FC2ブログ

大般若 開催報告 【令和3年】


東光寺(静岡市清水区横砂)では毎年1月7日に大般若祈祷会【だいはんにゃきとうえ】を行っています。

大般若祈祷会とは

 1300年以上の歴史がある法要です。六百巻にもなる「大般若経」という経典を読み、その功徳によって全ての障害が取り除かれ仏道が成就することを祈る儀式です。




※以前、このブログでも大般若について記事を書かせていただいています。
詳しくはこちらをご覧ください。




毎年20人以上の和尚様、そして100人前後の参加者が一心に祈る法要は素晴らしいものだと感じています。


しかし、残念ながら今年はコロナウイルス感染拡大の影響を考えますと例年通り開催することはできません。


僧侶は力いっぱい大声を出すため飛沫を飛ばしてしまいますし、多くのお参りの方が本堂に入りますので“密”になってしまいます。

 
そこで、今年は住職と副住職で法要をさせていただき、その後皆様にお参りをしていただくという方法で開催をいたしました。







例年とは異なる形での開催となりましたが、写真で紹介をさせていただきます。

※昨年の様子はこちらの記事(令和2年開催報告)でご覧いただけます。






と、言いましても内容が変わるわけではありません。





600大般若1山門の幕

山門に幕を張り、




600大般若2玄関の幕

玄関に幕を張り、





600大般若3本堂の幕

本堂に幕を張ります。




600大般若4支度の鐘

開式を知らせる鐘も鳴らします。


600大般若5合掌
合掌から始まり




般若心経を3回お唱えします。




600大般若6転読


その後、転読【てんどく】を行います。



600大般若7転読


 転読とは特殊なお経の読み方です。



 最初にお経の巻数と漢訳をした玄奘三蔵法師のお名前を読み上げます。


 その後は経典を左右に3回ずつ前に1回、計7回パラパラとめくり、



 「降伏一切大魔最勝成就」(ごうぶくいっさいだいまさいしょうじょうじゅ)





 と大きな声で唱えます。この「降伏一切大魔最勝成就」は 一切の悪い心を取り除き、清浄な人間として完成することを誓い、祈る言葉です。



600大般若8回向

転読後、様々なお経をお唱えし、最後に回向をお唱えし法要は終わりました。


多くの和尚様方と一緒に行う大般若の迫力になれてしまっていると少し寂しいようにも感じますが、今年も大般若の法要を無事に終われたことに感謝しています。

竹灯り(竹灯篭・竹ろうそく) 開催報告 【令和2年】

600竹灯り201231 1 (2)


東光寺(静岡市清水区横砂)では毎年12月31日に「竹灯り(竹灯篭・竹ろうそく)と除夜の鐘」を行っています。


山の整備の為に切り出された竹を使ってお寺の境内に竹を並べ灯りをともし、除夜の鐘を撞きます。

今年も多くの方の御協力によって開催することができました。

境内に並べられた竹の中には約1000個の灯りが入れられています。

当日までの様子を写真で紹介させていただきます。





11月頃




600竹灯り201231 2 (2)

墓地のある観音山に協力してくれる方々と入り、竹など切って山の整備を行います。





600竹灯り201231 3 (2)

切った竹をトラックでお寺の駐車場に運びます。





600竹灯り201231 4 (2)

今年はこれだけの数の竹を運びました。







この竹を加工します。




600竹を切る

切ったり、切ったり、切ったり・・・




600竹灯り 誰にでもできる作品の作り方2

切るだけかと思えば、穴を開けたり・・・・

※穴あけについての記事(竹灯り 誰にでもできる作品の作り方を目指して)はこちらをご覧ください。

黙々と作業が続きます。






12月29日~31日
切った竹を並べ始めます。

これまでは12月31日の当日の朝に子供坐禅会参加者でいっぺんに並べていましたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大を防止するために「密」での作業を防止すするため、時間をかけて準備をしました。




600竹灯り201231 5 (2)

竹は倒れないように輪ゴムで束ねながら並べます。
※輪ゴムについての記事(東光寺の竹が倒れない理由 【竹ろうそく(灯り)こぼれ話1】)はこちらです。





600竹灯り201231 6 (2)

並べた竹の中に電球をセットしていきます。9年前に始めたころはロウソクでしたが、数年前にロウソク型LED、そして1年前からはLED電球を使っています。


12月31日 午後5時
点灯開始




600竹灯り201231 7 (2)





600竹灯り201231 8 (2)
長年一緒に竹に関係する作業をしてくださっている方が作ってくれました。






600竹灯り201231 9 (2)
今年は”会いたくても会うことができない” 、そんな年でした。だからこそ「千里同風」という文字を作りたい、伝えたい思いました。
※千里同風についてはこちらをご覧ください。




600竹灯り201231 10 (2)





600竹灯り201231 11 (2)





600竹灯り201231 12 (2)





600竹灯り201231 13 (2)






600竹灯り201231 15 (2)






午後9時
除夜の鐘開始
※除夜の鐘の開催報告はこちらをご覧ください。





午前1時
消灯・灯りの撤去
協力をしてくださる方の手によって灯り等を片付けていただきました。




1月1日日中
使用した竹の片付け




多くの方の御協力により、おかげさまで私一人では到底作り出すことができない空間が完成し今回の竹灯り(竹灯篭・竹ろうそく)を無事に終えることができました。



本当にありがとうございました。

除夜の鐘 開催報告 【令和2年12月31日】 

除夜の鐘 開催報告 【令和2年12月31日】 

コロナ対策とその影響について





600除夜の鐘2012311



東光寺(静岡市清水区横砂)の除夜の鐘には例年200人以上の方が来て下さるようになってきていました。




しかし、令和2年の除夜の鐘では「密」になることを避けなくてはいけません。


今年は除夜の鐘を中止するという選択をされたお寺も多くありましたが、東光寺では感染拡大防止のための取り組みをしながらの開催を決めていました。





対策として


・消毒薬の準備(除夜の鐘を撞く前と撞いた後に消毒)

・待つ際に密着しないように並ぶ場所に印

・鐘を撞くことができる時間を昨年の3倍に



を、実践しました。





結果としては「密」になることはありませんでした。



例年ならば近所の神社に向かう人でお寺の前の道には人が歩いているのが見えるのですが、今年は歩いている人をほとんど見ませんでした。



お寺にお参りに来て下さった方も約半分でした。



開催時間は3倍ですので密度は1/6。


感覚としては昨年の「8割減」と言ったところだと思います。






600除夜の鐘2012312

並ぶ場所に貼った印もほとんど使われることはありませんでした。




その分、いつもなら次々に鐘を撞かなければならないので参拝者と話をすることなどほとんどありませんが、今回は適切な距離を保って話をすることができました。


このような会話の中ら次回以降につながる貴重な御意見をいただくこともできました。



新型コロナウイルス感染拡大は心配なことではありますが、これからも今できることを懸命に取り組んでいきたいと感じる除夜の鐘でした。

細く長く準備をする竹灯り 【令和2年】



東光寺(静岡市清水区横砂)では12月31日に竹に灯りをともらせて除夜の鐘を撞く皆様をお迎えしていました。

今年の除夜の鐘と竹灯りについてはこちらをご覧ください。




竹を境内に並べて灯りをともすのは子供坐禅会の参加者でした。


毎年、多くの参加者(小学生~大人まで20人程)によって12月31日の坐禅会終了後に準備をしてきました。




600竹灯り 開催報告19123103
↑昨年までの様子

人数が多いので1時間くらいでほとんどの作業が終わり、残りを大人達が担当をしてきました。


・・・しかし、今年はいつものようにできません。

これまでの方法では作業中に「密」になることは避けられません。





600竹を並べる20201229

そこで、今年は並べる作業を限定して少人数で行うことになりました。


当然、31日だけでは並べきれませんので、早めに作業開始です。


時間はかかりますが、少ない人数で、少しづつやっていくしかありません。


協力をしてくださる方と力を合わせながら、残り数日間の作業に励んでいきたいと思います。

竹灯り 誰にでもできる作品の作り方を目指して

竹に文字を描く方法



東光寺(静岡市清水区横砂)では、山に増えすぎた竹を切って加工し境内に飾って除夜の鐘の参拝者を迎えています。


今年も例年通りの方法でも竹を切りましたが、新しい方法にも挑戦をしました。


作業手順を備忘録として紹介をさせていただきます。





1.竹を並べる

2.下絵(文字でもOK)を準備する




600竹灯り 誰にでもできる作品の作り方1

3.下絵を竹に貼る




600竹灯り 誰にでもできる作品の作り方2

4.ドリルでひたすら穴あけ


5.下絵をはがす





600竹灯り 誰にでもできる作品の作り方3

6.中に灯りを入れる


7.完成


となります。




周囲を暗くすると、しっかりと文字を読むことができます。


この方法ですと、下絵の準備などしておけば小学生でも作品を作ることができそうです。


今年はコロナの影響で子供坐禅会に参加した人たちに手伝ってもらうことはできませんが、来年以降は少しでも多くの方に手伝ってもらいながら、作品を作っていきたいと思います。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる