FC2ブログ

お知らせと過去の記事まとめ

【開催案内】
400子供坐禅会 チラシ 平成31年春休み1


【紹介】
おばあちゃんのおはぎ スライド用 横長01
絵本 【おばあちゃんのおはぎ】 を作りました。御興味ある方は是非ご覧ください。
※PC版はこちらから
※スマートフォン版はこちらから

【開催報告】
500ボタン 子供坐禅会 500寺子屋ロゴ

六波羅蜜【ろくはらみつ】


同じタイムで長距離を走ったときに 

普段から苦しい練習をしている人は息を切らさないが

さぼっている人は 息が切れ苦しむことになる。







600仏教豆知識シール052 六波羅蜜シリーズ 六波羅蜜とは



仏教の大切な教えに六波羅蜜【ろくはらみつ】があります。



六波羅蜜とは、苦しみを離れて彼岸(ひがん:悟り)の世界に到達するための六つの正しい実践方法のことです。





苦しみから離れるには、普段からの実践が大切です。6つの実践とは何か紹介させていただいた記事をまとめてみました。



興味ある記事をクリックしていただけると それぞれの記事をご覧いただけます。







1.布施
みんなで力になりましょう
600仏教豆知識シール052 六波羅蜜シリーズ 布施






2.持戒
みんなで決まりを守りましょう
600仏教豆知識シール052 六波羅蜜シリーズ 持戒






3.忍辱
みんなで辛抱しあいましょう
600仏教豆知識シール052 六波羅蜜シリーズ 忍辱





4.精進
みんなで励む心を養いましょう
600仏教豆知識シール052 六波羅蜜シリーズ 精進






5.禅定
みんなで静かな心を保ちましょう
600仏教豆知識シール052 六波羅蜜シリーズ 禅定






6.智慧
みんなで信心の灯びを掲げましょう
600仏教豆知識シール052 六波羅蜜シリーズ 智慧

大般若祈祷会【だいはんにゃきとうえ】

以前、大般若祈祷会【だいはんにゃきとうえ】について自分の勉強のために複数の記事を書きましたが、それらをまとめたものがないことに気がつきました・・・

遅ればせながらまとめてみました。





1. 大般若とは
5000大般若160107004

 この法要は1300年以上続くもので、六百巻にもなる「大般若経」という経典を読み、その功徳によって全ての障害が取り除かれ仏道が成就することを祈る儀式です。
※詳しくはこちらをご覧ください。






2. 大般若とは【もっと詳しく】
500大般若と大般若経と祈祷会

大般若・大般若経・大般若祈祷会、そして般若心経。
聞いたことがありそうだけど意味がよく分からない言葉を説明します!
※詳しくはこちら!





3.転読とは
500大般若転読について1 1

「叫んで パラパラして また叫ぶ! すごい迫力だったね!!」
と法要の中で一番盛り上がる部分を簡潔にまとめてくれた友人がいました。
もう少し、丁寧な言葉で説明します。
※詳しくはこちら!







4.転読2 パラパラの風
500大般若転読について1 2

「お経の本を転読しているときに発生する風に当たると良いことがある」
って本当ですか??
※詳しくはこちら!








5.転読3 降伏一切大魔最勝成就
500大般若転読について1 3

和尚さんたちは何を叫んでいるのでしょうか!?
※詳しくはこちら!








6.大きいだけではありません。
500大般若180107回向

和尚さんの中には と〜〜〜っても小さな声を出す人もいます!
※詳しくはこちら!








7.1人だけ違うことをしている人がいますよ!!
500大般若180107 導師

600冊の中で選ばれた1冊を中心で読んでいます!
※詳しくはこちら!








8.私には何ができるのだろうか??
500大般若みんなは何しているの

和尚さんたちが叫んでいるとき、私も叫んで良いですか??
※詳しくはこちら!







9.大般若のお札には何が書いてあるの?? ~お札編~
5000大般若札160109002

知っているようで、知らないこと。
見ているようで、見ていないこと。
意外と多いものです・・・
大般若のお札も見ているようで見ていない!?
※詳しくはこちら!







10.大般若では何を願っているの?? ~回向編~
500大般若祈祷会回向

600冊ものお経を転読して何を願っているのか?そこには壮大な願いがありました。
※詳しくはこちら!







11.大般若では何を願っているの?? ~回向編 その2~
201802131017585c3_201901090020108e4.jpg

大般若祈祷会以外の法要でも聞いたことがある言葉も使っています!
※詳しくはこちら!






12.大般若では何を願っているの?? ~回向編 その3~
20180213082523f6d_20190109002117c66.jpg

なんだか最後にたくさんの名前が出ているみたいです!!
※詳しくはこちら!

大根に学ぶ 【まとめ】

大根に向き合うと「私は大根になりたい」という気持ちになってきます。


その気持ちをまとめてみました。


ご笑納ください・・・


600大根 生181103



大根の詩

大根は主役にもなれば脇役にもなる

生のままなら

大根サラダで主役になり

おろされれば 焼き魚の 味を引き立てる


煮物になれば

おでんで主役になり

けんちん汁では 周囲と和合する


ごま油で焼かれば 香ばしい焼き大根になり

肉や魚と蒸されれば さっぱりとなる


干されれば 保存食となり

戻されれば たくあん になったり

ひじきと一緒になって 立派なおかずになる


上の部分は甘みが強く

下の部分は辛みが強いので 

1本の大根で いろんな味を楽しめる


手を加えれば 奥まで味がしみ込んで

素早く料理をしても シャキシャキっとした歯ごたえが楽しめる


真っ白な大根はどんな色でも吸収する

サラダならみずみずしい白で周囲を光らせて

醤油と一緒になれば黒くなり

キムチになれば赤くなり

たくあんになれば黄色くなる



大根は

サラダになりたい

いやいや煮物になりたい

などと注文をしない


ただ 料理をする人に身を任せる

味がないのではない

味わえば味わうほどに 奥深い味がしみだしてくる



大根は まっすぐと地面に根を下ろす

しかし 土の中に石や固い部分があれば

排除することなく するりと身をかわし

自分自身を 変えていく

一本 筋の通った 力強さと

柳のような しなやかさを 合わせ持つ



大根のような心は誰もが生まれたときから持っている

しっかりと心の大根を育てたい









大根に様々なことを教えていただいているように感じ、記事にしました。
※クリックしていただくと記事に移動します。

大根に学ぶ

 その1【狭く深く】
 その2【大根役者】
 その3【味が染みた大根】
 その4【角が取れる】
 その5【下茹で】
 【まとめ】

施餓鬼会【せがきえ】とは

500施餓鬼170807



7月の中旬を過ぎると近隣の僧侶同士で


「半分過ぎましたね~」


という会話が多くなります。





お寺の夏の行事と言えば「お盆」「施餓鬼【せがき】」です。




7月から8月にかけて多くのお寺で施餓鬼会【せがきえ】の法要が行われています。




東光寺(静岡市清水区横砂)でも、毎年8月7日は、ご先祖様をはじめ、すべての霊を供養する「山門大施餓鬼会(さんもんだいせがきえ)」を行っています。




東光寺の施餓鬼会には20人程の僧侶が出席してくださいます。



お寺には「お互い様」の文化があり、各お寺の行事にお互いが出席しあう習慣があります。



つまり、「20人程出席してくださる」  と言うことは、私も同じくらいの数のお寺の法要に出席させていただくのです。


ですから、7月から8月にかけて多くの僧侶が


「今日はあそこのお寺の施餓鬼会。明日はあちらの施餓鬼会」


と動いているのです。



ですから、7月の中旬を過ぎると近隣の僧侶同士で「半分過ぎましたね~」という会話が発生するのです。





施餓鬼とは、餓鬼【がき】に施す【ほどこす】と書きます。



餓鬼とは満足をすることを知らず、貪り続ける状態のことを言います。



「餓鬼」というとお腹がポコッと出てひたすら何かを食べ続ける妖怪のような生き物を思い浮かべるかもしれません。



私は僧侶になるまで漫画や挿絵でみる餓鬼という妖怪の姿を思い浮かべていました。



餓鬼とは感謝することも満足することも知らないで、欲望に振り回される者のことです。しかし、餓鬼はどこか遠くにいる特別な妖怪ではありません。欲望に振り回される私たちの心の中にもいるのです。



「施」という字は見返りを求めない気持ちも表していますので、見返りを求めず餓鬼に洗米と言って洗ったお米やお水をお供えし供養すると同時に水一滴・お米一粒でも満足することができるはずの自分の心を見つめ直す法要が施餓鬼会なのです。



自分自身の勉強のために、この施餓鬼会の法要やお唱えするお経についてこのブログで紹介をしていきたいと思います。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる