FC2ブログ

コロナウイルスの影響と行事について

いよいよ夏が近づいてまいりました。

夏は施餓鬼【せがき】棚経【たなぎょう】といった行事があります。

しかし、今年はご存知の通りコロナウイルス感染拡大の影響が大きく例年通りの開催はできません。

そこで7月・8月の予定を以下の通り決めさせていただきました。





7月・8月(共通)


8日:布薩会   中止


12日~14日 お盆・棚経   参拝方法変更 

お盆は、ご先祖様へのご恩と生かされている有難みに感謝する欠かせない大切な習慣です。しかし、お盆の棚経で例年通り御自宅にまいりますと、三密は避けられません。お檀家様の各家を巡拝することによって、和尚がウイルスの拡散を助長しないためにも、今年は棚経を寺での読経に変更させて頂きます。

今年は誠に恐縮ですが、12日~14日の午前8時30分~午後5時の御都合の良い時間にお位牌をご持参の上お寺にお越しください。本堂にて各家ごとに到着順に読経させて頂きます。状況によっては混みあう時間があり、本堂でお待ちいただく可能性もありますができるだけ間隔をあけてお待ちいただけるように準備をさせていただきます。



17日:山観音供養 少人数での開催


18日:坐禅会   少人数、間隔をとって開催


23日:地蔵尊供養 写経会 中止




8月7日 お施餓鬼 参拝方法変更 

 例年ですと檀信徒の皆様、多くの和尚様方と共に法要をしておりましたが、今年は三密を防ぐために例年通りの形では法要を行えません。

 今年は、本堂の施餓鬼棚などの荘厳【しょうごん:飾りや供物】、各家のお塔婆の支度は、変わりません。

 法要は、住職と副住職でさせて頂きます。檀信徒の皆様は、8月7日のご都合の良い時間に東光寺本堂へお越し頂き、水向けのお参りしてお塔婆をお持ち帰りいただきますようにお願いいたします。


8月16日 浜施餓鬼(地区の行事) 中止




※行事や法要を開催する際には

・換気を十分にする

・周囲の人と距離を確保

・消毒薬の設置

・マスクの着用


などの対策をします。参加を希望される方もマスクをする、体調に不安がある場合は参加を見合わせるなど御協力をお願いいたします。



また、上記の内容は現況での判断であり、様々な情勢の変化により急遽開催を見合わせる可能性があることも御承知おきいただければ幸いです。

再開しました! 【朝日カルチャー 静岡スクール】


私は現在、朝日カルチャー 静岡スクールで「イス坐禅と写経の会」を担当させていただいています。



もちろん、コロナウイルス感染拡大の影響でこちらの教室もしばらくの間、教室自体が閉鎖されていました。


しかし、この度 2ヶ月のお休みとなってしまいましたが、とうとう再開をいたしました。




600朝日カルチャー2006301





実際に教室へ行き、イス坐禅と写経の講座を実践をしてみると



・読経はしない

・扉をしめない

・換気装置が常時動いている

・全員マスクをしている

・開始前、終了後の消毒






など、これまでとの違いはありますが


・坐禅をして、身体と呼吸と心を調える

・写経に取り組み、お経と一体となる



など、これまでと変わらない大切なこともあると、実感をいたしました。



再開ではありますが、これまでにない新しい習慣も始めなくてはなりません。



コロナウイルス感染拡大前の世界に戻ることはありません。



しかし、新しい生活習慣を身に付けることで、私たちは新しい世界を体験することができるのかもしれません。



そんな「新しい世界」の中に、月に1度、街中で慌ただしい日常から離れて写経と坐禅をして心を調える教室に入れていただければ幸いです。



興味のある方は是非、朝日カルチャーのホームページをご覧ください。
・朝日カルチャーのホームページ
「イス坐禅と写経の会」のページ

4月8日はお釈迦様の誕生日です【令和2年 花まつり】

600花祭り202004




花まつり(降誕会【ごうたんえ】)とは、御存じのようにお釈迦さまがお生まれになった日である4月8日に行う法要です。



 お釈迦様は約2500年前の4月8日にルンビニーの花園で誕生されました。そして、お釈迦様の誕生は多くの祝福を受け、天からは甘露の雨が降ったとも言われています。そのため、今日でもお釈迦様の誕生を祝う儀式として、お釈迦様がお生まれになったときの姿である誕生仏に甘茶をかけてお参りをしています。



東光寺(静岡市清水区横砂)でも毎年開催しています。





しかし、今年はコロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、僧侶だけでの法要となりました。


いつもなら、多くの方と一緒にお参りができていたはずなのに今年は本堂に僧侶しかないことに気がついたとき、「当たり前」なことなど本当はなく、全ては「ありがたい」ことなのだと実感しました。



こんな状態がいつまで続くのか予想はつきませんが、「今やれることを精一杯」やっていくしかありません。





と、いうわけでしばらくはコロナウイルスの影響を受けない山の整備(タケノコとの戦い)や畑の作業を精一杯務めていこうと思います・・・・

辻説法(4月) 中止のお知らせ

600座って手を合わせるこまめ




「もう中止のお知らせは聞き飽きた」



そんな声が聞こえてきそうですが、またひとつ中止のお知らせをしなくてはいけません。




以前、「気軽に仏教の話を聞きたい。法話を聞きたい。」という方にぴったりな企画があります。とご紹介をさせていただいた、


辻説法の会 ~仏教は心の常備薬〜 4月の開催中止のお知らせです。


※開催を紹介した記事はこちらです。




残念ながらコロナウイルス感染拡大の影響で、4月15日の開催が中止になりました。4月は私が担当をさせていただけると喜んでいたのですが、ある程度覚悟はしていましたが中止のお知らせをいただきました。



現状を考えますと、他に方法はありません。



私も少しでも今回の騒動が早くに終息することを願い、自宅待機をさせていただきます。



参加等を検討されていた方に残念なお知らせをしなくていけないことが心苦しいのですが、ご理解いただけますと幸いです。

家で坐禅をしたいと考えている方におすすめの動画がありました!!

残念ながら、東光寺(静岡市清水区横砂)の春季子供坐禅会の開催は途中で中止となってしまいました。
※中止のお知らせはこちらです



突然訪れた最終日に参加してくれた子供達には


「坐禅会がないからって油断して寝坊しちゃダメだよ! 家でも坐禅はできるからね!!」


と伝えました。しかし、


「自分1人だと中々始めづらい。」

「誰かと一緒ならやる気になるのに・・・」


と考える方もいるかもしれません。




そんな、自宅等で坐禅をしてみたいと考えているけど不安な気持ちもある方におすすめの動画を見つけました!!

お坊さんの勉強会など大変お世話になっている和尚様が坐禅に関する動画をアップされていましたので御紹介させていただきます。



今まで見てきた坐禅の説明動画の中で一番 分かりやすいと私は感じました。

鳥がさえずる静かな環境の中で撮影された動画は見ているだけでも癒される気がします。

興味のある方はぜひ!!

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる