FC2ブログ

自己紹介やお知らせなど 【固定記事】

【東光寺の行事について】
※コロナウイルスの影響を考慮し、行事等の方法に多くな変更がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
 
【仏教豆知識シールの郵送について】
オンライン坐禅会開催にともない、みんなの坐禅会(子供坐禅会)で参加者に配布している坐禅手帳と仏教豆知識シールの郵送を始めました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。


【自己紹介】
氏名:横山友宏 

東光寺 副住職 (静岡市清水区横砂)
袖師保育園事務職員

昭和54年(西暦1979年)誕生。高校まで静岡で過ごし科学にはまって理学部 物理学科卒業。科学の楽しさを伝えたくなり公立中学校勤務(理科担当 時々技術 部活は卓球部顧問)。その後いろいろあって現職です。

※自己紹介はこちらの記事で詳しくさせていただいています


【開催案内】
600オンライン坐禅会 ロゴ作成等 誰かと一緒 160ホームページ ブログ ボタン セノバ 朝日カルチャ 正方形 600オンライン坐禅会 ロゴ作成等5



【まとめ】オンライン坐禅会の開催方法


オンライン坐禅会の開催方法





臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会に私も微力ながらお手伝いをさせていただいています。
※臨済宗青年僧の会のホームページ(オンライン坐禅会)について詳しくはこちらをご覧ください。




これまでオンライン坐禅会を開催してきて感じたことなどを、ブログに書いてきましたので、それらをここにまとめておきます。

オンライン坐禅会を開催している僧侶の数だけ開催方法があるかと思いますが、「あ、こんな方法もあるんだ!」と気楽な気持ちで御覧いただければ幸いです。







【方法1:ノートパソコンとモニターを使う方法】
『初めてのオンライン坐禅会で感じた「距離」』
初めてオンラインで坐禅会を開催したときに感じたのはカメラと自分の距離感の難しさです。
使っていないテレビを使って挑戦した様子をまとめました。
600オンライン坐禅会 会場図 初めてのオンライン坐禅会モニター
『そのときの記事はこちらです』






【なぜきれいな映像を求めるのか】
『そもそもなぜ映像のきれいさを求めるのか』
その後、様々は方法でオンライン坐禅会を開催しました。
その際に意識したことは「きれいな映像を届けたい」ということでした。
600オンライン坐禅会20210330
『そのときの記事はこちらです』






【方法2:スマートフォンのWebカメラとして活用】
モニターとしてテレビを使いましたが(方法1)、その際に
「常設なら良いかもしれないが、本堂にパソコンやモニターを常設することはできない・・・」
感じて別の方法を模索しました。
その際に試したのがスマートフォンをWebカメラとして使用する方法です。
600オンライン坐禅会 会場図スマホとパソコン
『そのときの記事はこちらです』








【方法3:スマートフォンのWebカメラとして活用 その2】
パソコンとスマートフォンを接続して使用したところ、操作性など良い面がたくさんありましたが、映像の劣化など、まだ改善点があると感じましたので、スマートフォンだけでオンライン坐禅会を開催してみました・・・
600オンライン坐禅会 会場図3
『そのときの記事はこちらです』




【方法4:ビデオカメラを使ってオンライン坐禅会の映像を配信】
『新しい機械で、古い機械を有効活用する方法』
様々な方法を模索する中で「餅は餅屋」というように、映像はビデオカメラを使った方が良いのではないと考えるようになりました。そこで、10年ほど前のビデオカメラを使ってオンライン坐禅会の様子を映し出す方法を試してみました。
600オンライン坐禅会 会場図4
『そのときの記事はこちらです』







【方法5:USBケーブルで接続するカメラを使った場合】
オートフォーカス機能のついたWebカメラを使ってみてビデオカメラを使った場合と何が変わるのかを比較してみました。
600オンライン坐禅会 会場図 WEBカメラ
『そのときの記事はこちらです』








【照明器具は必要か!?】
オンライン坐禅会を開催したときに、「光」について考えなければいけない事案が発生しました。フリッカー現象とも呼ばれる画面のちらつきが発生することがあったのです。
この問題も解決して、よりよい映像を配信するために照明器具を準備しました。
600オンライン坐禅会照明装置
『そのときの記事はこちらです』







【参加者がどう見えているのか確認する方法】
オンライン坐禅会を開催した際に、自分が発信している動画が参加者にはカクカク動く動画になって伝わっていることがありました。そこで、参加者にどのように私が配信した映像を見ているのか確認できるようにしました。
600オンライン坐禅会中日新聞202103213
『そのときの記事はこちらです』








【そしてオフラインとの融合】
これまで試してきた方法や道具を活用してお寺で行う坐禅会(東光寺みんなの坐禅会・子供坐禅会)とオンライン坐禅会同時に開催しました。
「お寺に来て世界中の人達と坐禅、世界のどこにいてもお寺にいるような気持で坐禅」
そんな気持ちになれる坐禅会を目指したときの機器の様子です。
600オンライン坐禅会 会場図
『そのときの記事はこちらです』





【オンライン坐禅会を開催しながら感じる「離れた場所にいる仲間のありがたさ」】
臨済宗青年僧の会のオンライン坐禅会は坐禅会を担当する僧侶だけではできません。
遠くに仲間がいるからこそ、無事に開催できています。
・・・こんなことを言っても「精神的」な話しではなく、「機械的」な話しです。
60000000オンライン坐禅会 zoom用ロゴ
『そのときの記事はこちらです』


昔話に学ぶ【仏教豆知識シール】 まとめ

これまでに紹介した昔話に学ぶ【仏教豆知識シール】の一覧です。


画像をクリックしていただくと記事をご覧いただけます。



600昔話し1
1 花咲か爺さん




600昔話し2
2 金太郎




600昔話し3
3 ツルの恩返し




600昔話し4
4 海の水はなぜからい




600昔話し5
5 田植え地蔵




600昔話し6
6 河童のお礼




600昔話し7
7 天狗の隠れ蓑




600昔話し8
8 宝の下駄




600昔話し9
9 猫のおかみさん




600昔話し10
10 キツネが笑う




600昔話し11
11 亀の甲羅




600昔話し12
12 桃太郎




600昔話し13
13 おむすびころりん




600昔話し14
14 浦島太郎




600昔話し15
15 かさじぞう




600昔話し16
16 舌切り雀

八正道 【はっしょうどう】まとめ

500仏教豆知識シール234 八正道【0】八正道



お釈迦様は苦を滅し、理想を実現するためには、8つの正しい道を修行することが大切であると説かれました。


これを八正道【はっしょうどう】と言います。


以前、子供坐禅会で配ったシールを使って記事を書きましたが、まとめたページを作っていなかったことに気がつきましたのでまとめたページを作成します。

それぞれの画像をクリックしていただければ、各記事へと移動をすることができます。





苦を滅する8つの正しい実践 八正道【はっしょうどう】 


その1 正見【しょうけん】 
500仏教豆知識シール235 八正道【1】1正見



その2 正思【しょうし】
500仏教豆知識シール236 八正道【2】2正思惟



その3 正語【しょうご】
500仏教豆知識シール237 八正道【3】3正語



その4 正業【しょうごう】
500仏教豆知識シール238 八正道【4】4正業




その5 正命【しょうみょう】
500仏教豆知識シール239 八正道【5】5正命




その6 正精進【しょうしょうじん】
500仏教豆知識シール240 八正道【6】6正精進




その7 正念【しょうねん】
500仏教豆知識シール241 八正道【7】7正念




その8 正定【しょうじょう】
500仏教豆知識シール242 八正道【8】8正定

施餓鬼 【せがき】 まとめ

施餓鬼という言葉を聞いたことがあるでしょうか?



昔から大切にされている行事ではあるのですが、知名度・認知度は残念ながら高くないように感じています。





東光寺(静岡市清水区横砂)でも毎年8月7日に施餓鬼法要を行っています。注意深く近くのお寺を見てみると“施餓鬼”の案内などがあるかもしれません。





施餓鬼とは、餓鬼【がき】に施す【ほどこす】と書きます。

餓鬼とは満足をすることを知らず、貪り続ける状態のことを言います。
餓鬼はどこか遠くにいる特別な妖怪ではありません。欲望に振り回される私たちの心の中にもいるのです。
「施」という字は見返りを求めない気持ちも表していますので、見返りを求めず餓鬼に洗米と言って洗ったお米やお水をお供えし供養すると同時に水一滴・お米一粒でも満足することができるはずの自分の心を見つめ直す法要が施餓鬼会なのです。




そんな施餓鬼について 複数の記事を書いたことがありましたので、ご紹介をさせていただきます。


※それぞれの題名や写真をクリックしていただければ記事へ移動します。






1.施餓鬼【せがき】とお盆
500施餓鬼 旗1807202

お盆と施餓鬼は同じような時期にやることも多いのですが、由来に違いがあります。
その違いと共通点について紹介しています。







2.なに そのお経!? 変じゃない? 【施餓鬼での開甘露門の唱え方】
500施餓鬼180718

施餓鬼法要では、あるお経を独特の読み方でお唱えします。
お経の本を見ながら聞いたり、一緒にお唱えしようとすると戸惑う方が多いかもしれませんが、独特な唱え方にも意味があります!!



3.山盛りのご飯のお供え物 【施餓鬼】
500施餓鬼棚1807192

施餓鬼法要の中心となるお供え物が飾られた台の中心には山盛りのご飯がお供えされています!!
なぜ、山盛りのご飯があるのでしょうか!?







4.あの旗にはなんて書いてあるんですか?? 
500施餓鬼 旗1807203

施餓鬼法要に参加すると、カラフルな旗に目がいくかもしれません・・・
しかし、ただ派手にしたくてカラフルな旗が飾られているわけではありません。
その理由とは・・・・








5.餓鬼の喉を広げる!
500餓鬼 こまめ

餓鬼は餓えに苦しみます。
なぜでしょうか?
理由のひとつ「喉がせまい」というのがあります。施餓鬼法要では餓鬼の喉を広げることができるのです。
しかし、これは餓鬼だけのことではありません。
私達が何かが足りないと苦しむ原因は、自分自身が大切なものを受け入れる体制ができていないことも示しています。私達の心の喉が餓鬼と同じように閉まっており、餓鬼を供養することで私達の喉を広げてくれいるように感じます。









6.寺嫁まめこのひとこと通信 VOL.9 【施餓鬼:せがき】
500まめこ通信09

施餓鬼を簡潔にマンガで紹介をしてくれています。






7.施餓鬼法要 開催報告
500施餓鬼0108073

実際に行われている施餓鬼法要の様子を紹介しています。







8.浜施餓鬼会(はませがきえ)
500浜施餓鬼1808162

東光寺のある横砂という町には海で亡くなった方を供養する“浜施餓鬼”という習慣も残っています。その様子を紹介しています。

【平成30年度】

【平成26年度】

【平成24年度】

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる