FC2ブログ

浜施餓鬼を開催しました!【平成30年】

500浜施餓鬼1808163




酷暑の夏・・・



と思っていたら今年のお盆は 雨の夏でした・・・




お盆の時期にこんなにも雨が降ったことがあったのかと思うくらい今年は降りました。




そして、今日(8月16日)も朝は強い雨でした。



そんな強い雨の中ですが、多くの方が「浜施餓鬼【はませがき】」のお参りに来てくださいました。




500浜施餓鬼1808161




毎年8月16日は同じような内容になってしまいますが・・・



大切な行事なので今年も紹介させていただきます。



東光寺は静岡市清水区横砂という地にあります。



横砂地区では1年に1度 浜施餓鬼【はませがき】という行事があります。



横砂には現在の袖師埠頭があるところに大きな砂浜があり漁業も盛んな地域でした。また、昭和の時代までは海水浴場があり、夏にはJRの臨時駅も開設され大変なにぎわいだったそうです。



この海で毎年開催されているのが 浜施餓鬼  という 



漢字の通り



「浜」で行う「施餓鬼」です。



施餓鬼とは亡くなったご先祖様や縁のある方、そして縁のない方まで全てをお参りする法要です。法要では餓鬼に洗米と言って洗ったお米やお水をお供えし供養すると同時に水一滴・お米一粒でも満足することができるはずの自分の心を見つめ直す法要です。



一般的な「施餓鬼」では、各寺院の檀信徒の御先祖様をお参りしますが、浜施餓鬼では海で亡くなった方を御供養します。
 砂浜があった時代は砂浜で、その後も海の近くの公園で行ってきましたが、十数年前から東光寺の本堂で開催をしています。



 今年も参加者と共に海の方角に向かいお参りをさせていただきました。



 自治会長さんをはじめ、担当をしてくださった地域の方などが中心になり準備をしていただき多くの方がお参りをしてくださいました。



 子供達に地域の行事を経験してほしいと考え、夏休みの子供坐禅会に出席をしてくれている子供達や保護者の方に声をかけさせていただいたところ、多くの参加者が浜施餓鬼に参列してくれました。



500浜施餓鬼1808162




 参列者と一緒にお経をお唱えし、御詠歌【ごえいか】、そして回向【えこう】をさせていただきました。



子供達は坐禅会以外のお寺の行事へ参加する経験があまりありませんが、立派にお参りをしてくれました!

施餓鬼会【せがきえ】 平成30年

500施餓鬼1808071


東光寺(静岡市清水区横砂)では、毎年8月7日は、ご先祖様をはじめ、すべての霊を供養する山門大施餓鬼会(さんもんだいせがきえ)を行っています。



施餓鬼とは、餓鬼【がき】に施す【ほどこす】と書きます。



餓鬼とは満足をすることを知らず、貪り続ける状態のことを言います。



私は「餓鬼」というとお腹がポコッと出てひたすら何かを食べ続ける妖怪のような生き物を思い浮かべていました。漫画や挿絵でみる餓鬼という妖怪の姿を思い浮かべていました。



確かに餓鬼とは感謝することも満足することも知らないで、欲望に振り回される者のことです。しかし、餓鬼はどこか遠くにいる特別な妖怪ではありません。欲望に振り回される私たちの心の中にもいるのです。



「施」という字は見返りを求めない気持ちも表していますので、見返りを求めず餓鬼に洗米と言って洗ったお米やお水をお供えし供養すると同時に水一滴・お米一粒でも満足することができるはずの自分の心を見つめ直す法要が施餓鬼会なのです。




法要の前に宝泰寺 御住職 藤原東演師 の御法話に始まり、




500施餓鬼1808072




今年も多くの和尚様方、檀信徒の皆様でお参りをすることができました。




500施餓鬼1808074






500施餓鬼1808073



今年の夏は例年以上に気温が高く、熱中症の心配がありましたが、今日は比較的涼しく(この夏としては)無事に法要を終えることができました。



もちろん、汗が止まらなくなるほどでしたが・・・



そんな暑い中前々日の準備に引き続き、朝から多くの方にお手伝いをいただき無事に法要を終えることができました、ありがとうございました。

取材を受けました 【写経会】



先日、東光寺(静岡市清水区横砂)の写経会を静鉄不動産が発行する「Smaison」に取材していただきました。
※東光寺の写経会についてはこちらをご覧ください。


500取材1807091




実際に写経を体験しながらインタビューをしてくださった方は事前に東光寺のこと、写経のこと、そして臨済宗や静岡での写経会のことなど本当に多くのことを予習されていたため受け答えがしやすかったです。



500取材1807092




私自身、これまで何度か機関紙の「取材」をさせていただくことがありましたが、自分が取材に行くときにはここまで勉強をしていなかったので内容の浅い記事になってしまったことを思い出しました・・・





500取材1807093

「法話をしている姿も撮影したい」と言っていただいたのですが撮影されることに慣れていない私には、”法話をしているポーズ”ができないため実際に話をさせていただき、その姿を撮影していただきました・・・



500取材1807094


カメラマンの方は本格的な機材を使用し撮影をされていました。


実際に撮影された写真を見せていただきましたが美しい写真が多く驚きました。


発行が秋と伺っています。


完成が楽しみです。

最初の和尚さんの法事【開山忌】 平成30年


東光寺(静岡清水区横砂)では、毎年6月の最終日曜日に 開山忌【かいさんき:東光寺を創建した和尚様の法事】を行っています。




今年(平成30年)も当日だけでなく事前の準備など多くの方のご協力のもと無事に開催することができました。



 開山忌は東光寺の行事の中で、最も大切にしている行事のひとつで、古来より伝わる儀式を丁寧に行い、多くの檀信徒の皆様に参加していただいています。



今年の法要の様子を写真で紹介させていただきます。




500開山忌18062500


開始前 、まもなく法要が始まることを伝えるため鐘が鳴らされます。





500開山忌18062501

本堂に太鼓の音が響き法要が始まります。





500開山忌18062502

導師を務める住職が本堂へ




500開山忌18062503

代表者がお花をお供えします【献花】。





500開山忌18062504

導師が焼香をし、丁寧な礼拝である三拝【さんぱい】をします。





500開山忌18062505

丁寧に、薬湯・食事(ごはん)・お菓子・お茶をお供えしながら参拝をします。





500開山忌18062506

導師が香語(導師がお香を焚き、仏前に語りかけるところから「香語」とも呼ばれます)を唱えます。





500開山忌18062507

皆様でお経をお唱えします。お経を唱えしながら、皆様ご焼香に進みます。



お経をお唱えした後、法要での様々な善行の功徳(くどく)が伝わることを願う回向(えこう)をお唱えします。





500開山忌18062508

最後は仏教の教えを美しい曲に乗せてお唱えする御詠歌です。





500開山忌18062509

法要後、住職の法話で全てが終わります。




多くの方に参加していただき、今年も無事に開山忌の法要を終えることができ、感謝申し上げます。

東光寺発・寺嫁まめこのひとこと通信 27号

 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために不定期で檀信徒の皆様に発行している「お便り」である、寺嫁まめこのひとこと通信 27号が配布されましたの、紹介させていただきます!



今回は「~開山忌って、こういうものでした、ね。~」です。



500mamekotuusin27.jpg

※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。
※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。





 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、


東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話




など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに





寺嫁まめこのひとこと通信





があります。 発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われるのが、この「寺嫁まめこのひとこと通信」です。
※過去の「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。




今回の開山忌【かいさんき】の特集についても、たくさんの方に読んでいただければ幸いです。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる