FC2ブログ

保育園の園児に伝えたこと 令和3年2月坐禅体験


東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児たちは毎月坐禅体験にやってきてくれます。


そんな園児たちに少しずつ仏教の言葉などにも親しんで欲しいという思いから、いつも話をさせてもらっています。


2月は節分の話しをしました。


以下、園児たちに話した内容です。


~園児たちは節分のときに豆まきなどをしていますが、その際に”鬼”からの手紙を受け取っています~





600 節分と観音山スライド1


節分にはみんなで豆まきをして鬼を退治しましたね。

なんで豆をまくか知っていますか?




600 節分と観音山スライド2

昔から「魔を滅する力が豆にはあるから、魔である鬼に豆をまく」と言われています。

だからみんなは魔と言われる鬼に豆を投げたんだね。





600 節分と観音山スライド3

そういえば、こないだの節分の前にも魔・鬼から手紙が届いていました。


覚えていますか。私はこの手紙はとってもすごい手紙だと思います。



600 節分と観音山スライド4


手紙の最後の部分、ここにすごいことが書いてあるのです。覚えていますか。

そう、「観音山の鬼より」と書いてありました!!






600 節分と観音山スライド7


観音山とはお寺の裏にある山です。



そんなに高さは高くありませんが、頂上にはみんなを見守って助けてくれる観音様が祀られている山なのです。


そして、この観音様を大切にお参りするために、毎月17日に和尚さんだけでなく、一般の方と一緒にお参りをずっと続けてきています。


そんな観音山に鬼が住んでいる!!


手紙を見て私はびっくりしました。


毎月1回はみんなで一生懸命お参りをしていても鬼が出てきてしまうのかと驚きもしたし、悲しかったです。


だからといって何もしないわけにはいきません。


観音山の鬼もやっつけなければいけません。


どうしたら良いのでしょうか?


やっぱり豆まきですね。


でも、それだけでは足りません。


どうしたら良いのでしょう?


実はその答えが手紙の中に書いてあるのです。




600 節分と観音山スライド10


「こころのなかに わしのなかまが いるのがみえるぞ」


と書いてあります。


そうです。




600 節分と観音山スライド12

鬼は観音山だけではなく、みんなの心の中にもいるのです。


だからこそ、みんなは節分のときに豆をまくだけでなく、豆を食べたと思います。


豆を食べて自分の中にいる鬼をやっつけたのです。



でも・・・


それだけでいい??


観音山はみんなで毎月お参りをしています。


毎月、きれいな心になるようお参りをしているのです。


でも、鬼が出てきてしまいます・・・






600 節分と観音山スライド13


そんなに強くてすぐに出てきてしまう鬼なのに、みんなは1年に1回だけの豆まき・豆を食べるだけでいい?


毎日豆まきする?


毎日豆食べる?


あまり現実的ではありません。


でも、豆をまかなくても・豆を食べなくても鬼を退治する方法を私たちは知っています。


それが坐禅です。


静かに坐って、姿勢を良くしてゆっくりと息をすると自然と心がきれいになっていきます。


心がきれいになれば、自然と鬼はいなくなってしまいます。


毎日豆をまくことは難しいものです。


しかし、姿勢を良くしてゆっくりと息をすることはできます。


豆をまけなくて、豆を食べられなくて心配になることもあるかもしれません。


しかし、実は静かに坐ることは豆まきと同じくらいすばらしいことなのです。


ぜひ、これからも静かに坐って自分の中の鬼を消し去って、観音様と手をつないで毎日の生活をしていきましょう!!

昔話シリーズ その16 舌切り雀

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。




600舌切り雀昔話

昔話シリーズ【16】 舌切り雀



知っているようで内容まで覚えていないのが昔話なのかもしれません・・・




舌切り雀のお話しは


優しいおじいさんと欲張りなおばあさん住んでいる。

ある日、ケガをしたスズメが優しいおじいさんに助けられます。

その後、スズメはおじいさんと仲良くなります。

そんなある日、スズメがおばあさんの洗濯のりを食べてしまいます。

おばあさんは怒ってスズメの舌を切ります。

スズメは怖くなっていなくなってしまいます。

いなくなったスズメをおじいさんが探します。

探しているうちにいつの間にかスズメの宮殿に到着。

スズメに優しく出迎えてもらい楽しい時間を過ごし、お土産をもらうことになります。


お土産は2種類あります。

大きな箱か小さな箱か選べます。

おじいさんは小さな箱を選びます。

小さい箱には宝物がいっぱい。

欲張りなおばあさんはおじいさんの話しを聞き、大きな箱が欲しくなります。

おばあさんはスズメの宮殿へ行って大きな箱を奪うように持ち帰るのですが途中で中身を見ると、お化けがでてきてしまう。




というお話です。



大きな箱を選ばずに小さな箱を選ぶ謙虚になることの大切さを説いているようにも感じます。


私はこの”箱”が、私達が普段から背負っている「煩悩」を表しているように感じます。


煩悩が大きくなればなるほど私達は身動きが取れなくなってしまいます。


だからこそ、坐禅をしたりお経を読むなど心を調えることで煩悩を捨てていかなければなりません。


そして、何よりも「自分が正しい」という思い込み捨てなければいけないことを“舌切り雀”の話しを教えてくれています。


おばあさんはスズメの舌を切ったのに反省することなくスズメの宮殿へと向かいます。


冷静に考えれば、舌を切られた相手が簡単に許してくれるはずがありません。


しかし、おばあさんは「悪いことをスズメに罰を与えてやったんだ。私は悪いことをなどしていない。むしろ良いことをしてやったんだ。」
と思い込んでいたのでしょう。


その思い込みこそが煩悩としておばあさんを苦しめる原因になったと考えると、欲張るお婆さんが苦しむ姿に学ぶことが多くあるのではないでしょうか。

昔話シリーズ その15 かさじぞう


この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。





600かさじぞう
昔話シリーズ【15】 かさじぞう



有名な「かさじぞう」ですが、調べてみると、話の流れは一緒ですが内容に細かい違いがあることもあります。




大まかな流れは

貧しい老夫婦が暮らしていた。

新年を迎えるための餅すら買うことができなかった。

おじいさんは、町に出て笠を売ろうとしたが売れなかった。

あきらめて雪の中家に帰ろうとする。

おじいさんは六人のお地蔵さまを見かけると、寒そうな様子を見て可哀想に思い、売り物の笠をかけてあげる。

おじいさんが家に帰って笠をお地蔵様にかけた話をしてもおばあさんは「良いことをした」と言って怒らない。

夜、老夫婦が寝ていると、家の外で音がする。
扉を開けて外の様子を伺うと、家の前に米や餅・野菜・魚などの様々な食料や小判などの財宝が山のように積まれていた。
老夫婦は、笠をかぶったお地蔵さまが去ってゆくのを見送る。



といったものです。



かさじぞうのお話しは大切な「布施」の心を教えてくれています。


布施【ふせ】とは仏教が大切にする見返りを求めずに誰かのために一生懸命何かをすることです。


”見返りを求めない”ということはとても難しいことです。




私達は

「何かしてもらったら ありがとう とお礼を言いましょう」

と教えられることが多くあります。



だからこそ、何かをしたのに「ありがとう」と言ってもらえないと「あいつは失礼な奴だ」と怒ってしまいます。


これでは「布施」ではありません。なぜ怒るのかと言えば、何かをしてあげたのだから「ありがとう」というお礼を求めてしまっているのです。


求めているのにもらえないから怒ってしまうのです。



“かさじぞう”の話しに出てくるおじいさんは見返りを求めるどころか、迷いや悩みもないように感じます。



雪が降る中でお地蔵様を見たときに


「笠をかけようかな?」


という気持ちになっても、


「そんなことを自分がしても良いのか!?」


「余った笠で失礼にならないか」


「お地蔵様と言っても石なんだからほっとけばよい」


などと考えてしまいます。

しかし、このような問題に正確な答えなどありません。


だからこそ、自分の心の中にある正しい答えに気がつかなければいけません。







心の中にある正しい答えに気がつくためには、余分なものを心の中からどかさなければなりません。


その方法のひとつが坐禅であり・読経です。


坐禅をして読経をした際に出現する、かさじぞうの主人公のおじいさんのように自分の中にある心に従って素直に行動できる人間になりたいものです・・・

昔話シリーズ その13 おむすびころりん

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。



600豆知識シールおむすびころりん


昔話シリーズ【13】 おむすびころりん




恥ずかしながら「おむすびころりん」について私は「おむすびが転がった話し」という認識しかありませんでした。


それ以上の話しは知らず大人になってしまったことを今は後悔しています。






「おむすびころりん」の話しは

心優しいおじいさんが畑の仕事の合間におむすびを落としてしまう所から始まります。


おむすびはコロコロ転がって穴の中へ、おじいさんも一緒に穴に落ちてしまいます。


しかし、この穴はただの穴ではなく驚くことに奥に明るいネズミの宮殿があったのです。


転がってきたおむすびにネズミたちは大喜び。


転がしてくれたおじいさんを温かく出迎え、最後には御礼(宝物)まで持たせます。


この話を聞いた欲深い隣のおじいさんも御礼が欲しくなっておむすびを持って同じ場所へ。


おむすびを穴の中に投げ込み、自分も入ります。


そこには、ネズミたちがいるのですが御礼の品(宝物)が欲しい欲張りじいさんはネズミを追い払って宝物をいただこうと考えます。


そこで、よくばり爺さんはネコの鳴きまねをしました。ネコが来たと驚いたネズミたちは慌てて逃げていきますが、その際にネズミ達は見つからないように灯りを消して逃げたのです。


すると穴の中は真っ暗になってしまいました。


よくばり爺さんは、真っ暗な穴の中から出ることができなくなってしまいました。




というお話です。






仏教の言葉に自灯明【じとうみょう】という言葉があります。


自灯明には自分自身を拠り所にするという意味があります。


拠り所となる「自分自身」とは「悟り」とも表現される、「こだわりのない仏様の心」だと表現することができます。



「おむすびころりん」の話しの中で、おむすびが転がって入った穴の中の明るさや様子は、その人の心の明るさ、自灯明を表しているように感じます。


宮殿こそ私達の心であり、欲を出さず素直に入っていけば明るいままです。しかし、欲を出してしまえば自分自身が灯りを消してしまい迷い苦しんでしまいます。


灯りを点けたままにするのか消してしまうのか。全ては自分次第だということを改めて伝えてくれている話なのかもしれません。

昔話シリーズ その11 亀の甲羅

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。



600【昔話】11


昔話シリーズ【11】 亀の甲羅




私は、この話を幼少期に聞いた記憶はありません。


自分の子供へ読み聞かせをするときに出会った話です。



話しは以下の通りです。


亀の甲羅がツルツルだった頃の話しです。(もちろん想像の世界です)

亀は空を飛んでみたくて鳥に

「ボクも鳥さんみたいに空を飛びたいな」

と話しました。すると鳥は仲間の鳥と協力をして亀を飛ばしてくれることになりました。

鳥は亀に

 「そこにある棒をしっかりくわえて下さい。どんなことがあっても、決してしゃべってはいけませんよ。しゃべれば地べたに落ちますよ」

と言いました。亀は喜んで棒を加えると、鳥たちもその棒を加えて空へ飛んだのです。

亀は空を飛べて大興奮。喜びの声を出したいのですが我慢をしていました。


そのとき、亀が鳥と空を飛んでいることに気がついた近くで遊んでいた子供が

「亀が空を飛んでいるなんておかしい!!」

と言ったのです。

亀は思わず

「おかしくないぞ!!」

と声を出してしまったのです。

すると亀は棒から離れて、地面に落ちてしまったこと。

 それから、亀の甲羅には、あっちこっちひびが入っているそうです。
 



というお話です。



単純に、亀が我慢することができなかったから甲羅が割れちゃったというものではないと思います。


亀はなぜ落ちてしまったのでしょうか。


それは周囲の声に惑わされてしまったからです。


私はこの話に出てくる鳥は仏様、亀は私達を表しているように感じます。


鳥の力を借りて空を飛ぶ姿は、私達が仏様の教えと共に悟りの空へと上がっていく様子を表していて、周囲の声に惑わされてしまい地面に落ちる亀の姿は、坐禅などに一生懸命取り組んでいたのに、「あれ、今頃他の友達はまだ寝ていたり遊んだりしているのに私は何をしているのだろう。」と他のことを考えて集中しきれず迷い苦しむ私達の姿を示しているように感じます。



亀は周囲の声に惑わされなければ空を自由自在に飛び回れたように、私達も坐禅をするときには坐禅だけに集中し、お経を読むときにはお経にだけ集中する。


そうやって、今、自分の目の前にあることに懸命に取り組むことの大切さをこのお話は教えてくれているのではないでしょうか。



600昔話シリーズ11 豆知識シール
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる