FC2ブログ

今年もやります 竹ろうそく!!【平成30年】

今年もやります 竹ろうそく!!【平成30年】



東光寺(静岡市清水区横砂)の年末恒例行事になりつつある「竹ろうそく」





除夜の鐘 竹ろうそく チラシ 平成30年


今年も開催を決定しています!!



日時 平成30年12月31日 午後5時


場所 東光寺(静岡市清水区横砂本町20-31)




竹ろうそくが境内を照らし、幻想的な世界が浮かび上がります。


午後11時30分からは幻想的な光景の中で除夜の鐘を撞くこともできます。


※写真はこれまでの様子です。


5000竹ロウソクと除夜の鐘H27015


5000竹ロウソクと除夜の鐘H27009


5000竹ロウソクと除夜の鐘H27008




しかし、開催までの道のりは決して簡単なものではありません。


簡単に書きますと


作業1.山で竹を切るために山道の確保(夏の間に草が生えたい放題・・・)

作業2.山の中で竹を切ったり加工したりする場所の確保

作業3.竹を切る

作業4.山から降ろしやすい長さに切る

作業5.山から降ろす

作業6.加工

作業7.境内に並べる

作業8.点灯



といった作業を行います。



現在は作業1と作業2を同時進行で行っているところです。



12月に入り、いよいよ作業が本格的に進みます。



毎年、お手伝いしてくださる方を募集しています!



竹を切ってみたい人
子供を自然の中で遊ばせながら、筋トレを兼ねた作業をしてみたい人
草刈りが好きな人
竹の加工をしてみたい人
竹を並べた人
灯りを点けたい人
などなど・・・



短時間でも、長時間でも、時間も自由です。「やりたい!」と思える作業だけでも十分ですので、興味のある方は是非、このブログのコメント欄やFacebook【東光寺】でのメッセージ、または直接副住職までご一報ください!!

保育園児の成道会【じょうどうえ】 平成30年

600保育園児の成道会1812072






東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児が成道会【じょうどうえ】のお参りに来てくれました。




12月8日は成道会【じょうどうえ】です。



人々の苦しみの原因に気づき、お悟り開くことを成道といいます。



成道会とは12月8日にお釈迦様がお悟りを開かれた事をお祝いする日です。







お釈迦様は、六年間行ってきた苦行を離れ、身体を癒し、菩提樹の木のもとで坐禅に入りました。そして一週間後の朝、東の空に輝く明けの明星をご覧になりお悟りを開かれたのです。




本来ならば12月8日に行う成道会ですが、今年は8日が土曜日の為、7日に行いました。




真剣にお参りをする園児の姿は本当に美しく感じます。







600保育園児の成道会181207




また、これまでに何度か紹介していますが、園児が歌う「成道会の歌」の歌詞が分かりやすいと毎年感じます。




 ♪♪ 東の空にお星さま
 
 ♪♪ キラキラきれいに光るとき

 ♪♪ みんなを良い子にするために

 ♪♪ お悟り開いたお釈迦様(おしゃかさま)

 ♪♪ 今日はめでたい成道会

 ♪♪ みんなで楽しく祝いましょう






今年も元気な声が本堂に響き渡りました。

お寺で婚活 いちえの会 抽選結果発表しました

お寺で婚活「いちえの会」第35回の参加者決定!!


600印刷依頼原稿 作成用 いちえの会 正方形 ロゴ



応募していただいた皆様にはメールにて当落のお知らせを送信させていただきました。

また、時々携帯電話等のセキュリティーの問題で「メールが来なかった」とおっしゃる方が出てしまうため
いちえの会」のホームページ上でも申し込み時に入力していただいたニックネームを使って当落のお知らせを掲載していますので、必要のある方は御確認下さい。

※いちえの会ホームページ 
※第35回 抽選結果 





  





600いちえの会35回



「いちえの会」とは

「出会いとは、出て会うこと」を合言葉に静岡・清水の臨済宗妙心寺派若手僧侶が婚活を企画し実行しているものです。
東光寺(静岡市清水区横砂)も若手僧侶の会に所属していますので、私も微力ながらお手伝いをさせていただいています。



 本会を始めた背景には、「結婚したくても、出会いがない」と言った声を寺院が普段より檀信徒様の皆様との関わりの中で、よく聞くようになったことが理由の一つです。それならばお寺での関わりを大切にして、ご縁を結ぶお手伝いができないかと考えたのです。



 さらに、「若い人たちにもっとお寺に来てほしい」という思いです。昔に比べて、若い人達がお寺にいらっしゃることが少なくなりました。 



 そんな方々に、本会を機会にお寺に足を運んでいただいて、お葬式や法事以外でもお寺に来ていただくきっかけになればと思ったのも、理由の一つです。結婚相手だけでなくお寺との縁も結んで頂きたいとも思っています。
 



 本会は、合掌礼拝で始まり、合掌礼拝で終わるお寺ならではの婚活です。主な内容は男性と女性が1対1でお話をする談話時間と、坐禅体験や写経体験などお寺での活動を体験していただきます。さらに参加者が自由にお話をする時間や、もう少し相手のことを知りたいと感じた方に自分の連絡先を伝える連絡先申請時間を設けています。




 会員数も600人を超え、多くの方が実際にお寺に足を運び様々な御縁を結んでいます。まだ登録をしていないがお寺や僧侶、そして婚活に興味のある方は是非「いちえの会」のホームページをご覧になっていただき登録や参加を検討していただければ幸いです。



600いちえの会 東光寺

寺嫁まめこのひとこと通信 VOL.1


 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために皆様に発行している「お便り」である、寺嫁まめこのひとこと通信 がいろいろあって、改装されました。




なんと“毎月ほぼ8日に発行”という目標も持ったようです。




今回は「11月11日はポッキーの日だけじゃない!あの人に学ぼう!!」です。



600まもこ通信vol1

※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。
※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。







 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、


東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話




など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに





寺嫁まめこのひとこと通信





があります。 発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われるのが、この「寺嫁まめこのひとこと通信」です。
※過去の「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。




お寺で婚活 いちえの会 が中日新聞に掲載されています。


現在「出会いとは、出て会うこと」を合言葉に静岡・清水の臨済宗妙心寺派若手僧侶が婚活を企画し実行しています。



それが 「お寺で婚活 いちえの会」です。



私も、微力ながらお手伝いをさせていただいています。



これまでに34回の開催実績があり、男女合わせて600名以上の方が会員登録をしていただいています。








600いちえの会 中日新聞



普段は一般男性と一般女性の出会いをお手伝いさせていただいていますが、参加された女性に


「お坊さんとの出会いは無いのですか?」


と聞かれることが多くあります。



そこで、3年前に1度だけ参加男性を僧侶に限定した企画を行いました。



そして、先日3年ぶりに僧侶限定の企画を開催させていただきました。



その様子を中日新聞様が取材に来られ記事にしてくださいました。





興味のある方がぜひ御一読ください。
※記事はこちらです。
【いちえの会 中日新聞掲載】




“法事や葬儀で読経し、説法している僧侶も、若い女性の前での自己紹介では口をそろえて「緊張しています」と話し、しどろもどろになる場面もあった。”




など、普段の自分達では気がつくことができないことも書いていただいています。



まだまだ いちえの会は知名度が高くはありません。



少しでも多くの方に知っていただき、お寺に来ていただくきっかけになることを願っています。






また、次回の開催と会員登録会も下記の通り決定しています。参加したいと思った方は是非、一歩を踏み出していただければ幸いです。




600いちえの会35回

お寺で婚活 いちえの会 第35回


テーマ
 ~ 花の美しさを長く感じる ハーバリウム と 出会い ~

女性誌でも話題のハーバリウム。インテリアや贈り物、仏花など様々なシーンで長く楽しめる話題のハーバリウム作りを体験し世界に一つだけのオリジナルボトルを作り上げていきます!


日時
 平成30年12月9日(日) 開催
 14時分~17時30分終了予定


場所
 最明寺 静岡市清水区由比町屋原213

※詳しくはこちらをご覧ください









600いちえの会 東光寺 

一斉登録会

日時
平成30年11月10日(日) 午前9時~12時
 
 ※上記時間中の都合の良いお時間にお越し下さい
 ※上記日時にお越しの場合は、予約等不要です
 ※登録の所要時間は5分~10分ですが、混雑していますとお待ちいただくかもしれません。時間に余裕を持ってお越しください。

会場 東光寺(静岡市清水区横砂)

※会員登録についてはこちらをご覧ください




人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる