FC2ブログ

辻説法で話をさせていただきました。

先日、このブログでも紹介をさせていただいた”辻説法”で法話をさせていただきました。
※紹介の記事はこちらです。




せっかくなら話をしている場面や会場の様子を写真で紹介をしようと考えていたのですが・・・


先日のラジオ出演のときと同様に、緊張のあまり忘れてしまいました。


ですから、今回は法話の際に配らせていただいた資料の写真だけ・・・



600辻説法資料20210414




法話は何度かこのブログでも紹介をさせていただいた千里同風などの仏教や禅の言葉について話をさせていただきました。



未熟な私の話を真剣に聞いていただいた参加者の皆様に感謝申し上げると共に、来月以降も様々な和尚様が登場いたしますので、ぜひ来月以降も多くの方に参加していただき仏教の教えに触れていただくことを祈念いたします。



↓↓↓来月以降は魅力的な和尚様のラインナップです!
600辻説法 2021

連続法話会の御案内 【宝泰寺 2021年度上半期】

コロナウイルスのことを考慮しながらも、少しずつ「再開」という文字も見るようになってきました。


以前、「禅の話しを聞きたい!」という方に、おすすめの宝泰寺連続法話会を紹介させていただいた、宝泰寺連続法話会もいよいよ再開です。
※紹介が遅くなり申し訳ありません。すでに4月は終了しています・・・



宝泰寺連続法話会とは、毎月1回、宝泰寺【ほうたいじ:JR静岡駅のすぐ近く】にあるサールナートホールで行われる法話会です(有料)。


この法話会は講師の和尚様が全国からやってきてくださり、とても分かりやすく禅の教えについて話をしてくださいます。私も勉強の為にできるだけ聴講をさせていただいています。




2021年度上半期の予定がこちらです。



600宝泰寺法話会2021上半期
※写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。


テーマが


~私の人生に大きな影響を与えた出来事~


です。このテーマにそってそれぞれの和尚様が話しをされるのです。




普段なかなか出会うことができない遠方の和尚様に会うことができるのも、この法話会の魅力です。


興味のある方はぜひ一度足を運んでみてください!!

写経会開催報告【令和3年3月】


600写経会20210323




東光寺では毎月23日に写経会を開催しています。


「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる通り暖かくなってまいりました。


春のお彼岸最終日に行われた写経会でしたが、少し肌寒い中での開催となりました。




まだまだ、コロナのことを心配しなければいけない時期ですので本堂を広く使って前後左右の距離をとっての開催が続きます。




今月も絵葉書を準備して法話をさせていただきましたが、登場したのは


600【絵葉書】月と湖


こちらの「絵」です。

昨年までは写真を撮影し文字を入力して絵葉書にしていましたが、今年からは妻に描いてもらった絵を絵葉書にしていくことにしました。


受け取っていただいた参加者からは「かわいい」との感想をいただいたので妻もホッとしていました。
絵と言葉の説明は次回の記事で紹介をさせていただきます。






写経会はこれまで通りコロナ感染防止の対策として

・換気
・以前より感覚を広げて椅子に座るように、座る場所を限定する
・写経会終了後のお楽しみであるお茶を中止
・全員が消毒できるように、消毒薬を設置する




などの対策をとっています。


帰り際に「お茶会」ができないので、簡単なお菓子をお持ち帰りしていただいています。参加者からは

「いつになったら、みんなでお茶を飲めるのかしらねぇ~」

という声も聞こえますが、お持ちかえりいただくお菓子を受け取りながら

「これを一人でゆっくり食べるのも至福の時なのよね」

と言ってくださる方もいるので、どんな状況でも楽しみながら生活をすることの大切さを教えていただいています。




これからも、多くの方に写経に親しんでいただけるように開催を続けていきたいと考えていますが状況によっては開催を見合わせる可能性があることも現実です。




中止をする場合はホームページ等でお知らせをさせていただきます。


写経に興味のある方はホームページやブログを確認いただいてからお寺までお越しください。参加をお待ちしています。


※東光寺ホームページはこちらです。
※このブログのトップページはこちらです。

辻説法の御案内 【2021年度】

「気軽に仏教の話を聞きたい。法話を聞きたい。」


という方にぴったりな企画があります。それが



静岡市静岡仏教会・青年部様が主催する法話会

辻説法の会 ~仏教は心の常備薬〜



です。

毎月1回 午後7時から新静岡駅近くの「写楽館」で法話会が開かれています。
※写楽館 静岡市葵区伝馬町8-1 サンローゼビノレ3階
(新静岡駅けやき通り囗すぐ前)




600辻説法 2021





会場がお寺ではなく、繁華街の中の写真館というのも「知らないお寺って入りにくい」と感じる方が多い今の時代にピッタリです。


どなたでも、予約なしで気軽に、そして無料で法話を聞いていただくことができます。


是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。





また、大変に有難い御縁をいただき、未熟者ですが私もこの辻説法で話をさせていただきます。


私は令和3年(西暦2021年)4月14日(水)午後7時~から法話をさせていただきます。


なんと、「テーマも内容も自由!」とのことで、何を話すか悩みながら原稿を作っています・・・



興味のある方がいらっしゃいましたら、この日もぜひ足を運んでいただければ幸いです。




残念ながら昨年はコロナウイルス感染拡大の影響で中止になった月も多かったですが(私が担当する予定だった月も中止になりました)来年度は実施する予定だと連絡をいただきました。


しかし、新型コロナウイルスの影響でこの法話会もいつどうなるかわかりません。分かり次第、こちらのブログでもお知らせさせて頂きます。


私自身も油断をしないように気を付けながら生活を続け、一刻も早く事態が収束することを切に願っています。

写経会開催報告【令和3年2月】


600写経会20210223



東光寺では毎月23日に写経会を開催しています。


毎月23日の開催ですので曜日はバラバラです。


今月(2月)は天皇誕生日ということで、祝日です。


「平日の開催時はくることは難しいけれど、休みなら来ることができる」


という方もいらっしゃいますので、いつもより多くの方が参加してくださいました。



まだまだ、コロナのことを心配しなければいけない時期ですので本堂を広く使って前後左右の距離をとっていただきました。




今月も絵葉書を準備して法話をさせていただきましたが、登場したのは


600【絵葉書】竹



こちらの「絵」です。


昨年までは写真を撮影し文字を入力して絵葉書にしていましたが、今年からは妻に描いてもらった絵を絵葉書にしていくことにしました。


受け取っていただいた参加者からは「かわいい」との感想をいただいたので妻もホッとしていました。


絵と言葉の説明は次回の記事で紹介をさせていただきます。






写経会はこれまで通りコロナ感染防止の対策として

・換気
・以前より感覚を広げて椅子に座るように、座る場所を限定する
・写経会終了後のお楽しみであるお茶を中止
・全員が消毒できるように、消毒薬を設置する




などの対策をとっています。


帰り際に「お茶会」ができないので、簡単なお菓子をお持ち帰りしていただいています。参加者からは

「いつになったら、みんなでお茶を飲めるのかしらねぇ~」

という声も聞こえますが、少しずつこの声にも期待感や現実味が多く含まれてきているように感じます。


私自身も参加者とのお茶の時間復活は遠くないと信じています。


これからも、多くの方に写経に親しんでいただけるように開催を続けていきたいと考えていますが状況によっては開催を見合わせる可能性があることも現実です。




中止をする場合はホームページ等でお知らせをさせていただきます。


写経に興味のある方はホームページやブログを確認いただいてからお寺までお越しください。参加をお待ちしています。


※東光寺ホームページはこちらです。
※このブログのトップページはこちらです。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる