人は亡くなると天国に行くのか!??

 「地獄」と言う本を 他のお寺で見せていただき私も購入しよう本屋さんへ行くと「地獄」という本の隣に



極楽




と言う本が売っていたので衝動買いをしてしまいました・・・


絵本 極楽_1



極楽という言葉を目にすると「天国」という言葉が頭に浮かびます・・・




 東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗妙心寺派のお寺です。



・・・・お釈迦様の教えを伝える仏教寺院です。






そのため、仏教徒の葬儀・告別式に接する機会が多くあります。




しかし、私がまだ若いころ(僧侶として生きていく前)に この告別式で読まれる弔辞について、ある和尚様に





「仏教徒なのに、弔辞やお別れの言葉で 天国に行っても見守ってください。 と言ってしまう人がいて困っている・・・」




と言われたことがあります。その時は




「え、天国って何か変なことなのかな?」




と、この和尚様の言わんとすることが分からず聞き流してしまいました・・・・





しかし、仏教のこと知ると「天国に行っても」と言う言葉は少し葬儀の場では相応しくない言葉なのかもしれないと感じるようになりました。




 仏教的な考え方(仏教以前からあった考え方)に輪廻転生【りんねてんしょう】と言う考え方があります。仏教語の辞書で調べると




 インドで広くおこなわれた考えであるが,仏教では,解脱(げだつ)しない限り,生ある者は迷いの世界である六道(ろくどう)を輪廻しなければならないと考えられていた
と書いてあります。






六道とは


 地獄【じごく】
 餓鬼【がき】
 畜生【ちくしょう】
 修羅【しゅら】
 人間【にんげん】
 天【てん】


の六つの世界のことであり、この六つの世界を生まれ変わり死に変わることを輪廻転生と言っています。




そして、この六つの世界をグルグル回り続けることから脱出することを解脱【げだつ】や悟りと表現します。




「天国」と言う言葉は仏教の言葉ではありませんが一番近い言葉が「天」・「天道」だと言えます。





残念ながら「天」は、何の苦しみも無い世界ではなく






経験苦のない喜びの世界だが、生死など根本苦が未解決な世界





と表現される世界です。 仏教徒は「天」ですら 突き抜けてしまおうと考えているわけですから、仏教の葬儀では




「天国へ行っても・・・」




と言う言葉は的確な表現とは言えなくなってしまうのです・・・






じゃあ どこへ行くの??





そんな疑問もあると思います。



 私は、この疑問の答えが一休さんの詩にあると思っています。ちなみに一休さんは600年ほど前の臨済宗の和尚さんです。



その一休さんの詩に





 死にはせぬ

 どこへも行かぬ

 ここに居る

 たづねはするな

 ものは云わぬぞ





といったものが残されています。分かりやすい、素敵な言葉です!

葬儀で「たいまつ」が登場する理由

東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗妙心寺派のお寺です。






臨済宗の葬儀に参列されたことがある方は、葬儀の際に導師が「たいまつ」を手にしているところを見たことがあるかもしれません。





 小学生くらいの子供達から葬儀に関する質問を受けると、臨済宗の葬儀に参列した小学生の多くが「たいまつ」の登場に疑問を感じていることがわかります。




400仏教豆知識シール 103 引導法語



 
 「臨済宗の葬儀に参加したけど、見たことが無い!!」






という方も もちろんいらっしゃると思います。 ・・・理由は後ほど御説明させていただきます。







「たいまつ」が登場するのは 引導法語の直前です。







 引導法語!???





と思われるかもしれません。引導法語とは







亡くなられた方の徳をたたえる心や、死をいたむ心を漢詩に託し、亡くなられた方を仏さまの世界に導くものです。








最後に「喝【かーーーつ】」と大きな声が聞こえてくる、あれです!







この引導法語をお唱えする前に炬火【たいまつ】で円(一円相)を空中に描きます。







これは、禅宗の和尚様である黄檗希運禅師【おうばくきうんぜんじ】のお話が元になっています。




 黄檗希運禅師の母親が溺死をしてしまったときに炬火【たいまつ】で円相を描き、その炬火【たいまつ】を投げたことに始まっています。





 ですから葬儀では引導法語をお唱えする前に炬火【たいまつ】で円(一円相)を空中に描き、本来であればその「たいまつ」を投げるのです!






 さすがに、本物の「たいまつ」を投げるわけにはいきませんので、木と赤い布(炎に見立てる)で出来た「たいまつ」作り使用している和尚様をよく見かけます。ですから、臨済宗の葬儀に参列しても




「たいまつ」を見たことがない





という方がいても不思議はありません。







 東光寺では「たいまつ」の代わりに長いお線香を使用しています。導師が引導法語をお唱えする前にお線香に火を付け一円相を描きます。






 葬儀という厳粛な雰囲気の中、ゆっくりとお線香で円を描くと お線香の通った場所にゆらゆらと煙が残る景色が私は美しいと感じています。





 
 葬儀に参列された際に 「たいまつ」やその代わりになるものが登場した時には、その雰囲気を感じ その後始まる引導法語に耳を傾け、亡くなられた方のことを想っていただければと思います。

数え年と仏教

 「失礼ですが、何歳ですか?」

 教員をしていた頃も聞かれることがありましたが、僧侶になってから(髪を剃ってから)は良く聞かれます。 

 最近この質問をされることが怖いと思ってしまう自分がいます・・・

 なぜ怖いのかと言うと、

20歳を超えてから自分の年齢を正確に思い出すのに時間がかかるようになってしまったためです・・・



 一般的に年齢を聞かれると、満年齢を答えます。

 しかし仏教では「数え年」を使います。葬儀の際などに実際(満年齢)よりも大きい年齢を聞いて戸惑った経験のある方もいらっしゃると思います。


 日本も江戸時代までは満年齢ではなく「数え年」を採用していました。実は「数え年」は仏教でも大切にしている年齢の数え方です。


 そもそも、満年齢と数え年は何が違うのかと言いますと

 満年齢・・・個人の誕生日を基準にして、誕生日で年齢が1つ上がる。
         (産まれたときは0歳)

 数え年・・・1月1日に1つ年齢が上がる。
         (産まれたときは1歳)


 と、考え方が違います。


 なぜ、産まれたときに1歳なのか!?

 仏教では、お母さんのお腹で誕生した時から命をいただいたと考えるからです。つまりお腹の中で約1年間生きて外に出てくるので、外に出てきた(出産)時に1歳と数えます。


 なぜ、1月1日に全員が年をとるのか!?

 また、個人の誕生日に関係なく1月1日に年齢が1つ上がるのにも理由があります。それは、大家族での生活が当たり前だった時代には事務的に計算が楽になるようにと、全員がまとまって歳をとった方が分かりやすかったためと言われています。



 ですから「数え年」で考えると、12月31日に誕生すると次の日(1月1日)には2歳になってしまっているのです。


赤ちゃん
  ↑↑↑ こんな2歳児もいたってことですね ↑↑↑



 満年齢での表現に慣れていると「数え年」で言われると老けたように感じたり違和感を感じる方もいらっしゃいますが、


  ・お腹の中の赤ちゃんの命も大切にしていること
  ・「個」よりも「全体」を優先している



 など「数え年」にも良い面もあるようで、数え方と理由を知ったときには「数え年」の表現を暖かく感じました。

ちん・ぼん・じゃらん

  鼓鈸(くはつ) 

 東光寺(臨済宗妙心寺派)の葬儀では写真のような楽器を使用します。


くはつ


これらの楽器はまとめて「鳴らし物」、正式には「鼓鈸(くはつ)」と言います。


写真の右がにあるのが太鼓で、左側にあるのが鐃鈸(にょうはち)といいます。葬儀ではこの2つに引磬(いんきん)を加え


 ちーん・ぼーん・じゃらーん


と鳴らします。ですから、臨済宗の和尚さんは「ちん、ぼん、じゃらん」と呼ぶことがあります。


引磬(いんきん)
    ↑↑↑引磬(いんきん)↑↑↑




 初めてこの鼓鈸(くはつ)が鳴り響く葬儀に参列された方は驚かれるかもしれません。


私は以前、祖母の葬儀に参列した小学校1年生の女の子に葬儀が終わった直後に

「なんで、お葬式の時に太鼓とかの楽器を鳴らしたの。」

と聞かれたことがあります。


東光寺では葬儀で鼓鈸を鳴らす前に


「お釈迦様入滅の時、村人が総出で持ち寄った楽器を鳴らして別れを惜しんだ故事により、鼓鈸を鳴らし永遠の命を表す阿弥陀様の極楽浄土に入れますようにと祈ります。」


 と説明を加えさせていただいています。質問に来てくれた小学生には


「今日、おばあちゃんが亡くなって悲しかったでしょ。昔、お釈迦様が亡くなったときも悲しんだ人がたくさんいて、その人達がみんなで楽器を鳴らして別れるのを悲しんだことがあったんだよ。亡くなったおばあちゃんもお釈迦様のお弟子様として旅立つから、お釈迦様が亡くなったときと同じように楽器を鳴らしたんだよ。」

 と説明をしたところ納得してくれました。


 小学校1年の彼女にとって葬儀での様々なことが初めての経験だったはずですが、1番気になったのが鼓鈸(くはつ)だったようです。彼女には


 「またいつか、葬儀で鼓鈸(くはつ)が聞こえてきたら亡くなった方の事を考えながら、耳を澄ませて楽器の音を聞いてね!」

 とお願いをしました・・・

引導法語(いんどうほうご)

引導法語

 毎年10月の末になると写真の掛け軸が飾られます。この掛け軸は東光寺(静岡市清水区横砂)の前住職の妻の葬儀の引導法語です。

 導師を務められた和尚様が書いてくださったものを後に表装したものです。10月末が前住職の妻の命日のため、この時期になると飾るようにしています。



 葬儀で行われる引導法語は

「導師が、個人の徳をたたえ、漢詩に託して仏さまの世界に導きます。」

と説明させていただいています。


 そのため、写真の引導法語をよく読むと亡くなった前住職の妻がどこで産まれ、何処の誰に嫁ぎ、どのような一生を過ごしたかが読み取れます。


 「引導法語」と言われても良く分からない方も多いと思いますが、臨済宗の場合「引導法語」のときには最後に大きな声で

「かーーーーーつ(喝)」

と一喝を与えますので、一度見ていただければ忘れることはあまり無いと思います。


 引導とは迷っているものに対して仏様の教えを説き、真実の歩みに入れるように導くことを言います。そして、言葉によっては言い表すことができない教えを「かーーつ(喝)」の一声に込めて亡き人に与えているのです。葬儀はとても大切な仏教の法要ですので、葬儀の中でも引導法語を行っているのです。


 知っていそうで、あまり知られていない仏教のお話でした!
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる