にマラソン大会に出たところで、まともに走ることはできません。しっかりと毎日練習している人がマラソン大会に出れば良い結果を出すことができるように、普段からの生活が大切だということもこのお話は教えてくれているのです。

子供に坐禅会で話したこと 第287番 尼僧と苦しみ 【仏教説話29】



子供坐禅会(平成29年冬休み:テーマは仏教説話)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

仏教説話シリーズ その29 【尼僧と苦しみ】

です。


500第287番 尼僧の苦悩 【仏教説話29】




東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・





日本の女性の平均化粧時間は約18分だとテレビで紹介されているのを見たことがあります。



これよりもたくさん時間をかける人もいれば、まったく化粧をしない人もいます。




どうでもいい話かもしれませんが、私は0分です。



化粧はしません。



さらに、髪型を整える時間も0分です。



え、髪の毛がないから当たり前だって!?



そうなんです。髪の毛を剃っていると、目が覚めたときから寝るまで髪型は整いっぱなしです。



それどころか、寝ているときもビシッと髪型は整っています!!







昔々あるところに一人の綺麗な女性がいました。


この女性、街を歩けば思わず男性が振り返り多くの男性から結婚してくれと頼まれるほど外見が美しい女性だったそうです。


ところがあまりにも多くの男性から結婚してくれと頼まれるのが嫌になり、街を離れ尼僧となって静かに修行生活をしながら過ごそうと考えたのです。


女性が街を離れて多くの人が修行している場所へ行こうとすると、途中に大きな池があったそうです。


女性はそこで休憩を取り、池の水を飲もうとしました。


この時、女性は池に映った自分の姿が美しいことを久しぶりに実感し、


「私はこんなに綺麗だった!!この美しい姿を利用しないで修行などしても時間がもったいない。」


考え再び町に戻って行こうと思ったのです。


再び町に戻ろうと思った女性が歩いていると、これまで見たこともないような女神のように綺麗な女性とすれ違いました。


あまりにその女性が綺麗だったため思わず声をかけ、話をしてみませんかと誘いました。


二人はすぐに意気投合したくさんの話をしました。


しばらくすると女神のような女性は少し休みたいと言い、女性の膝を枕にして眠り始めました。


女性は女神のように美しい女性が自分の膝で眠っている様子をただぼんやりと眺めていました。


すると女神のような女性が、あれよあれよという間に年を取り始めたのです。


そしてあっという間におばあさんになり、その後冷たくなってなくなってしまいました。


さらに、あっという間に死んでしまった女神のような女性はそのまま骨になってしまったのです。


女性はとても驚きましたが女神のように美しかった女性があっという間に骨になっていく姿を見て、


「表面上の美しさを永遠ではない」


と実感し、自分自身このようにあっという間の人生を街で遊んで暮らしていたらもったいない。


やはり、町を離れて修行をしようと決意をし直したのです。


こうして美しい女性は様々な誘惑のある町から離れ1人静かに修行生活を送り、立派な尼僧となって多くの人を救うことができたそうです。

もちろん、女神のような女性は実在しません。修行をしようと決意したのに、自分の表面上の美しさに負けて修行を辞めようとしてしまった女性にお釈迦様が夢を見せたのです・・・








「修行生活」と聞くと「特別なことをする厳しいもの」と考えてしまうかもしれません。


しかし、多くの方が参加してくださる坐禅会も立派な修行です。


東光寺(静岡市清水区横砂)の子供坐禅会は約15分の坐禅を2回しますが、15分の坐禅でも立派な修行です。


ですから、家に帰ったら


「私は今日、お寺で修行してきたぞ!!」


と自慢をしても誰も「そんなことはない!」とは言いませんので安心してください。




そして、この坐禅など修行こそが自分自身を内面から美しくしてくれていることを覚えておいてください。



一生懸命化粧をしても、夜寝る前に化粧を落とせば元の姿になってしまいます。



しかし、今日のように坐禅などの修行をして内面を綺麗にすれば、その美しさは寝ても変わることはありません。



決して、化粧をするなと言っているのではありません。化粧も大切なことだと思います。



しかし、せっかくお寺で坐禅をするという心を美しくする方法を身に着けたのですから、これからも自分の心を磨くことが大切だと、「尼僧の苦しみ」という話が教えてくれている気がします。

子供に坐禅会で話したこと 第286番 両目を施した王 【仏教説話28】



子供坐禅会(平成29年冬休み:テーマは仏教説話)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

仏教説話シリーズ その28 【両目を施した王】

です。




500第286番 両目を施した王 【仏教説話28】





東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・





私は僧侶になってから悩むことがあります。



それは、アンケートなどで職業を聞かれたときです。



「僧侶」と記入できれば良いのですが、「次の中から選びなさい」と選ばなくてはいけない時に悩むことがあります。



選択肢の中に「僧侶」「宗教家」といった選択肢があるアンケートはとても少ないのです。



「自営業」や「サービス業」など、一番近いのは何か悩むことがよくあります。



しかし、お寺はサービス業ではありません。



サービス業のお店などでお金を払って物を買った時などニコッと笑ってありがとうございましたと言われることが多いのに、お寺でお賽銭を入れた時にお坊さんがニコッと笑ってありがとうございますと挨拶をしてくれたことを見たことがある人はほとんどいないと思います。



なぜ、ありがとうございました!と言わないのかを表した話しが「両目を施した王」というお話です。




昔々のお話です。

ある所に、とても心優しい王様がいました。

貧しい者が、食べ物が欲しいと言えば食べ物を分け与え、修行者が来れば修行者のために王様ができることを精一杯していました。

そのため国民は王様のことを大変に尊敬しお城にはいつも王様に助けを求める人達が来ていました。

王様は助けを求めるみんなを助け続けていました。

ある時そんな王様が本当に心からみんなのことを思って行動しているのか、帝釈天と言う神様が試してみようと思いました。

帝釈天は自分の姿を大きな鷲【ワシ】に変えて王様のもとへ行きました。

そして王様に向かって

「私は普段鳥の目でしか世界を見ることができない。人間の目で世界を見てみたいからお前の目をくれ!お前の目を布施【ふせ】してくれ」

と言ったのです。

普段から人々に布施をしていた王様は何も迷うことなく喜んで自分の目を差し出しまた。

すると帝釈天(鷲)はその姿を見て、本当にこの王様は心からみんなのことを思って行動しているのだと感動し、王様の目を元に戻したそうです。






このお話の重要な部分は「両目を出せ」言ったところだと思います。



手でもない、足でもない、鼻でもない、口でもない、目を差し出させたのです。



目を差し出すと、もう何も見えません。



普段から食べ物を分けてあげたとき、分けてもらった人がありがとうと感謝する姿を王様は目にしたでしょう。



しかし自分の目を与えてしまったら、もらった相手がその目をどのように使うかを知ることはできません。



それでも自分の目を差し出すことがとても重要なのです。



仏教では布施の心を大切にします。



いま自分にできることを精一杯すること、見返りを求めないことを大切にするのです。



「食べ物を分けてあげたのに、あいつはお礼も言わない、喜んだ顔も見せない」



などと思ってはいけないのです。



「ありがとう」という見返りを期待していることになってしまうのです。



何かを分けた時、相手がどのような態度をとるのかなど気にすることなく、今自分にできることを精一杯することが大切だと仏教では教えているのです。



つまり目を差し出すことができれば、その目で相手がどんなことをするのか見ることができません。それでも自分の目を差し出すことができれば、それこそが本当の布施だと帝釈天は伝えたかったのだと思います。



もちろん誰かに目をくれと言われたから目を出しなさいと言っているのではありません。見返りを求めないことが大切だと両目を施した王という話が教えてくれているように感じます。





お寺がサービス業ではない理由にお賽銭のお話をしました。



お賽銭を入れた時、和尚さんがありがとうございましたとニコッと笑うことはありません。



それはお寺が、みなさんにサービスを提供する場所ではなく、皆さんが修行をしてよりよく人生を生きていただくため様々なことを学ぶ場所だからです。



「ニコッと笑ってほしい」、「ありがとうございますという言葉」などの見返りを期待しないで自分の持っているものを差し出す練習をする場所がお寺のお賽銭ということになるのです。お寺がサービス業であれば、「ありがとうございました!」とニコッと笑って、その後「また来てくださいね!」などと言ってお賽銭をたくさん出していただこうとするのですが、お寺はサービス業ではありませんので、ニコッと笑ってお礼を言わないのです。



お賽銭を入れることによって布施の心を学ぶ。これこそが両目を施した王という話が伝えてくれていることなのだと思います。

子供に坐禅会で話したこと 第285番 餓鬼道に落ちた女 【仏教説話27】



子供坐禅会(平成29年冬休み:テーマは仏教説話)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

仏教説話シリーズ その27 【餓鬼道に落ちた女】

です。




500第285番 餓鬼道に落ちた女 【仏教説話27】




東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・


 ※以下の内容は子供向けに話したものです。




例えばコップ1杯分のジュースを持っているとします。



そして、喉が渇いています。



今すぐこのジュースを飲みたいと考え、ふたを開けてジュースを飲もうと思ったその時、



「そのジュース、半分を友達にあげてよ。」



と言われたらどう思いますか。



「半分も取られちゃうじゃん!もったいないなー!!」



と思いますか?それとも、素直に自分も飲みたいんだから、友達も飲みたいと思って、人に言われた通りジュースをあげますか??



今回の話は、



「もったいないから絶対あげない!」と言ってしまった人の話です。



「餓鬼道に堕ちた女」という話です。




お釈迦様のお弟子様の中には特殊な能力を持つ人がおりました。



そのお弟子さん、どんな世界でも見ることができる人でした。



ですから時々いろんな場所を見ていたそうです。



この男性、ある日餓鬼道という場所を見てみたそうです。



餓鬼道というのは欲張りな人たちが生まれ変わっていく世界と言われています。



仏教では、命あるものは様々な世界を生まれ変わり死に変わると言われています。



その中のその中の一つが餓鬼道と呼ばれる世界です。



大変苦しい世界です。どんなにお腹が空いていても満足に食べることができません。



たとえ食べ物があったとしても、それを口に運ぶと食べ物が炎となって自分を襲ってくる。



そんな世界です。では、この餓鬼道でお釈迦様のお弟子さんは何を見たのかと言いますと、



実は一人の女性が大変苦しみながら餓鬼道の中をさまよっている姿なのです。



餓鬼道に落ちた女は髪の毛がまるで針のようになっており、餓鬼道を走り回るためにその針のような髪の毛が自分の体中に次々と刺さっておりました。



そんな苦しみに耐えながら女性は餓鬼道を一日中走り回ると、なんとか地面の上にある小さな水たまりを見つけることができます。



そして、その水たまりの中の泥水を飲むことができたそうです。



残念ながら水溜りが見つからない日もあります。



そんな日は1日走り回っても何にも飲むことができず、ただただ自分の髪の毛が体中に突き刺さる痛みに耐えなくてはならなかったのです。



お弟子さん達はお釈迦様に



「こんなに酷い姿になった女の人がいますが この人は一体何をしてしまったのでしょうか。」



と、聞きました。すると、



この女の人は餓鬼道に落ちる前、人間として暮らしていました。

あるひ、この女の人の家の前に修行僧がやってきて「水をください」と頼んだそうです。

女の人の家にはたくさんの水があったのに、「自分の水をあげるのはもったいない」と考えてしまい、地面にあった泥水をコップに入れてその上にきれいな水を入れて修行僧に渡したそうです。

この「あげたくない」という欲張りな心があったために、女の人は餓鬼道へ落ちてしまったのです。




この話しを聞いたとき、とっても怖いはなしだと私は感じました。


誰にでも「自分のものはあげたくない」という気持ちはあるはずです。


しかし、その気持ちがあると餓鬼道へ行かなくてはいけない・・・


みんな餓鬼道で苦しまなくてはいけないのか・・・


辛くなります。



では、どうしたら良いのでしょうか。


突然明日から、自分の大切な物を「はい、どーぞ」とあげることができるようになる人はいません。


持久走(マラソン)が早くなりたいと思っても、目が覚めたら早くなるわけではありません。


訓練が必要です。


マラソンが早くなるためには、やはり走る練習が必要です。


「あげたくない」という気持ちを無くしていくためには、やはり「あげる」練習が必要です。


その練習はどこでもできます。どんな練習があるのでしょうか。


単純なのは、


お菓子を食べようと思ったとき、周りに友達がいれば分ける。


という練習。


その他にも「お供えする」という練習もあります。


お菓子を手に入れたとき、すぐに開けて食べるのではなく仏壇にお供えしてお参りをした後に箱を開ける。


これも立派な練習です。お菓子をお供えした瞬間、このお菓子は自分のものではなく、仏様やご先祖様のものになります。


お寺でお参りをするときに「お賽銭」を入れることもあると思います。これも「あげたくない」という気持ちを無くすための練習です。


マラソンの練習をするときに、ある程度自分を追い込まなくては練習になりません。


しかし、追い込みすぎても体を壊してしまいます。


どのくらいの練習が自分の体に合っているか分からない時には、周囲の人にも教えてもらいながら練習量を少しずつ増やして「今、自分にできる精一杯」の練習をしていきます。



これと同じようにお賽銭も、周囲の大人に相談しながら「今自分にできる精一杯」をすることが、「あげたくない」という気持ちを無くすための練習になるのです。



もちろん、「あげたくない」という気持ちを無くすための練習はこれだけではありません。



いつでも、どこでも、「今自分にできる精一杯」を心掛けていくことの大切さを「餓鬼道に落ちた女」という話しが教えてくれています。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる