クリスマスに「布施」と「貪り」を説く、空気の読めないお坊さん

500坐禅体験1712131



毎月、東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある保育園の園児たちが坐禅体験に来てくれます。



500坐禅体験1712132



今月は12月ということで成道会【じょうどうえ】の話しをしようかとも思いましたが、成道会のお参りは先日してくれているので、



「これから楽しみなことがあるね。」



と子供達に話しかけてみました。すると、子供達は嬉しそうに



「そうだよ、もうすぐクリスマスだ!!」



と嬉しそうに話します。そこで子供たちに



「クリスマスって何の日か知ってる?」



と聞いてみました。すると、園児達は



「サンタさんがプレゼントを持ってきてくれる日!!」



というのです。そこで私は



「クリスマスって誰かの誕生日だよ!誰の誕生日か知ってる?」



と聞くと全員がわからないと答えたのです。毎年12月にはクリスマスは何の日と聞いてきましたが全員が



「わからない、誰の誕生日かわからない。」



と答えたのは初めてのことだったので驚きました。そこで



「イエスキリストの誕生日だよ」



と言ったのですが子供達はぽかんと口を開けて



「イエスキリスト??誰それ??」



と言ってきます。園児達には



「こないだ成道会はお釈迦様が悟りをひらいた日だったよね。お釈迦様がみんなが幸せに生きていく方法に気がついた日だったよね。でもね、みんなが幸せに生きていく方法に気がついたのはお釈迦様だけじゃないんだよ。その1人がイエスキリストと言う人なんだ。」



と話しました。さらに、園児達にはプレゼントに関する話しもしました。



「仏教には布施【ふせ】という言葉があります。貪り【むさぼり】という言葉もあります。


布施というのは誰かのために、今できることを一生懸命すること。


貪りというのは、あれも欲しい、これも欲しいと、どんどんどん欲張って行くことです。


欲しい、欲しいと欲張ってしまう貪りを続けると、その先には地獄が待っています。地獄のような苦しい世界が待っています。しかし、誰かのために一生懸命何かをすると、みんなが幸せに暮らしていけると仏教では言われています。


じゃあクリスマスの時にプレゼントが欲しい。あのプレゼントも欲しい、このプレゼントも欲しいと言っているのは布施なのか貪りなのか、どちらでしょう。


サンタさんがプレゼントを持ってきてくれることをうれしく思う気持ちはよくわかります。しかし、あれも欲しい、これも欲しい、来年はもっといいものが欲しい、そのようにどんどん欲望積み重ねてしまうのが貪りであります。


それよりも、クリスマスはイエスキリストという方の誕生日だと知り、お誕生日おめでとうございますと心から言える、相手にありがとうございます、おめでとうございますと自然に伝えることが、みんなが幸せに生きていくための近道なんだということをぜひ覚えておいてください。」



このような話をすると子供達は



「はい!」



と大きな声で返事をしてくれました。

サンタクロースと布施の心

500上手い棒と駄菓子1


うまい棒(駄菓子)がこの話しの中心になります。



布施の心を結婚式の2次会で見ることができました。



知人の結婚式の2次会に出席したときの話しです。



その2次会は、様々な企画が用意されているような、飲んで騒いで楽しむ2次会ではありません。



街中の、少しおしゃれなお店で食事をしながらお酒を飲みながら、披露宴を終えた新郎新婦を囲む2次会でした。



参加者は15名ほどで、個室ではなく一般のお客様もすぐ近くで食事をしたり、楽しくお酒を飲んでいました。



その2次会でビンゴゲームをすることになりました。



ビンゴになったら



「ビンゴ―!!!!」



と周囲の迷惑になるように叫ぶこともなく、静かに楽しくビンゴをしていました。



このビンゴゲームの様々な景品の中に



「サンタセット」



がありました。



サンタクロースの衣装と、大きな袋に入ったプレゼントです。



衣装を着て、袋を担げばすぐにサンタクロースになれるのです。



大きな袋には、驚くべき量の駄菓子が入っています。



その数・・・



なんと・・・



うまい棒 500本



1本では小さな「うまい棒」ですが500本になるとすごく量が増えます。



500上手い棒と駄菓子2



90ℓのビニール袋(一般的な大きなゴミ袋の2倍)2杯分です。



サンタなれるのは楽しいかもしれませんが、持って帰るのも少し大変な量です。



ビンゴゲームは順調に進み、とうとうこの「サンタセット」を受け取る人が決定しました。



もしも私が当たっていたら、



「うれしいけど、この量は持って帰るのが大変だ!」



など悩んでしまって、なかなか行動を起こすことができなかったと思います。



しかし、受け取った方に迷いはありませんでした。




その方は

1 商品を受け取る

2 サンタの衣装を着る

3 お菓子がたくさん入った袋を担ぐ

4 お店の人に許可をもらう

5 お店にいた他の席の人々の所に言って、少し話をしてお菓子を配布する

6 ほぼ全員にプレゼントを渡し終えて、席に戻る




ということをしたのです。人見知りの私にはなかなかすることができないことをサラッとやってのける、行動力に感動をしました。




そして、当然のサンタクロースの訪問と駄菓子のプレゼントにお店にいた人たちも初めは驚いていましたが、みなさん笑顔で受け取られていました。



やがて、新郎新婦は別の会場へ移動しなければならない時間になったとき、サンタクロースが立ち上がりお店の中に響き渡る声で



「お楽しみの所失礼します。さきほどお話をさせていただいた新郎新婦が退席をします。どうぞ、暖かい拍手をお願いします。」



と言ったのです。するとお店にいてプレゼントを受け取った方々が笑顔で



「おめでとうございます!」



など、様々な祝福の言葉と共に拍手で新郎新婦を送り出してくれたのです。



それまで何の御縁もない見ず知らずの人達が、あっという間に仲間となって新郎新婦を祝福する光景に驚くとともにとてもうれしい気持ちになりました。




当たり前のことですが、ビンゴゲームの景品は当たった人のものです。



しかし、「サンタセット」が当たった方は景品を自分のものにしなかったのです。



小さな子供もいる方ですので、なかなか見ることがない大量のうまい棒を持って帰れば子供も喜んだかもしれません。



しかし、この方は迷うことなく、周囲の人たちに景品を配ったのです。



さらに、景品を受け取った人達に、新郎新婦へのお祝いの言葉までお願いをしていたのです。




人は誰かにプレゼントをしたときに、「ありがとう」と言ってもらえれば喜びますし、言われなければ少し腹をたててしまうこともあります。



なぜ、腹をたてるのかと言えば「見返り」を知らず知らずのうちに求めてしまっているのです。




仏教には「布施【ふせ】」という大切な修行があります。



見返りを求めず、誰かの為に自分ができることを精一杯することが布施行です。




サンタクロースになった方の行動も立派な「布施行」だったように感じます。



その布施行があったからこそ、私達のグループとその他のグループの間にあった壁が崩れ、みんながひとつとなることができたのだと感じました。

1日遅れの仏教の誕生日

500少し早めのクリスマスケーキと少し遅めの成道会


12月9日、クリスマスケーキをいただきました。



「クリスマスには少し早いなぁ。」



と感じるとともに、



「せっかくなら、1日遅くなったけど仏教の誕生を祝うケーキとしていただこう!!」



と考えて見ました。





「仏教 誕生」という言葉を聞くと



お釈迦様が産まれた4月8日を想像する方が多いかもしれません。



しかし、お釈迦様は生まれながらに「仏様:ブッタ」になったわけではありません。



仏様(ブッタ)とは悟りをひらいた人を示す言葉ですので、




4月8日に誕生したのはお釈迦様であり、お釈迦様が悟りをひらかれて仏様(ブッタ)になられたのが12月8日と言われています。




ですから、お釈迦様の誕生日は4月8日ですが、仏教の誕生日は12月8日だとも言えるのです。




東光寺(静岡市清水区横砂)でも、12月8日に世界中の仏教寺院と同様にお釈迦様が悟りをひらかれたことを祝う成道会【じょうどうえ】の法要を行いますが、ケーキはお供えをしたり、食べていませんでした。




ですから、12月9日にケーキをいただいたとき、




「早すぎるクリスマスケーキとして食べるのではなく、1日遅れの仏教の誕生日ケーキとして食べさせていただこう!!」
と考えたのです。





・・・しかし、よくよくケーキを見てみると merry Christmas(メリークリスマス)と書いてありましたので素直にクリスマスケーキとしていただきました。

落ち葉を見て、キレイと思うか掃除が大変と感じるのか・・・・

落ち葉が多く、掃除が大変だと感じる今日この頃、皆様いかがおすごしでしょうか。



500落ち葉いちょうと本




読んでいた本から葉っぱが出てきたらどう思うのでしょうか?


私の場合


「あ、葉っぱだ。いらないや」


と何も考えずに捨ててしまうかもしれません。


人によっては


「なんでゴミが入っているんだ」


と怒るかもしれません。




先日、




 古い本にはイチョウの葉が挟まってることがたまにあります。

 栞(しおり)代わりという事もあるけれど、イチョウの葉には防虫効果があるからです。

 前の持ち主が大切にしていた証でもあるので、買った本に挟まっていたらその事を思い出して貰えると嬉しいです。






という投稿(ツイート)が話題になっていると知りました。



イチョウには防虫効果があり、本を大切にする思いも挟まっているそうです。




本にイチョウが挟まっていたときに



「あ、この本が大切にされていた証だ」



と気がつくことができれば、暖かい気持ちで過ごすことができます。



その為には少しの知識と、調った心が必要です。



未熟者の私のように


「あ、葉っぱだ。いらないや」


と葉っぱを捨ててしまったり、


「なんでゴミが入っているんだ」


と怒ってしまったり、


少しの知識があっても心がフラフラして、知識と目の前の現実が結びつかなければ


せっかくの葉っぱとの御縁を無駄にしてしまいます。






自転車のタイヤがどちらか一方でもパンクをすれば走りづらくなり、自転車の持っている力を出し切ることはできません。


知識と心が自転車の両輪だとするならば、


知識と心のどちらか一方でも不完全の状態では、自分自身の持つ力を活かしきることはできません。




紅葉を見て、キレイだと感じるか掃除が大変と感じるのか。


本に挟まったイチョウを見て、大切にされていると感じるかゴミが入っていると感じるか。


どちらも自分自身の心が決めていることであり、自分の心を動かすのは自分自身です。



もちろん、自分の心を調えるためにはやっぱり


1日1度は静かに坐って 身と呼吸と心を調えましょう 【臨済宗妙心寺派生活信条】


と、あるように姿勢を正して呼吸を調える時間が必要です。



「落ち葉が多く、掃除が大変だ」



と感じる私に、今一番必要なのは1日1度静かに坐る時間かもしれません・・・・

畳が必要だと言う思い込み

5001瑞泉院1712042


大変にありがたい御縁に恵まれて、岐阜県岐阜市の瑞泉院様(臨済宗妙心寺派)を訪ねることができました。

(瑞泉院様について詳しくはホームページご覧ください)




瑞泉院様の本堂は今年(平成29年)の6月に落慶されたばかりの新しい本堂です。




本堂を拝見させていただいて驚きました。




畳が敷いてないのです。




全て板張りです。




5001瑞泉院171204




どこから見ても畳は敷いてないのです。




唯一の畳は、イスにも見える(法事の際にはイスとして使われる)坐禅をするための場所だけです。




本堂内の段差もほとんどなく、車いすの方用の専用の入り口も別に作り、車を本堂の真横まで横付けし入ってこられるように設計されていました。




大変美しく、すっきりとした印象のある本堂は、お参りする方、坐禅をする方など多くの方のことを考えて作られていることを知り、感動すると同時に「本堂には畳が必ず必要」という思い込みが自分の中にあったことに気づかされました。

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる