第6回 友引喫茶 開催と参加申し込み期限が迫っています!!

『乾物料理とイス座禅でココロとカラダを調えよう!』


  ~友引喫茶@コマメ乾物料理と~


500友引喫茶 カフェ




友引喫茶@コマメ、初の夜開催が迫ってきました。



【日時】 9月24日(土) 18:00~19:30

【参加費】 2500円
 
【お申込み】 こちらの『申し込みフォーム』よりお申込みください。




※友引喫茶についてはこちらをご覧ください。




今回は夕食付となっています。準備等の都合上に定員を決めさせていただいており、残り2席となってしまいました。




もしも、参加を希望するのに申し込みをされていない方がいっらしゃる場合には、お早めにお申し込みいただきますよう、お願いいたします。

浜施餓鬼会(はませがきえ)

 毎年8月16日に東光寺(静岡市清水区横砂)で浜施餓鬼を行いました。

浜施餓鬼120816
↑今年の浜施餓鬼



 正式には東光寺がある横砂地区の行事です。


浜施餓鬼会とは浜や海で亡くなられた方々を供養する施餓鬼会の法要です。


 横砂には現在の袖師埠頭があるところに大きな砂浜があり漁業も盛んな地域でした。昭和の時代までは海水浴場があり、夏にはJRの臨時駅も開設され大変なにぎわいだったそうです。残念ながら海で亡くなられる方もいらっしゃり、横砂地区で合同法要を行っています。現在は東光寺本堂で法要を行っていますが、以前は浜で行い大変多くの方が参列する法要だったそうです。


浜施餓鬼 過去の写真
↑以前の浜施餓鬼の様子(昭和60年代)




 今年も無事に開催することができました。しかも、今年は夏季特別坐禅会(子供坐禅会)に参加している子供達も参加してくれたため、例年よりも多くの方に参加していただきました。



 自治会の方が参加者にお菓子の詰め合わせも用意してくれたため、法要後にお土産をもらって楽しそうに帰っていく子供たちの姿も見ることができました。


浜施餓鬼 お菓子
↑自治会の方が用意してくださったお菓子

施餓鬼会(せがきえ)終了!!

 東光寺(静岡市清水区横砂)の3大行事の1つである施餓鬼会(せがきえ)が無事に終了しました。

施餓鬼棚120807



 8月5日は婦人部の方々や、班長さんにお手伝いいただき準備を済ませ本日の法要を迎えることができました。本日も多くの方のご協力により無事に施餓鬼会を終えることができました。本当にありがとうございました。


施餓鬼120807



 法要の内容など詳しくは今後、ブログやホームページでご紹介できればと考えています。

施餓鬼会での焼香!?

 お施餓鬼シリーズです。

「施餓鬼(せがき)とは」はこちらをごらんください。


今回のテーマは

「水向け(みずむけ)」


です。


 東光寺(静岡市清水区横砂)の施餓鬼会では、檀信徒の方々が焼香をすることはありません。導師は焼香をしますが、他の和尚様方も焼香をしません。




 施餓鬼会では「水向け」を行います。




水向け


水向けとは

 霊前に水をお供えすることで、お施餓鬼のときには洗米(洗ったお米)と水(水は、葉に水を付けてお供えします)をお供えすること

です。


 お施餓鬼は「餓鬼」に食べ物や飲み物を施(ほどこ)す法要ですので、焼香をするのではなく、水と米をお供えするのです。


 初めてお施餓鬼に参加する一般の方は法要中に、焼香ではなく「水向け」に行くことになりますが、驚かずに先に行う和尚様方や前の方の動きを真似していただければ難しいものではありませんのでご安心ください。


お施餓鬼シーズン到来!!

東光寺(静岡市清水区横砂)では毎年8月7日は


「施餓鬼会(せがきえ)」


を行っています。

施餓鬼紹介1


 え、施餓鬼!? 施餓鬼って何!? という方は非常に多いと思います。


「お施餓鬼って何?」


と聞かれて


「お盆にやってる、あれでしょ!」


と答えることができれば上出来です。しかし、施餓鬼について説明できる方は少ないと思いますので紹介します。




 施餓鬼という漢字は「施」と「餓鬼」に分けることができます。




「施」

「施」は施す(ほどこす)ことを表し、辞書で意味を調べると「困っている状態を助けるような行為をする。恵み与える。」とあります。



「餓鬼」

「餓鬼」とは満足することも、感謝することも知らない餓鬼道(がきどう)に落ちている生き物のことを言います。





つまり、施餓鬼会とは

感謝することも、満足することも知らないで、欲望に振り回される餓鬼を供養し、自らの心を調える法要です。




 東光寺の施餓鬼会には多くの檀信徒の皆様と、お付き合いのある20名ほどの和尚様方が参加されます。和尚様方が東光寺に来てくださると言うことは、東光寺の僧侶も他のお寺のお施餓鬼へ参加させていただきます。


 ですから、7月~8月はお施餓鬼シーズンなのです。地域やお寺によって法要のやり方が少し異なりますが、法要の中身はどこのお寺も同じです。


 7,8月のお施餓鬼シーズンには「施餓鬼会」の中身も紹介していきたいと思います。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる