第12回 友引喫茶開催案内

500友引喫茶 カフェ



おしゃれな喫茶店で椅子に座って仏教を体験する そんな、非日常が日常のすぐ近くにあります!



友引喫茶@コマメ!



『お釈迦様の誕生日をカフェでお祝いします!!』  ~友引喫茶@コマメで花まつり~




友引喫茶@コマメ、初の花祭りです!!!




コマメ・蒲原屋店主ことちゃん特製の「花祭りスイーツ」とともに、花祭りを体験できます。





お釈迦様がお生まれになったところがルンビニーという花園であり、甘露(かんろ)の雨が降ったという故事より、生まれた姿のお釈迦様の周りに花を飾り甘茶(あまちゃ)をかけます。





このことを『花祭り』といいます。
 





 普段ですと『花祭り』はお寺でやることが多いですが、今回は、それをカフェ・コマメさんでやります。


 さらに、このときにお唱えする28文字のお経の写経をしたり法話を聞いて頂いたりする予定です。


  もちろん、花まつり体験後にはお飲み物と花まつりスイーツをいただきます。




 

 ぜひ、お釈迦様のお誕生日会にぜひご参加ください!!




【日時】 4月8日(土) 18:00~19:30

【参加費】 1,000円
 
【お申込み】 こちらの『申し込みフォーム』よりお申込みください。

*4月8日にチェックを入れてください。
 
【担当】
スイーツ・喫茶コマメ:蒲原屋代表 しんやことみ
法要等仏教関係:東光寺副住職 横山友宏 




※友引喫茶について詳しい説明や過去の開催報告はこちらをご覧ください
 Facebookページ【友引喫茶】


イス坐禅と写経を一緒に体験できます!!

500朝日カルチャー




大変に有り難い御縁をいただき、朝日テレビカルチャー(静岡)で、


イス坐禅と写経の会


を担当させていただくことになりました。






500朝日カルチャー2





なんと、静岡市の中心地でイス坐禅と写経をさせていただけるなんて思ってもいませんでしたので、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。今の自分にできることを精一杯させていただきます。





~ 講座紹介 ~

忙しい毎日を少しだけ離れて、心落ち着く仏教の教えに触れてみませんか。

イスに座ってゆったりと坐禅。そして、そのままの心で写経を体験することができます。

講座は毎月第4木曜日の午後7時から8時30分の90分間の体験となります。

1.説明、法話(仏教の話し)
2.イスを使っての坐禅
3.写経(般若心経)






会場が新静岡駅直結のセノバ5階ということで、日常生活のすぐ近くで心を調えることができることを、少しでも多くの方に体験していただけることを願っています。





朝日テレビカルチャーはこちらをクリックしていただくとホームページに移動します。

講座のページはこちら

第11回友引喫茶  開催報告 【 おんぱく にて 】


おしゃれな喫茶店で、椅子に座って仏教を体験しよう! 11回目の「友引喫茶」の開催報告です。



500友引喫茶 おんぱく17020401



友引喫茶とは「おしゃれな喫茶店で椅子に座って仏教を体験し、仏教の話しを聞く。そんな、非日常が日常のすぐ近くにあります!」を合言葉に開催しているものです。





会場は清水駅前銀座の喫茶「コマメ」です。店長様の御厚意に甘え会場とさせていただいています。





この日(平成29年3月4日)は、「イス坐禅と乾物ランチ」時々「仏教の話し(法話)」をテーマに開催させていただきました。





今回は おんぱく での開催となっています。
※「おんぱく」についての説明はこちらをご覧ください。






500友引喫茶 170304

0.始めに喫茶コマメの店主様の御挨拶です。






その後は、





500友引喫茶 1703042


1.椅子坐禅の説明と実践



2.休憩・法話 
主題: 死んで仏と成ると思うな
副題:葉の葉脈から学んだこと


3.椅子坐禅

4.法話
主題:無事是貴人
副題:無とは「何もない」ではなく「こだわりがない」







500友引喫茶 1703044

5.乾物ランチ





500友引喫茶 1703043
始めに配布されたレシピを見ながら説明を受けます。


喫茶こまめの店長様特製の「乾物」を使用したランチを食べて、身体を調えます。


ランチをしながらの雑談の中で、参加者の方と話をさせていただき、多くの学びがありました。






今回は定員いっぱいの方々に御参加いただき感謝の気持ちでいっぱいです。






500友引喫茶 1703045
ランチの最後に出していただいたデザートもおいしかったです。





500友引喫茶 1703046
帰り際には店長様からお土産までいただきました。ご馳走様でした!!






次回の開催は4月8日(土:午前)です!


なんと、お釈迦様の誕生日です!花祭りです!!


~お釈迦様の誕生日に僧侶と喫茶店でお茶を飲み~


ありそうでなかった企画!!?


詳しい内容は決定次第お知らせをします!!

写経会のときに どんな話しをしているの? その44

 東光寺(静岡市清水区横砂)で行われている写経会で、副住職(新米和尚)の法話と配布させていただいている絵葉書を紹介させていただきます。


※なぜ、絵葉書と法話(仏教のお話)が登場するのかはこちらをご覧ください。

※写経会の御案内はこちらをご覧ください。



 今回は第44回目です。 





500写経会 絵葉書 44 死んだのち

絵葉書の写真は、枯れ葉に太陽があたったときに葉脈がきれいに見えたので思わず撮影した写真です。




緑色の葉を太陽にあてても葉脈を見ることはできません。



しかし、光があたることで葉は光合成を行います。



光合成が行われるために葉脈は水や養分を運ぶための重要な役割をします。




決して見ることができないのに確実にそこに存在し、大切な役割をはたしているのです。





写真の葉脈は、葉が枯れたからこそきれいに見ることができました。



生き生きとしている葉では見ることができないのに、枯れ葉なら見ることができると、



つい葉が枯れたから葉脈が出てきたと勘違いをしてしまうかもしれません。



私達人間も、「死ぬと仏様になれる」と勘違いをしてしまうことがあります。




そんな私達に江戸時代の和尚様である白隠禅師は
死んだのち 仏と成ると 思うなよ しなぬ内こそ 真の妙法
と説いているのです。





死んで仏になるのではない、生きているうちに仏になることが大切だと説いています。




写真の葉が私達人間だとすると、葉脈は私達が生まれたときからいただいている「尊い心」だと考えることができます。




生きているときから、生き生きと葉の葉脈は役割をはたし、葉を中から支え続けてくれています。
私達の心も当然、生きているときから私達を支えてくれています。しかし、その心が見えないからこそ、存在しないと勘違いをしてしまいます。





私達の心が仏様と同様に尊い心だと気付き 磨いていくことの大切さを、白隠禅師は 「死んだのち・・・」
と説いてくれているのです。






そして心を磨く方法がお寺にはたくさんあるのです。





葬儀や法事などのお参り
坐禅
写経
布薩



などなど・・・





姿勢を正し、呼吸を調え、静かな気持ちで写経に取り組んでいただければ きっと自分自の「尊い心」に気が付くことができるのではないでしょうか。

【24回】 お寺で婚活 いちえの会 開催決定・申し込み受付開始のお知らせ

さくら 桜 サクラ 1702282

現在、「出会いとは、出て会うこと」 を合言葉に静岡・清水の臨済宗妙心寺派若手僧侶が婚活を企画し実行しています。




 お寺で婚活 いちえの会




私も、微力ながらお手伝いをさせていただいています。




その、“お寺で婚活”の【第24回】のお知らせです!!




日時
平成29年3月26日(日)午後1時~午後5終了予定






さくら 桜 サクラ 170228

テーマ
「 春の訪れを感じる御殿山散歩と出会い 」

静岡市清水区蒲原に桜の名所として知られる御殿山があります。

桜の咲く季節には、山全体が桜色に染まり多くの人々を魅了します。

今回の「いちえの会」の会場は、そんな御殿山の麓にある龍雲寺。

ちょうど桜の咲く時期の開催ということで、御殿山の散策。

そして普段からお寺の内外で仏教や禅について布教活動を続ける龍雲寺副住職による禅寺体験を企画しています。

忙しい毎日を送る皆様に「桜を楽しみ、禅に親しむ。」そんな、非日常を体験していただければと願っています。




内容
桜の名所である御殿山の散策
禅寺体験
1対1の談話
フリータイム




会場
龍雲寺(りゅううんじ)
静岡市清水区蒲原2-12-10




会費
2,000円





定員
男女各15名程度




参加条件
いちえの会登録者(未婚の方)
 *事前に無料登録が必要です。




申込方法
いちえの会ホームページの申し込みフォームにて申込みください
※会員登録済みの方のみ




申込期限
 平成29年3月13日 必着
詳しい内容は「いちえの会ホームページ」をご覧ください。





最近、毎月のように「いちえの会」参加を通して結婚をしました!お付き合いをしています!との報告を受けています。ありがたい御縁に感謝するとともに、多くの方の御縁が生まれていることに喜びを感じております、ありがとうございます。




出会うとは出て会うこと



一歩を踏み出すきっかけになればと願っています。


人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる