子供に坐禅会で話したこと 第253番 迦葉童子





子供坐禅会(平成29年春休み:テーマは涅槃図)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

涅槃図シリーズ その11 【迦葉童子:かしょうどうじ】

です。



500仏教豆知識シール253 迦葉童子




東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・




 ※以下の内容は子供向けに話したものです。





お釈迦様が亡くなる時の様子を描いた図を「涅槃図」と言います。




この涅槃図の中には「子供」も描かれています。




それが、迦葉童子【かしょうどうじ】です。




迦葉童子は十二歳の子供ですが、お釈迦様が亡くなる直前の最後の教えを聞き、悟りを開いたと言われています。




私は涅槃図に子供が描かれていることに意味があると思います。




「修行」という言葉を聞くと多くの人は「大人がすること」と感じるかもしれません。




しかし、「修行」とは、自分自身を成長させることですので、決して大人にならないとできないわけではないのです。




今、自分にできることを精一杯がんばることが大切です。





「子供でもできる!」、「子供でもやっていいんだよ」と言われると、なんだか優しい言葉をかけてもらった気になります。しかし、実は優しさの中にある厳しい言葉だと私は思います。




今できることを、今やらなければ、後から後悔することになる。





皆さんも経験があるのではないでしょうか。




私もそんな経験をたくさんしてきました。




あのとき、もっと勉強をしておけばよかった、あのとき、もっと練習しておけばよかった




そんな後悔ばかりでした。





涅槃図の描かれている迦葉童子はお釈迦様が亡くなる前に説いた最後の教えを後々まとめて、1つのお経を完成させていきます。



幼い子供に聞いたばかりはお経にまとめることはできません。




しかし、聞くときに一生懸命聞き、やがてまとめることができる程に成長をしたらまとめる。




今できることを精一杯がんばること




を実践したのが迦葉童子であり、涅槃図の迦葉童子が教えてくれていることだと思います。


子供に坐禅会で話したこと 第252番 老女



子供坐禅会(平成29年春休み:テーマは涅槃図)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

涅槃図シリーズ その10 【老女:ろうにょ】

です。



東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・


 ※以下の内容は子供向けに話したものです。

500仏教豆知識シール252 老女




突然ですが問題です。




金メダル・銀メダル・銅メダル




1位になったらもらえるの何メダル??




そう、金メダルです!!




では、金・銀・銅 値段が一番高いのはどれ??




そう、金です!!




何で、金は高いのでしょう??




美しいから??




確かに金はきれいですね。でも、銀も銅も金に負けないくらいきれいです。




では、なぜ昔から金が人気なのか。




それは、まず多く取ることができないこと。




それから、金銀銅のなかで一番変化しにくいからです。




金 銀 銅 を置いておくと、金は金色のままあまり変化をしませんが、




銀は黒くなったり、銅はさびて緑色になったりします。




当然さびれば壊れやすくなってしまいます。




金は汚れや変化に強く、さらに加工しやすいため昔から大切にされてきました。




お寺に金色のものがあるのを見たことがあるかと思いますが、



金 = 変化しなし = 仏教の大切な教え




という考えなどから、お釈迦様の教えが長い間伝わり続きますようにとの願いも込めて金を使っています。





さて、お釈迦様が亡くなる時の様子を描いた図である「涅槃図」でもお釈迦様は金色に輝いています。




しかし、涅槃図でも確認することができないのですが、実はお釈迦様の足(金色)には変色している部分があるそうです。




このシミは老女【ろうにょ】の涙によって変色したと言われています。




老女は百歳にもなる女性であり、お釈迦様をお参りしようとやってきたのですが、供養の品を持っていないことを悲しみながらも、これからも一心にお釈迦様を拝むことを誓い、心をこめて足をさすりながら涙を流したそうです。




相手の足を洗ったり、温めたりと、大切にすることは、相手のことを尊敬し大切にしていることを表します。




このときの涙がお釈迦様の御足を濡らしたそうです。





変化をすることが少ないはずの金を変色させてしまうほどの涙には多くの思いが詰まっていたのでしょう。




この涙の跡を目にしたお弟子様達は、大変感動したとの話しも残っています。





当時のインドでは男性と女性に大きな壁がありました。しかし、お釈迦様のお弟子様は老女だけでなく女性のお参りも分け隔てなく許したと言われています。




男性だから、女性だからといった差別がないのも仏教の特徴の一つです。年をとった女性が分け隔てのないお参りする姿を涅槃図に描くことで、誰にでも、いつでも、いつからでもお釈迦様の教え大切にしていくことができることを示しているのかもしれません。

子供に坐禅会で話したこと 第251番 阿那律


子供坐禅会(平成29年春休み:テーマは涅槃図)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

涅槃図シリーズ その9 【阿那律:あなりつ】

です。







東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・



500仏教豆知識シール251 阿那律

 ※以下の内容は子供向けに話したものです。





お釈迦様が亡くなる時の様子を描いた図を「涅槃図」と言います。 




この涅槃図には多くお釈迦様のお弟子様が描かれています。




その中の一人が阿那律尊者【あなりつそんじゃ】です。




実はこの阿那律尊者は目が見えません。




お釈迦様が話をしているときに居眠りをしてしまったのです。




もちろん、お釈迦様に見つかって注意をされました。




皆さんで言えば学校の授業中に居眠りをして先生に見つかって怒られたようなものです。




私がもしも学校で居眠りを注意されたら




「あ、ごめんなさい!」




とは言うものの、あまり反省をせずに同じ失敗を繰り返してしまいます。




しかし、阿那律尊者は全く違います。




二度と居眠りをしないことを誓ったのです!!つまり、もう寝ないと決めたのです。




学校ならば 居眠りをしなくても、毎日家に帰ってくるので、ゆっくり眠ることができます。




しかし修行ではそうはいきません。修行には学校みたいに終わりの時間がありません。




そのため、この厳しい修行によって目が見えなくなってしまいます。しかし、心の目を開かれたと言われているのです。



心の目とは何でしょう?



それは、正しくものを見る目です。




分かりにくいですよね・・・




言い方を変えると、間違えることなく見ることができるようになったのです。




例えば、嘘をついている人がいたときに、どうしてもだまされてしまうときがあります。




そんな時も相手が本当のことを言っているのか、嘘を言っているのかがわかるのです。




そんな心の目を開いた阿那律尊者はお釈迦様が亡くなったときに大きな働きをします。




それは、シールにも書いてあるように




「お釈迦様が亡くなったことを見極めて葬儀を取り仕切った。」 




のです。



お釈迦様が亡くなった時に、みんなが泣いて悲しみました。



とても何かできる状態ではありません。



お釈迦様の教えを聞き続けた阿難尊者【あなんそんじゃ】も、



動けなくなってしまった弟子の1人です。このままではお釈迦様の教えが広がらないと考えた阿那律尊者は





「たとえお釈迦様が亡くなっても、その教えは消えて無くなることはなく、多くの人を助けていく。私たちが頑張ってお釈迦様に教えてもらったことを、みんな教えていこう」




と倒れている阿難尊者に話し、阿難尊者はその言葉で元気を取り戻して、動き出したのです。




ですから、阿那律尊者がいなければ仏教、つまりお釈迦様の教えは広がることはなかったのです。




私達は、誰かが亡くなると、亡くなった人と2度と会えなくなってしまうと感じます。




しかし、阿那律尊者のように正しく見ることができれば




「体は無くなってしまうが、亡くなった方と心の中でいつでも会うことができる」




と分かるのです。




では、みんなが心の目を開くにはどうしたら良いのでしょうか?




やっぱり寝ない!!?



それは、難しい・・・



心の目を開くには やっぱり、坐禅ですよね。



心の目を開くには心を落ち着けることはとっても大事なことです。



ですから、みんなも心の目が開けて、正しく見ることができるようになるまでぜひ坐禅を続けていってください!!

子供に坐禅会で話したこと 第250番 力士



子供坐禅会(平成29年春休み:テーマは涅槃図)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

涅槃図シリーズ その 【力士:りきし】

です。



東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。


500仏教豆知識シール250 力士

自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・


 ※以下の内容は子供向けに話したものです。






お釈迦様が亡くなる時の様子を描いた図を「涅槃図」と言います。




この涅槃図の中に貴金属をつけている人がいます。




漢字で力士と書いて「りきし」




と読みます。そのままですね。




でも、お相撲さんではありません。




力士はお釈迦様が亡くなったクシナガラに昔から住んでいた人達です。




彼らはお釈迦様が教えを伝える旅の途中クシナガラにやってくることを知り大変喜びます。



そこで、お釈迦さまやたくさんの御弟子様たちが通れるように道を整備するほどでした。




そんなにも大歓迎をした御釈迦さんがクシナガラで亡くなることを力士たちが知ると、



御釈迦様に健康を取り戻してもらい、これからも教えを説いてほしいと願い出ます。




しかし、その願い聞き入れてもらうことはできませんでした。




御釈迦様が亡くなれた後、力士たちは御釈迦様の葬儀のために力を尽くしたそうです。





そんな、涅槃図に描かれた力士から私達は何を学んだらいいのでしょうか。




1つは、誰しもがいつかは亡くなっていく事実。どんなに願おうとも命あるもの必ず亡くなるとき来ることを伝えてくれています。




そしてもう一つが、誰でも、いつからでも仏教を学ぶことができる、仏教徒になることができるということです。




力士は多くの貴金属をつけるなど、少し変わった格好で描かれます。今も世界中どこへ行ってもみんなが同じ格好をしているわけではありません。それぞれの地域によって独特の格好があり、姿や形にも特徴があります。




涅槃図に描かれている人々にも力士のように特徴的な姿を描く場合がありますが、これこそが仏教の平等性を説いた姿だと思います。



町をあるいて、他の国の人が歩いてくると少しビックリませんか。


同じように違う国へ行ったら相手がビックリします。


でもビックリをした相手にも僕らと同じ「いのち」があります。


人はついつい、そんな大切な事を忘れてしまうことがあるのです。


忘れたときに起こるのが争い事です。


違う考え方をしているから殴ってもいい。


見た目が少し違うから殴っていい。


話し方が僕らと違うから殴っていい。


落ち着いて考えれば、そんなの間違っていると気が付くのに、心がモヤモヤしているとできてしまうのが人間です。





涅槃図では見た目が違っても、その命を、「自分の命と他人の命」といったふうに区別することなく大切にしていって欲しいという願いを「力士」に込めて描いているのではないでしょうか。

子供に坐禅会で話したこと 第249番 阿難



子供坐禅会(平成29年春休み:テーマは涅槃図)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

涅槃図シリーズ その7 【阿難:あなん】

です。


500仏教豆知識シール249 阿難

東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・


 ※以下の内容は子供向けに話したものです。



お釈迦様が亡くなる時の様子を描いた図を「涅槃図」と言います。 




今回は、涅槃図の中に書かれている人の中でもかなり有名な人を紹介します。




どんな涅槃図にも必ず登場する大切な方です。




その方の御名前は阿難【あなん】です。




お釈迦様の教えを最もよく聞き、全てを覚えたお弟子様と言われています。




お釈迦様の話しが好きで好きでたまらない人だったのです。




どれくらい好きかが分かる話が残っています。





あるとき阿難は病気になり背中を手術しなくてはならなくなりました。

しかし、当時の医療技術は今とは比べ物になりません。当然麻酔もありません。

つまり背中を切ったりするときも暴れないように誰かに抑えてもらい手術するのが一般的でした。

しかし、彼は違います。手術中にお釈迦様の教えを聞くことで麻酔の代わりにしようとしたのです。

彼は、その後手術をするのですが、お釈迦様の話しを聞くことができることに大変喜び、背中を切られたことに気が付かなかったそうです。






しかし、いつかはお別れの時が来てしまいます。


大好きなお釈迦様が亡くなってしまったので、阿難は悲しみのあまり気を失ってしまいます。


そこで別の御弟子さんが阿難を介抱しながら




「お釈迦さまは亡くなっても、教えがある。

 教えが残っているではないか。

 この教えで人々を救っていこうじゃないか」





と言われ正気に戻った。とのことです。





その後、阿難はお釈迦様の教えをできるだけ多くの人に伝えるために、教えてもらったことを「お経」という形にして人々に伝えていったのです。





大切な人を亡くしたら誰でも悲しいことです。

しかし、大切な人が死んでしまったからと言って「もう会えないなんて悲しいなぁ」とだけ悲しむのではなく、

大切な人を自分自身が心の中で思い出すことで、永遠の別れではなく、反対に大切な人が自分の中で生き続けていることを涅槃図の阿難を見て感じてくれるとうれしいです。
 



ちなみに、この阿難と言う御弟子様は涅槃図で必ず登場します。さらに、阿難は美男子だったそうです。


今でいうとイケメンです。ですから、涅槃図を見るときには「シュッとした感じ」のイケメン和尚を探してみてください。きっと涅槃図の中央付近に描かれていると思います・・・

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる