FC2ブログ

寺嫁まめこのひとこと通信 VOL.9 【お彼岸:おひがん】


 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために不定期で檀信徒の皆様に発行している「お便り」である、寺嫁まめこのひとこと通信 がいろいろあって、改装されました。




今回の題名は



秋分の日はなぜ祝日なの?
~迷い多きこの世界から、迷いのない極楽浄土へ~





です。




500寺嫁まめもこの 10

※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。
※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。



 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、


東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話




など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに寺嫁まめこのひとこと通信があります。 




発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われるのが、この「寺嫁まめこのひとこと通信」です。
※過去の「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。




御興味のある方はぜひ御一読ください。

寺嫁まめこのひとこと通信 VOL.9 【施餓鬼:せがき】

 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために不定期で檀信徒の皆様に発行している「お便り」である、寺嫁まめこのひとこと通信 がいろいろあって、改装されました。




今回の題名は




お施餓鬼の由来


~なぜアーナンダさんは餓鬼道(がきどう)に落ちそうになったのか?~





です。




500まめこ通信09

※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。
※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。



 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、


東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話




など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに寺嫁まめこのひとこと通信があります。 




発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われるのが、この「寺嫁まめこのひとこと通信」です。
※過去の「寺嫁まめこのひとこと通信」はこちらでご覧になれます。




御興味のある方はぜひ御一読ください。

施餓鬼会【せがきえ】 令和元年

東光寺(静岡市清水区横砂)では、毎年8月7日は、ご先祖様をはじめ、すべての霊を供養する山門大施餓鬼会(さんもんだいせがきえ)を行っています。



500施餓鬼0108072

今年も多くの和尚様方、檀信徒の皆様でお参りをすることができました。




500施餓鬼0108073

今年の施餓鬼の飾りつけです。皆様にお参りをしていただくときにお供えする”洗米”と”水”も用意してあります。読経中、僧侶に続きお参りをしてくださった皆様に水向け【みずむけ:洗米やお水をお供えする】に進んでいただきました。






施餓鬼とは、餓鬼【がき】に施す【ほどこす】と書きます。



餓鬼とは満足をすることを知らず、貪り続ける状態のことを言います。



私は「餓鬼」というとお腹がポコッと出てひたすら何かを食べ続ける妖怪のような生き物を思い浮かべていました。漫画や挿絵でみる餓鬼という妖怪の姿を思い浮かべていました。



確かに餓鬼とは感謝することも満足することも知らないで、欲望に振り回される者のことです。しかし、餓鬼はどこか遠くにいる特別な妖怪ではありません。欲望に振り回される私たちの心の中にもいるのです。



「施」という字は見返りを求めない気持ちも表していますので、見返りを求めず餓鬼に洗米と言って洗ったお米やお水をお供えし供養すると同時に水一滴・お米一粒でも満足することができるはずの自分の心を見つめ直す法要が施餓鬼会なのです。



多くの地域で昔からおこなれてきている習慣ですので、菩提寺などで

「お施餓鬼があるよ」

と言われたら、積極的に参加しお参りをしていただければと願っています。



500施餓鬼010807

菩提樹の花が満開 【令和元年】


毎年恒例の問題です。



さて、何の花でしょうか?


500菩提樹1906083






そうです、菩提樹【ぼだいじゅ】です!



菩提樹と聞いて「お釈迦様!」と連想できる方は、かなり仏教に詳しい方だと思います。



お釈迦様は菩提樹の木の下で坐禅をされて、悟りを開かれたと言われています。



そのため、仏教では菩提樹を大切にしています。





500菩提樹1906082

そして、東光寺(静岡市清水区横砂)にも菩提樹の木があります。





東光寺の菩提樹は福岡県太宰府市にある戒壇院の菩提樹を分けていただいたものです。



戒壇院の菩提樹は、あの鑑真和上【がんじんわじょう:社会の教科書でもおなじみの、奈良時代に正式な仏教を伝えるために中国から日本にやってきた僧侶】が植えた菩提樹です。


つまり、東光寺の菩提樹も鑑真和上とゆかりのある菩提樹となります。






毎年、この時期になるときれいな花を咲かせます。


今年も本堂を出ると、やさしい甘い香りがする季節になりました。








500菩提樹190608

今年も匂いに呼ばれて蜂たちがやってきています!!






平成が終わり、令和が始まりましたが菩提樹にとっても蜂たちにとっても関係ありません。

ただ、自分のやるべきことをする。

この姿が美しく感じさせてくれています。





花が咲いている時期は長くありませんが、東光寺へお越しの際には足を止めて楽しんでいただければ幸いです。

写経会開催報告 【令和元年5月】

東光寺(静岡市清水区横砂)では毎月23日午前10時から写経会を行っています。



今月【令和元年5月】も無事に写経会を開催することができました。





500写経190523




東光寺の写経会は曜日ではなく「23日」という日付で開催日が決定していますので、毎月曜日が変わります。


今月は木曜日という平日の開催となったためか、参加者は少ないかと予想していました。




しかし、始まってみれば大変多くの方に参加していただくことができました。


さらに、今月は参加者全員が3回以上の参加されている方でした。






東光寺の写経会は初めて写経をする方でも、写経会大ベテランの方が明るく声をかけてくれる暖かい雰囲気の写経会です。

その雰囲気のおかげで多くの方が複数回来てくれています。一度参加した方がもう一度来てくださるだけでもうれしいのに、さらに3回目、4回目と来てくれて、それが習慣になりつつあることは本当に有難いことです。


ちなみに写経会の流れは



10時00分
挨拶・法話(仏教のお話)

10時10分
読経:皆様と一緒に般若心経をお唱えします。
静坐:姿勢と呼吸を調えます。

10時15分頃
写経開始

10時50分頃
写経終了、お茶

となっています。

写経が終わった後、時間のある方にはお茶を召し上がっていただいています。



ゆったりと写経をして、ゆったいとお茶を飲む。




貴重な時間を皆様と過ごすことができて、ありがたい気持ちになっております。


これからも写経会で多くの方との御縁をいただきたいと願っています。

※写経会について詳しくは東光寺ホームページ(こちら)をご覧ください。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる