FC2ブログ

葬式仏教から 仏教の未来を考える 【その2】 先祖を敬うのに 宗教を信じないのはなぜ?

600お棺の前





葬式仏教から 仏教の未来を考える 【その2】 

~先祖を敬うのに 宗教を信じないのはなぜ?~

※【その1】本来の葬儀とは何か はこちらをクリックするとご覧いただけます。





寺院デザイン代表取締役の薄井秀夫氏が複数の資料を提示してくださいました


資料1 日本人の宗教を信じる人の割合

宗教を信じる  26% 
宗教を信じない 71%
※ただし、宗教を信じると答え人の多くは新興宗教やキリスト教を信じているため“仏教を信じている”と答える人はごくわずか


資料2 日本人で先祖を敬う心を持っていると答える人の割合

先祖を敬う心を持っている  約94%
先祖を敬う心を持っていない 約5%



この資料を見て、薄井氏は


“宗教”というと“なんだか怖い”というイメージを持っている人が多いため、信じるとは言い切れない。

しかし、“ご先祖様”には素直に手を合わせることができるのが日本で暮らす人々の感覚である。

日本で暮らす人々がこの心を忘れなければお葬式が無くなることはない。

葬式仏教と悪口を言う人もいますが、私はこの言葉は悪い言葉ではなく、僧侶を含めた宗教者こそが人々の一番の苦しみに対して手を差し伸べて救える存在だということ示した言葉だと考えている。仏教は求められており強い。



このように話してくださったように記憶しています。





この言葉を聞いて少しだけ安心すると共に、かなりの危険性を私は感じました。


ほとんど人が先祖を敬う心を持っているにも関わらず仏教とのつながりを持っていないという現実が、71%の人が「宗教を信じない」と答えたアンケート結果にあるのだと思います。



仏教は確かに強い。

仏教のことを学べば学ぶほどそのように感じます。

お葬式も亡くなった方を大切に想う気持ちが多く詰め込まれた素晴らしい儀式です。

しかし、そのことを伝えきれていないからこそ、「宗教を信じない 71%」という結果が出ているように感じます。そしてその結果が私に


「仏教の教えを伝える立場であるお前の姿は仏教者として恥ずかしくないのか!」


と訴えかけてきているように感じます。





先祖供養は大切にするのにお葬式をしないのは仏教の教えを伝える僧侶への信頼不足だとすれば仏教聖典の




衣を着ているから出家なのではなく

托鉢しているから出家なのではなく

経を誦んでいるから出家なのではなく

外形がただ出家であるのみ

ただそれだけのことである


形がととのっても、煩悩をなくすことはできない

赤子に衣を着けさせても出家とよぶことはできない。


心を正しく統一し、智慧を明らかにし、煩悩をなくして、ひたすらさとりに向かう出家本来の道を歩く者でなければ、まことの出家とはよばれない。





という一文を今一度見つめ直す必要があると感じます。

葬式仏教から 仏教の未来を考える 【その1】 本来の葬儀とは何か

600葬儀出棺


“自分はできている!” と思い込んでいました・・・・




先日、寺院デザイン代表取締役の薄井秀夫氏が臨済宗の僧侶の勉強会で「葬式仏教から仏教の未来を考える」と題して講演をしてくださいました。




その中で、僧侶でない薄井氏は僧侶に向かって


「私は葬儀のときに睡魔と戦っています。何かありがたいことをしてくれていると感じてはいるものの何をやっているのか分からない!だから退屈だし眠くなるのです。」


と言った発言をされました。




心の中で私は

「そうですよね、説明が必要ですね。私は葬儀のときに説明していますよ。」

と答えます。




すると薄井氏は

「皆さんの中には説明をしている方もいるようですが、ほとんどの和尚様が説明をされず葬儀を進めている。」

と続けます。




再び心の中で私は

「うん、うん。みんな説明をしましょうよ。」

と相槌をうちます。




そんな私の相槌を知ってか知らずか、

「皆さん、本来の葬儀って何だと思いますか?」

と問題を投げかけてきます。




心の中で私は

「本来の葬儀は供養する気持ちを中心とした大切な儀式でしょう。説明も含めて!!」

大きな声で答えました。





ところが、薄井氏は

「参列者が和尚様と一緒に亡くなった方を送る儀式です。参列者が参加するのが葬儀です。」

と言ったのです。





これまでの私は、葬儀は亡くなった方を供養し残された私達がこれからどのように生きていくかを学ぶ大切な儀式であり、僧侶として参列される方々に説明責任を果たしたい。この素晴らしい儀式についてもっと多くの方に知って欲しい。


だからこそ、葬儀の際には「これから○○をします。これは□□と言った意味があります。」と説明をしてきました。


しかし、このような実践をしていたために大切なことを見失い“自分はできている!” と思い込んでいました。





大切なことは参加者が“参加していると実感しながら亡くなった方を送る”ことだったと教えていただきました。







薄井氏は講演の中で



葬儀の役割には

・社会的処理 (死の告知 別れの式)
・遺体の処理
・霊魂な処理(宗教的儀式)
・悲嘆の処理 (カウンセリングも含む)
・様々な感情の処理 (共同体に与える畏怖の軽減)



という5つがある。


そして葬儀がなくても社会的な処理や遺体の処理はできるが、・霊魂な処理(宗教的儀式)、悲嘆の処理、様々な感情の処理 (共同体に与える畏怖の軽減)は代わりを見つけることが難しいと話してくださいました。





葬儀をすることによって得られるこれらの安心には参列者が葬儀に参加したという実感が必要不可欠です。


“実感”をするために、私自身ができることはこれまでしてきた説明を見直すことだと感じています。


参列者と共に送ることを大切にしながら


「これから○○をします。これは□□と言った意味があります。」


だけではなく


「ですから、皆様は亡くなった方の△△な一面を思い出しながら一緒に手を合わせてお参りください。」


といった一言をよく考えて付け加えていきたいと感じました。

涅槃【ねはん】を学ぶ

先日、お世話になっている和尚様に


「お葬式のことについて 私達僧侶はもっと勉強しなくてはいけない」


と一冊の本を紹介していただきました。





その本とは




600涅槃経 平川師200117



自在に生きる 【涅槃経】 著者:平川彰


です。






涅槃経【ねはんぎょう】とは


涅槃経は、詳しくは「大般涅槃経【だいはつねはんぎょう】」と言います。「涅槃経」とは「完全な涅槃」という意味でして、お釈迦さまが肉体を捨てて、無余依涅槃【むよえねはん】に入られたことをいうのです。

これは凡人で言えば「死の記録」と言うような意味になるでしょう。お釈迦様が死に際して、どのような死にかたをなさったかということを示した経典です。



※本文より






私は以前、子供坐禅会でお釈迦様が亡くなるときの様子が描かれた涅槃図について話したことがあります。

※涅槃図についてまとめたページはこちらです。



自在に生きる 【涅槃経】 (著者:平川彰)はその際に手にすることがありませんでした。

まだ、全てを読んだわけではありませんが、興味深い箇所も多くあり、少しでも多くのことを学んでいきたいと感じる1冊に出会うことができました。

葬儀・葬式シリーズ 【14】 お葬式の後 法事【ほうじう】 

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われて子供坐禅会で私が話した内容をまとめたものです。


葬儀・葬式シリーズ 【14】 お葬式の後 法事【ほうじ】 




600仏教豆知識シール96-108 葬儀 葬式シリーズ 108法事も186





拡散された情報や写真を消すことはできません。

最近はインターネット上にアップロードされた写真や情報が消せないために様々な問題が発生しています。


ほんの軽い気持ちで悪口を掲示板に書き込んだりSNSで発信してしまったら、その悪口を消すことはできません。


誰にもバレないと思って書いても、ちょっとしたきっかけでアッと言う間に広がってしまうことがあるのです。



便利なインターネットも、使い方を間違えると、とんでもないことになってしまいます。


少し前から言われていることですが、メールで文字や写真を送ったり、インターネット上で何か発信するときは


自分の家の玄関に その写真や言葉を大きく書いて貼っておくことができるものだけを送ったり書き込みなさい


と言われていますので覚えておいて損はないと思います。







法事って何をしているの?

ところで、大切な人が亡くなった時にはお葬式をするのですが、お葬式の後はどうやってお参りをするか知っていますか? 


お葬式が終わったらお墓にお骨を納めたら終わりではありません。


決まった日数が過ぎたころに法事をする習慣があります。


亡くなって7日目に行うのが初七日【しょなのか】

14日目に行うのが、2回目の7日目で二七日【ふたなのか】

21日目に行うのが、3回目の7日目で三七日【みなのか】

このように、7回目の7日目の49日まで7日ごとに法事をします。


そして、その後は

1年たったとき行う 一周忌【いっしゅうき】

2年たったときに行う 三回忌【さんかいき】


6年たったときに行う 七回忌【しちかいき】

この後、十三回忌、十七回忌・・・


と続いていきます。



そんなにたくさんやらなきゃいけないの?と感じるかもしれません。


しかし、法事にはもちろん意味があります。

 法事は、仏様の教えや、亡くなった人に教えてもらったことを思い出しながら、亡くなった人の為に善い行いをして、亡くなった方だけでなく今を生きている私達も共に仏の教えに出会い幸せに生きていくことができることを祈る法要です。

本当は毎日できれば良いのですが、それは少し大変です。だからこそ、決められた日にち・年数ごとに法事をする習慣ができていったのです。






法事をすると良いことはあるの?

もちろん良いことだらけです。


たくさんありますので今日は1つだけ紹介をします。


法事をすると亡くなった大切な人に会うことができます。


触ったりすることはできませんが、間違いなく出会うことができます。



姿勢を調えて、一生懸命お経を読み、一心に大切な人を想うと自然と自分自身の心が透き通ってきます。

汚いガラスの向かう側は見えにくいものですが、きれいなガラスは向こう側まではっきりと見ることができます。

同じ様に、普段の生活に追われて心が曇ってしまっているときには見守ってくれている亡くなった人のことが見えにくくなってしまいます。

しかし、心が透き通ってくれば、すぐ近くに亡くなった大切な方がいてくれたことを実感することができます。

誰かに見守られていると感じることができる人は、自然と善い行いをします。

そして、善い行いを積みかさねて行けば尊い人生を歩むことができるのです。



これが法事を行う良さの1つです。






仏教特製「良い習慣フィルター」

最初に「インターネット上の情報や写真は消せません。」と話をしました。


インターネットの特徴は良い情報を悪い情報もごちゃ混ぜになってそこにあるということです。


だから、悪い言葉や嫌な写真もずーと残ってしまいます。


しかし、お葬式や法事をすることは「良い習慣フィルター」を使うことだと私は思っています。


お葬式や法事の時には戒名【かいみょう】を使います。
※戒名についてこちらの記事で紹介しています。


良い習慣を手に入れた人の名前が戒名ですから、良い言葉や美しい写真だけがインターネット上にアップされるように、お葬式や法事をすることで亡くなった方の尊い面が私達の心に焼き付いてきます。


このことを昔から「亡き人の 美しい心を 受け継ぐことが 供養である」と言っています。


勉強をすることはめんどくさい。でも勉強をがんばれば、たくさんの事を学ぶことができます。

運動をすることはめんどくさい。でも運動をすれば、自由に体を動かすことができるようになります。

勉強も運動もすぐには結果が出ないことがあります。


しかし、いつか必ず成果を感じるときがきます。


お葬式や法事なんてめんどくさい!と感じる気持ちはよく分かります。しかし、そのめんどくさいことを丁寧にすることで、私達はこれから生きていくために必要な大切なものを頂くことができるのです。





今回は

昔から「亡き人の 美しい心を 受け継ぐことが 供養である」と言われています。
法事をすることで、いつでも亡くなった方から美しい心を受け継ぐことができ、尊い人生を歩める

と覚えてもらえればうれしいです。


葬儀・葬式シリーズ 【13】 火葬 収骨【かそう しゅうこつ】 

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われて子供坐禅会で私が話した内容をまとめたものです。


葬儀・葬式シリーズ 【13】 火葬 収骨【かそう しゅうこつ】



600仏教豆知識シール96-108 葬儀 葬式シリーズ 108法事も108




骨は大切

骨は大切なものです。

知っているよ!と思うかもしれません。

でも、実感をしたことはありますか?

私はあります。


小学校2年生の春、交通事故にあったときに実感をしました。

本当にバカなことをしたと今でも後悔をしていますが、横断歩道のない所を渡ってしまい車にはねられました。

その場に座り込みましたが、足が変な方向に曲がっていました。

あまりの衝撃で泣くこともできませんでした。

その場から逃げたくなって立とうとしても立てませんでした。

足の骨が2本折れていたのです。

人間の体には200本ほど骨があります。そのうちの2本が折れただけで、何もすることができなくなってしまったのです。



目には見えませんが骨は私達の体の中で いつもしっかりと私達を支えてくれています。

骨って大切なんだと初めて実感しました。






火葬・収骨【かそう・しゅうこつ】

お葬式では、亡くなった方を火葬します。

火葬すると、骨だけが残り、その遺骨【いこつ:骨】を二人一組になって箸で骨壺に入れる収骨を行います。

このとき、舎利礼文【しゃりらいもん】というお経をお唱えします。

舎利【しゃり】とはお釈迦様の遺骨のことです。

舎利礼文【しゃりらいもん】はお釈迦様の遺骨、そして教えを大切にしていくことを誓うお経です。

亡くなった方を火葬し、その遺骨を大切に収骨する際に、舎利礼文【しゃりらいもん】をお唱えすることは、

亡くなった方の遺骨と教えてくれたことを大切にして、これから生きていくことを誓う意味があるように私は感じています。






骨は体を支え、教えが人生を支える

お葬式で大切な方が亡くなり遺骨になった姿を目にしたとき、多くの人が大切な人を亡くしたことを改めて実感し力が入らなくなります。

しかし、目の前にある骨が亡くなった方を支え続けていたように、私達は亡くなった方の教え・想いを支えに生きていくことができると感じることができれば、前を向いて生きていくことができるのだと思います。

そして、そのことを教えてくれているのが舎利礼文【しゃりらいもん】というお経なのです。

お経には大切な教えが詰まっていますので、時間のあるときには身近なお経の意味にも触れてみてください。




今回は

遺骨を大切にすることは、亡くなった方の教えや想いを大切にすること

遺骨を大切に扱うことで、普段目にすることがない骨が体を支えるように、私達は多くの人達の想いに支えられて生きていることを実感することができる。


と覚えてもらえればうれしいです。

お釈迦様の遺体は火葬し遺骨を納める塔を建てて供養しました。現在の葬儀でも火葬し、
 火葬・収骨の際にという、お経を唱えます。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる