FC2ブログ

お坊さんになる“きっかけ” 【尊敬する僧侶との出会い編 その3】

500叱伸日記イラスト




中学校の教員になって2年目に僧侶であった祖父が亡くなりました。

祖父は戦後中学校の教員として務めながらお寺を守ってきた人でした。

当時の私は大学院を卒業し教員として就職をしたいわゆる“一般人”でした。



学生時代、教員時代ともにお寺から離れて生活をしていましたのでお寺の習慣やしきたりも知らない状態でした。

そこに、祖父が亡くなったとの連絡。

驚きましたが慌てて育ったお寺へと向かいました。

お寺に着くと住職を務めた祖父が亡くなったということで近隣のお寺の和尚様方も大勢弔問に来て下さっていました。

そして“一般人”の私にはわからない専門用語が飛び交いながら葬儀の日程や内容が決まっていきました。






そして数日後、火葬場にて祖父は荼毘にふされました。


火葬場では1時間30分程の待ち時間があります。


広い部屋で待機をしていると久しぶりに会う親戚や地元の方が話しかけてきます。


「今、仕事は何かしているのか?」


と聞かれ


「中学校の教員をしています。」


と答えます。すると相手は


「へぇ、すごいね、がんばりな!」 又は 「教科は何?」


と返します。






そんなやりとりを数回していると、今まで話したことのない和尚様に声をかけられました。


「お孫さんだよね、今何をしているの?」


と聞かれたので、定型文のごとく


「中学校の教員をしています。」


と答えました。すると、これまでと違う言葉が投げかけられました。


「修行道場はどこへ行かれたのですか?」


私は、修行道場へは行かず就職をしていたので


「行っていません。卒業後、すぐに就職をしました。」


と答えました。その瞬間、かなり大きな声で


「そんなことじゃいかん!! あなたはすぐにでも修行に行かなければいけないんだ!! こんな所で何をしているんだ!!」


と叱られました。





こんなに真正面から叱れたのはいつ以来だろうかと思い出せないくらい怒鳴られたのです。

何と返事をしたら良いのか、どういう行動をしたらいいのか分からず立ち尽くしたことだけは良く覚えています。

しかし、時間が経つにつれてこの和尚様の言葉の意味が分かるようになってきました。

この和尚様は初対面の大人に対してまっすぐにぶつかってきてくださったのです。

それだけでなく、知らず知らずのうちに高くなってしまっていた私の鼻をへし折ることで、仏の道へと誘導してくださったようにも感じます。

この和尚様は火葬場という大人しくするべき場所で、周囲の眼など気にせず、修行に行くべきだと説いたのです。
この姿を見たとき、相手のことを想いながらも厳しく接することで大切な教えを説こうと思える仏様の教えとは何なのか、その教えに触れてみたいと感じたことを今でも覚えています。

ありがとう と 当たり前

640写経会 絵葉書 28 ありがとう



今年も東光寺(静岡市清水区横砂)では1日を通して小学生がお寺のこと等を体験する寺子屋体験を開催いたしました。






参加してくれた子供達と過ごしていると様々なことを感じます。

今年はある参加者に“ありがとう”という言葉の大切さを改めて教えていただきました。





寺子屋体験では、参加者に様々なものを配ります。




開会式では東光寺特製の坐禅手帳や名札など

お寺のことを体験する企画の時には説明を書いたプリント

企画によっては折り紙やあやとりの紐・・・





私はプリントを配っているときに参加者の一人が言った素直な「ありがとう」という言葉が印象に残っています。

その参加者は、いつも大きな声で「ありがとうございます!」と言ってくれるのです。

配り物を受け取るときにも、私に質問をして答えが帰って来たときにも、席をゆずってもらったときにも大きな声で


「ありがとうございます!」


と気持ちの良い大きな声を出していました。


何かあると「ありがとうございます!」


遠くにいても どこからともなく彼の「ありがとうございます!」の声が聞こえてきて とてもすがすがしい気持ちになったことを覚えています。






逆に、プリントを受け取っても何も言わずに手だけを出す参加者や、何かを教わっても何も言わない参加者、坐禅をする座布団を出してもらっても何も言わずに座る参加者もいます。






ありがとう という言葉は仏教の言葉です。




 法句経(お釈迦様の教えを記したとても古いお経)に




 人の生(しょう)を

 受くるは難(かた)く

 やがて死すべきものの

 いま生命(いのち)あるは有難(ありがた)し






とあります。 この言葉は





今、ここに自分の「命」があることを実感することの大切さを説く言葉です。

「命」が誕生することは 大変に難しいこと
  ↓
命が有ることは難しい
  ↓
有ることが難しい
  ↓
有り難う
 ↓
ありがとう






となるのです。



昔から「ありがとう」は魔法の言葉と言われ、裏表のない「ありがとう」は多くの幸せを運んできてくれます。

いつも、誰かが、自分のために何かしてくれることが“あたりまえ”と感じている人は「ありがとうございます!」と素直に言うことはできません。

しかし、いつも「ありがとうございます!」と大きな声で気持ちよく答えているその参加者の言葉はまさに裏表のない「ありがとう」だったように感じます。

そして、その「ありがとうございます!」の声を聞いたとき、学校や塾などのテストでは測ることができない彼の“心の点数”は間違いなく100点満点だと感じました。

小さい頃から難しい勉強をして、人よりも早く漢字や九九を覚えることも大切かもしれません。しかし、私は それよりも大切なことがあることを「ありがとうございます!」の声に教えてもらった気がします。

話を聞くことを実践できる子供達

500靴の脱ぎ方



「話を聞くときには相手の目を見なさい!」


そんなことを言う人がいます。子供のころ


「だったら目が見えない人は話が聞けないんですか?」


と言ったら とてつもなく怒られた記憶があります・・・


“人の話しを聞く”とは、どういうことなのでしょうか。






東光寺(静岡市清水区横砂)で1日を通して小学生がお寺のこと等を体験する寺子屋体験を開催したときに


「あ~、この子は人の話しを聞くことできる子だなぁ」


と感じたことがありました。





その中の1つが、下駄箱の使い方です。



1日目、お寺にやって来た参加者たちは下駄箱に靴をしまって本堂に入ってきました。


下駄箱は特に指定された場所があるわけではなく、自由に使うことができます。


参加者達が自由に靴をしまっているため、靴はバラバラの場所に収納されていました。


そのままでも良いのですが、せっかくですので私が考えている下駄箱の理想的な使い方を1日目の開会式の際に話しをしました。





下駄箱を自由に使っていいよ! と言われたら私は一番の下の隅から使うようにしています。

自分が一番入れやすいところに皆が自由に、自分勝手に入れてしまったら、下駄箱が整理整頓されている状態になりませんし、後から来た人が入れにくい。

だったら自分が一番下の隅から入れれば、後から来た人のためにもなります。

そんな下駄箱の使い方があることも覚えておいてください。








このように話したところ、数人の参加者は休み時間に靴を入れ直しに行きました。


そして、翌日になって彼らは自分の靴を下から入れるだけでなく、この日から寺子屋体験に参加した他の参加者にも「下駄箱は下の隅から使うんだよ!」と伝えたのです。



ですから、2日目・3日目は多くの参加者の靴がきれいに下駄箱に収納されていました。



私は“人の話しを聞く”と言うことは

「言われたことを実践する・言われたことを他の人に伝える」

ことだと考えています。


ですから、寺子屋体験参加者の中に、しっかりと“人の話しを聞く”ことだができる子供がいたことはとてもうれしかったです。
また、これまでの私の経験上“人の話しを聞く”ことができる子供は、急激に成長する瞬間がありますので今後が楽しみです。

寺子屋体験 企画説明 【坐禅和讃カルタ】

東光寺(静岡市清水区横砂)で1日を通して小学生がお寺のこと等を体験する寺子屋体験で新しい企画に挑戦しました。
※寺子屋体験の 1日目 2日目 3日目 の活動報告はこちらをご覧ください。



それが“坐禅和讃カルタ”です。



500ブログ寺子屋体験190731 7




昨年までは市販の(と、言ってもかなり珍しい)禅語カルタを体験しながら、普段目にすることが少ない禅語に触れてもらっていました。

しかし、それだけでは禅語の良さを子供たちに伝えるのは難しい…


そこで、臨済宗で大切にしているお経であり、分かりやすい言葉で坐禅の功徳について説かれ、さらに坐禅の後などにお唱えして親しんでいる坐禅和讃をカルタにすれば、坐禅和讃の理解をもっと深められるのではないかと考え、


勝手ながら坐禅和讃カルタを自作いたしました!


カルタには
坐禅和讃の一節と、その一節を現代の言葉にしたもの(現代語訳)、そして東光寺未確認キャラクター“こまめ”の絵を入れてあります。



500スライド2




今回の寺子屋体験では3つの方法でカルタを行いました。
3つの方法とは、カルタの読み方を以下の通り変化させたものです





1回戦 現代語訳を読み、続けて坐禅和讃の一節を読む

2回戦 坐禅和讃の一節だけを読む

3回戦 取りたい坐禅和讃の直前の一節から読み、少し間を開けて取りたい一節を読む





※例:「衆生本来仏なり 水と氷の如くにて」という部分の「水と氷の如くにて」が取り札の場合

1回戦 
冷たい心も やがて温かくなります → 水と氷の如くにて・・・

2回戦
水と氷の如くにて・・・

3回戦
衆生本来仏なり (間) 水と氷の如くにて・・・





読み方を変えることで、飽きずに何度でも挑戦しようとがんばれるだけでなく、坐禅和讃を覚えていない子供は少しでも有利になるように坐禅和讃を一生懸命覚えようと努力するという相乗効果もあったように感じます。




こちらが想像するよりも“坐禅和讃カルタ”は盛り上がったので、ルールやカルタなどをさらに改良してこれからも続けていきたいと考えています。

寺子屋体験 企画説明 【和を学ぶ あやとり体験】

500ブログ寺子屋体験190731 22



東光寺(静岡市清水区横砂)で1日を通して小学生がお寺のこと等を体験する寺子屋体験で新しい企画に挑戦しました。
※寺子屋体験の 1日目 2日目 3日目 の活動報告はこちらをご覧ください。


それが“あやとり体験”です。



でも、ただの あやとり体験 ではありません。


「自分の指に感謝したことはあるのだろうか?」


そんな疑問を感じたことが、今回の“あやとり体験”の始まりでした。






あやとりをするとき、指は良く動きます。


複雑な動きを脳が要求しても、文句も言わずに実行しようとがんばります。


指の気持ちを想像しようと思っても、なかなかできません。


だって指になったことがないから!!


だったら、指になってみよう!!!


と、言うことで “巨大あやとり体験”を企画しました。







どのような体験だったのかと言えば




1.参加者を学年がバラバラになるように5~6人の班に分ける。
500ブログ寺子屋体験190731 17

2.全員にあやとりの紐を配り、簡単なあやとりに挑戦する。

このとき、いくつかできるようになって欲しいあやとりを複数準備しておく。
※今回は “さかずき” “ちょうちょ” “かに” “はしご” の作り方を書いた紙を準備しておきました。

500ブログ寺子屋体験190731 18

3.班員全員が ひとつの型をできるようになるまで、班員同士で教え合う。

4.2つの班を組み合わせて10人程度のグループを作る。

5.10本の指を誰が担当するか決める。

6.直径8mほどの長い紐で作った“あやとり”に挑戦。

7.指にならなかった人は外から指示をする(脳の役目)




500ブログ寺子屋体験190731 20

10人でのあやとりは、コツをつかむまでが難しいのです。あやとりの一番初めの動きである中指の行動も、自分の手でやっているときは気がつかないのですが実は中指だけが動いているのではありません。手全体、つまり5本の指全てが動いたうえで中指だけに紐がかかっています。そのことに気がつかないと最初の動きすらできません。


500ブログ寺子屋体験190731 21

しかし、逆に全員で動くとうまくできることが分かると、“さかずき”や“ちょうちょ”は全員ができるようになりました。


この体験を通して参加した子供達からは




「協力しないとうまくできないことが分かった」

「みんなとひとつになれた気がする」



といった感想をたくさんもらいます。そして、中には


「自分の指って いつもすごいことをしてくれていたんだ!」


と感じてくれる子供もいました。



500ブログ寺子屋体験190731 23

周囲との“和を学ぶ”とともに、自分自身も“和”で出来ていることを学ぶ機会になったと信じています。


そして、なによりも子供達が一生懸命取り組みながらもとても楽しそうに挑戦してくれたことがうれしかったです。


500ブログ寺子屋体験190731 24
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる