東光寺発・寺嫁まめこのひとこと通信 24号


 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために不定期で檀信徒の皆様に発行している「お便り」である、


寺嫁まめこのひとこと通信 24号


が配布されましたの、紹介させていただきます!



今回は~大掃除の締めは心の掃除を。除夜の鐘へどうぞ!~です。



寺嫁まめこの一言通信24号

※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。
※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。





 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、





東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話






など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに





寺嫁まめこのひとこと通信





があります。 発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われています。この声を聞くたびに、もっともっと自分自身ががんばらなくてはいけないと感じますが、成長できません・・・・

坐禅会の日程 【平成30年】


500hpzazenkaititle_2017121123124370e.jpg


東光寺(静岡市清水区横砂)では毎月、坐禅会を行っています。



坐禅会ホームページ



基本的には第3土曜日の午後7:30から行っています。





内容は毎回変化することなく




7:30 坐禅(1回目)

8:00 坐禅(2回目)

8:30 読経

8:40 茶礼(されい:お茶を飲みます)




となっています。



 ホームページへの掲載やブログでのお知らせが遅くなってしまい申し訳ありませんでしたが



 平成30年の年間計画ができましたのでお知らせさせていただきます。





平成30年 開催予定

1月20日(土)

2月17日(土)

3月17日(土)

4月21日(土)

5月19日(土)

6月16日(土)

7月28日(土)

8月18日(土)

9月15日(土)

10月20日(土)

11月17日(土)

12月15日(土)







 東光寺の坐禅会はどなたでも参加していただける坐禅会です。




500坐禅会準備151220





 本人からの希望がない限り、警策【けいさく】で叩いたりもしませんのでご安心下さい。





 申し込みは必要ありませんが、初めて参加される方は少し早めに来て声をかけて頂ければ、事前に坐り方や警策の受け方(叩かれ方)などを御説明することができます。






東光寺への行き方等詳しいことはホームページをご覧いただけると幸いです。


※東光寺ホームページ

※坐禅会紹介ページ

保育園児の成道会【じょうどうえ】 平成29年


東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児が成道会【じょうどうえ】のお参りに来てくれました。



500成道会平成29年1





12月8日は成道会【じょうどうえ】です。

人々の苦しみの原因に気づき、お悟り開くことを成道といいます。

成道会とは12月8日にお釈迦様がお悟りを開かれた事をお祝いする日です。お釈迦様は、六年間行ってきた苦行を離れ、身体を癒し、菩提樹の木のもとで坐禅に入りました。そして一週間後の朝、明けの明星をご覧になりお悟りを開かれたのです。



そのため、東光寺ではお参りをしてくださった方にお持ちかえりいただくお菓子に



お釈迦様は、人々の苦しみの原因に気がつきました。

どうすれば苦しみから救われ、幸せに暮らせるかを、話してくださいました。



との一文を添えています。




500成道会平成29年4





毎年、園児がお参りに来てくれますが、今年は少し様子が違いました。




500成道会平成29年2




真剣にお参りをしたり、紙芝居を聞いたり、成道会の歌を歌う園児の姿に変化はありません。




500成道会平成29年3




みんな一生懸命に取り組んでいます。




では、何が違ったのか。




それは、大人達です。




実は、翌日が保育園の生活発表会という大きな行事なのです。




そのためか、私も含めて大人達は少しソワソワしたり、少し慌てたりしています。




しかし、そんな大人達とは対照的に園児たちは真剣にお参りをしています。





真剣に手を合わせる園児たちの姿を見たとき、なんだか園児たちがとても落ち着いているように感じると同時に自分自身がソワソワしていることに気がつき恥ずかしくなりました・・・

今年もやります 竹ろうそく!!【平成29年】

5001除夜の鐘 竹ろうそく チラシ 平成29年




今年もやります 竹ろうそく!!【平成29年】



東光寺(静岡市清水区横砂)の年末恒例行事になりつつある「竹ろうそく」



5000竹ロウソクと除夜の鐘H27012




今年も開催を決定しています!!



日時 平施29年12月31日 午後5時
※これまでよりも点灯開始時間を早くしました!!


場所 東光寺(静岡市清水区横砂本町20-31)




竹ろうそくが境内を照らし、幻想的な世界が浮かび上がります。


午後11時30分からは幻想的な光景の中で除夜の鐘を撞くこともできます。


※写真はこれまでの様子です。


5000竹ロウソクと除夜の鐘H27015


5000竹ロウソクと除夜の鐘H27009


5000竹ロウソクと除夜の鐘H27008




しかし、開催までの道のりは決して簡単なものではありません。


簡単に書きますと


作業1.山で竹を切るために山道の確保(夏の間に草が生えたい放題・・・)

作業2.山の中で竹を切ったり加工したりする場所の確保

作業3.竹を切る

作業4.山から降ろしやすい長さに切る

作業5.山から降ろす

作業6.加工

作業7.境内に並べる

作業8.点灯



といった作業を行います。



現在は作業1と作業2を同時進行で行っているところです。



12月に入り、いよいよ作業が本格的に進みます。



毎年、お手伝いしてくださる方を募集しています!



竹を切ってみたい人

子供を自然の中で遊ばせながら、筋トレを兼ねた作業をしてみたい人

草刈りが好きな人

竹の加工をしてみたい人

竹を並べた人

灯りを点けたい人

などなど・・・





短時間でも、長時間でも、時間も自由です。「やりたい!」と思える作業だけでも十分ですので、興味のある方は是非、このブログのコメント欄やFacebook【東光寺】でのメッセージ、または直接副住職までご一報ください!!




※興味のある方は昨年【平成28年】の開催報告も是非ご覧ください!

教豆知識シール259 仏教説話1

500仏教豆知識シール259 仏教説話1


仏教の教えを示す物語は様々あります。




例えば鬼から身を守るというお話があります。




このお話は縛られた罪人に食べ物を届けるように依頼された女性の話です。






女性は鬼が住む場所を通り抜け、罪人のために食べ物を届けなくてはいけません。





皆が嫌がるこの仕事を女性は嫌がることなく引き受けました。そして鬼が出る場所を通過するのですが、不思議なことに鬼は女性を襲うことができないです。女性が役割を終え帰ってきた時、周囲の人が女性に聞きました。




「何で鬼はあなたを襲うことができないのですか」




女性は答えます




「私は普段から仏教の教え【戒:かい】を守って生活しています。ですから鬼は私を襲うことができないのです。」




と答える話があります。




東光寺(静岡市清水区横砂)でも多くの子供達が坐禅をするためにきてくれますので、こう言ったお話をすることがあります。しかし、このお話をよく考えてみると様々なことを教えてくれています。




子供たちにこの話をする時には、




「しっかりと約束を守ってくれれば仏様がみんなを守ってくれるんだよ」




そんな、まとめ方をします。



しかしこの仏様というのはどこか遠くにいるわけではありません。私達の心の中に元々いてくださる仏様が私たちを守ってくれているのです。




そして私たちを襲う鬼も仏様と同じ私たちの心の中にいるのです。





子供達に


「仏様が守ってくれるんだよ」


と話をしますが、大人になってきた時に、その仏様が自分たちの中にいてくれていたんだということに気がついてくれることを祈っています。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる