体感する食事五観文【しょくじごかんもん】

東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児がサツマイモの収穫体験を行いました。



500サツマイモの収穫体験161130



6月に植えた苗が、何とか実をつけてくれました。



500サツマイモの収穫体験1611303




園児が収穫体験をした場所は「子供の畑」という名前がついた保育園から大人の足なら徒歩5分程度の場所にある施設です。



畑と名前は付いていますが、素人の私が管理しているので決してフカフカの状態の良い土ではありません。



サツマイモの収穫も力任せに抜こうとすると芋が折れてしまいます。



ですから、園児たちは丁寧に土を掘りサツマイモを収穫していきます。



500サツマイモの収穫体験1611302




楽しい体験というよりも、苦労を体験することになります。



園児の中には、なかなかサツマイモを掘り出すことができずに泣きそうになる子供もいます。



500サツマイモの収穫体験1611304




短い時間ですが、収穫が終わると畑はさっぱりとします。





個人的には「苦労」をすることは大切なことだと考えています。




禅宗では食事の際に食事五観文【しょくじごかんもん】をお唱えしてから食事をいただきます。



食事の際の誓いと言うことができる教えです。



「五」という数字が入っているとおり5つの誓いがあり、



1つ目は、

私達の前にある食べ物には、多くの人達の苦労があったことを思い、すべてのものに感謝してこの食事をいただきます。



2つ目は

十分な修行ができていないのに、この食事をいただくことができます。自分の日々の行いを反省してこの食事をいただきます。



3つ目は

欲張ったり残したり、好き嫌いせず、ありがたくこの食事をいただきます。




といった内容になっています。



保育園の園児で食事五観文をお唱えする習慣がある子供はいないと思いますが、食事を得るまでの苦労を少しでも体験することで、



1つ目の「多くの人達の苦労」を感じ、

2つ目の「食事をいただくこと」の有難さを感じ、

3つ目の「欲張ったり残したり」することも減ってきます。




まさに苦労しながら収穫体験をすることで食事五観文の1つ目から3つ目までを体感しているように感じるのです。




飽食と言われるこの時代だからこそ、食材を得るまでの苦労を体験することが貴重なことなのだと改めて感じます。

食事五観文(しょくじごかんもん)

 食事五観文とは、

  一つ、すべてのものに感謝してこの食事をいただきます。
  二つ、自分の日々の行いを反省してこの食事をいただきます。
  三つ、欲張ったり残したりしないでこの食事をいただきます。
  四つ、身体と心の健康のためにこの食事をいただきます。
  五つ、みんなが幸せになるためにこの食事をいただきます。

    

といった禅の食事作法をまとめた5つの教えです。

それぞれの画像をクリックすると、ちょっとした小話を読むことができます。



食事五観文1
すべてのものに感謝してこの食事をいただきます


食事五観文2
自分の日々の行いを反省してこの食事をいただきます


食事五観文3
欲張ったり残したりしないでこの食事をいただきます



食事五観文4
身体と心の健康のためにこの食事をいただきます



食事五観文5
みんなが幸せになるためにこの食事をいただきます



食事五観文6
公立の中学校の教員をしていた頃の思い出話です。

食事五観文(しょくじごかんもん) 5

バナナ

 お寺で生活をしているとバナナと対面することが良くあります。法事や葬儀の供物の一つである果物の定番中の定番になっているからです。


 私はバナナを見ると学生時代の後輩を思い出します。彼は大学の卓球部の後輩で頻繁にバナナを食べていました。

 大学の卓球部では夏になると強化練習と言って、大きな大会に向けて1日中練習をする期間がありました。

 卓球と言うスポーツは非常に軽い球を使いますので風の影響を受けやすいスポーツです。そのため練習中は体育館の窓等は締め切って練習することも珍しくありません。蒸し風呂のような状態で練習をするので午前中の練習後に食事が喉を通らないこともあり、水分補給だけをして午後の練習に臨んでしまうこともありました。

 当然のことながら午後の練習では体力が尽き動けなくなってしまうこともありました。しかし、バナナが大好きな後輩はどんなに疲れていても昼食にバナナを食べていました。彼は私よりも細身で、体力がなさそうなのですが、しっかりと昼食(バナナ)で栄養補給をしているため午後の練習でも体を動かすことができていました。

 彼を見ていて昼食の大切さを痛感した私は彼を見習って疲れて食欲がない時でもバナナを食べて午後の練習に取り組むようになり、午後の練習にも集中して参加することができるようになりました。



 
 禅宗では食事の前に唱えられる食事五観文(しょくじごかんもん)というものがあり、その5番目の言葉が


 五つには、道業を成ぜんが為に、この食を受くべし


 です。現代的な言葉で表すと


 仏道修行を完成するために、この食事をいただきます。


 と表すことができます。



 この「五つには、道業を成ぜんが為に、この食を受くべし」と言う言葉は、自分の欲求を満たすためだけに食事をするのではなく、「私たちは生きて修行を続けていく」ために食事をしていることを思い出させてくれます言葉だと思います。

 

食事五観文(しょくじごかんもん) 4

・・・今回はお粥の話です
お粥 121013
↑↑↑この写真のお粥は寺子屋体験のときの昼食です↑↑↑




 私は以前、大腸の病気で入院をしたことがありました。30歳頃のことです。連日続く腹痛に耐えられなくなり病院へ行きました。すると先生に

 「入院だね。」

と、言われそのまま入院することになりました。入院生活が始まると腸に負担を掛けないようにするため、何も口にすることが許されない絶食が始まりました。必要な栄養は点滴で補うので栄養不足になることはありませんが、体重は日に日に減っていきました。食事はしませんが薬だけは毎日飲み続けました。

 1週間以上、何も食べずに薬だけを飲む生活が続きました。検査の結果や体調が良さそうなので食事の許可が出たのは9日目のことでした。入院中なので食事は当然のことですが病院側が決めたメニューが運ばれてきます。絶食明けの食事は「お粥」でした。久しぶりに暖かい食事を口にしたとき、お粥が喉を通って食道を通過し胃に入っていくことを感じ、胃に入ったお粥のおかげで体がポカポカと温まっていくことが分かりました。

 点滴で栄養が補給されたり、薬で病気が改善していくことは実感できませんでしたが「お粥」を食べたときには体が良い方向へ変化することを感じることができました。





 禅宗では食事の前に唱えられる食事五観文(しょくじごかんもん)というものがあり、その4番目の言葉が

四つには、正に良薬を事とするは形枯(ぎょうこ)を療(りょう)ぜんが為なり

です。現代的な言葉で表すと

この食事は、心と体の健康を保つ良薬と心得ていただきます。

と表すことができます。



 普段の食事ではついつい忘れてしまいがちですが、食事の大切さを見事に表した言葉だと思います。毎回の食事で、「絶食明けのお粥」のように食べたものが薬のように体に染み込んでいくことを実感することはできませんが、私は食事の前に食事五観文を唱えることによって、病院で「お粥」を食べたときの感覚を思い出してから食事をいただくようにしています。

食事五観文(しょくじごかんもん) 2

 新米のおいしい季節になってきました。今年は畑で採れた梅で作った梅干しがあるので、例年よりも食欲がある気がします。


 
 小さい頃、母に

「米は1粒も無駄にしてはいけないよ。米を作るのに八十八の苦労があるんだから!」

 と、言われたことは今でも覚えています。しかし、幼かった私はお米を大切にしなくてはいけないと思いながらも、どれほどの苦労があるのか実感したことはありませんでした。




 私は以前、中学校で理科の教員をしていました。理科の授業で人気があり生徒が興味を持って取り組むのは何と言っても自分の手や体を実際に動かして行う実験などの体験型の授業です。



 ある年、半年をかけてバケツで行う米作りに挑戦したことがありました。私自身も初めての経験だったので、先輩に教えていただいたり、本などの参考資料を調べたりして生徒達と悪戦苦闘しながらの米作りでした。

バケツで米作り2
↑↑ 無事に発芽した稲 ↑↑

バケツで米作り
↑↑ 米作り ↑↑


 この米作りは驚きと感動の連続でしたが、1番驚いたことは、もうすぐ稲に花が咲くという時期(花が咲く少し前)に稲をいじめることでした。


 田んぼでも同様のことが行われているのですが、花が咲く前に田んぼ(バケツ)の水を抜き、土を乾燥させるのです!! 水がなければ稲は枯れてしまいます。 理不尽ないじめに見えますが稲作の大切な工程です。土を乾燥させると稲は生命の危機を感じ、水を求めて必死に根を伸ばします。


 そして根が伸びたところで、再び田んぼ(バケツ)に水を入れるのです。根が伸びた稲は水をこれまで以上に体に取り込み、大きく成長し多くの米を実らせるのです。




 我々が普段からいただいている米一粒は、多くの方の苦労や想いだけでなく 「稲」 自身が生命の危機を感じるまでに追い込まれた結果産まれてきていることを実感した米作りの経験でした。



 禅宗では食事の前に唱えられる食事五観文(しょくじごかんもん)というものがあり、その2番目の言葉が


二つには、己が徳行の全けつを忖って供に応ず


です。現代的な言葉で表すと


 私たちは何の徳行もないのに、この食事をいただくことができます。食事をいただくに値する生き方をしていけるか、深く反省した上でいただきます。


と表すことができます。



 私は、米作りの体験を思い出すたびに、食事をいただくことができるということは 多くの方の苦労や想いに感謝するだけでなく まだまだ不十分ではありますが、多くの命をいただいて生きていく以上、この食事をいただくに値する生き方をしなくていけないと感じています。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる