FC2ブログ

オンライン坐禅会での法話【一般向け:仏教聖典 心を清める4 耐え忍ぶ】

耐え忍ぶことは受け流すことに 我慢は自慢につながる。

自慢ばかりする人に魅力を感じますか。

私は感じません。






前回の記事で

仏教聖典の中にある「煩悩から離れる五つの方法」の中の「耐え忍ぶ」を紹介させていただきました。
※記事はこちらです



その中で、

耐え忍ぶためには「受け止める・受け入れる・受け流す」ことが大切であること。

自然豊かな山の中で苦手な虫に出会ったとしても
1.虫がいた
2.この虫がいるから豊かな山がある ありがたい
3.石を元に戻す
といった具合に受け流すことと、坐禅の最中に呼吸に集中する過程で頭の中に浮かんできた事柄を受け流す方法の共通点を紹介させていただきました。


今回はその続きとも言える内容です。



少し前に、本屋さんである本の題名を見たときに衝撃を受けました。





600そいつ今ごろパフェ

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ



という本です。



この言葉も,、耐え忍ぶ際に必要な「受け止める・受け入れる・受け流す」を実践する助けになるように感じます。



何か嫌なことを言われれば、その瞬間は嫌な気持ちになります。


しかしその後、嫌なことを言った人がいなくなっても私達はどうしても嫌な気持ちを引きずってしまいがちです。


では、その時に嫌なことを言った人は嫌なことを言い続けているのでしょうか。


もちろん、そんなことはありません。


パフェでも食べているかもしれません。


では、なぜ私達は嫌な気持ちを保ってしまうのでしょうか。


パフェでも食べてのんびりしているかもしれない嫌なことを言った相手を いつまでも自分の中で生かし続けているからです。


そんな、バカらしいことをやめましょうよと「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」という言葉は教えてくれています。






では我慢をすれば良いのでしょうか。


残念ながら我慢はよくありません。


ストレスが溜まるから?


もちろんそれもあります。


しかしそれだけではありません。


仏教では「我慢」を良い意味では使いません。



「我」には“自分だけをかえりみる”

「慢」には“(他人と比較して思い上がる”




という意味があり、


我慢は他社と比較して自分だけが優れていると思い込むという意味があるのです。




このことから、私は


我慢は やがて 自慢に変わる


と考えています。


我慢をしたことは、「俺はこんなに苦労したんだ!」という一時的な高揚感を生み出しますが、その後は慢心へとつながり、ついつい自慢をしてしまいます。


しかし、「受け止める・受け入れる・受け流す」の実践は、その後 何も残りません。



だからこそ、仏教聖典でも我慢ではなく耐え忍ぶことを説いているのかもしれません。

科学と仏教 その4  オンラインで御先祖様に会えるようになる

「オンラインで御先祖様に会えるようになる」そんな時代が来ているように感じます。

私は科学と宗教は相対的な位置にあると思っていません。
幼い頃は科学の反対が宗教だと思っていましたが、科学をかじって仏教をほんの少しだけ勉強してみると


「宗教(古くからの信仰や習慣も含む)を科学で説明できるようになってきた」


と思うようになりました。


※詳しくはこちらの記事をご覧ください
科学と仏教 その1 科学が仏教を説明できるのか 
科学と仏教 その2 バタフライ効果と仏教の教え 
科学と仏教 その3 科学の実験と「坐禅は捨てる」という考え方の共通点 



600オンライン坐禅会0722


最近は仏教の世界でも急速に“インターネット”や“オンライン”といった言葉を使うようになってきました。

個人的には、インターネット、オンライン、大歓迎です。



「オンラインなんてとんでもない!直接会うから分かることがあるのだ!! オンラインばかりだと人間の暖かみを感じることができない」



と言う方もいます。もちろんその通りです。



否定のしようがない素晴らしい御意見で、反論の余地などありません。


「直接会うことができれば・・・」それ以上のことはありません。



しかし、仏教というよりも古くから私達は「いますが如く(ごとく)・おわすが如く」という心を大切にしてきました。




お釈迦様に直接会うことはできませんが、そこにお釈迦様がいるかのように感じてお供え物をしてお参りをします。

観音様にもお地蔵さまにも会うことはできません。しかし、そこに観音様やお地蔵様を感じて手を合わせることはできます。

亡くなったご先祖様と直接会うことはできませんが、仏壇の前に御先祖様にいるかのように語りかけることができます。そして、その言葉は御先祖様に届きます。




私達は、「会うことができない人に会う」という習慣を「いますがごとく」という言葉ですでに身につけているのです。



インターネットやオンラインという世界は、「会うことができない人に会う」、「いますがごとく」という体験を助けてくれる1つの手段だと思います。


オンラインという科学的な世界での活動は、私達が古くから伝わった習慣を実体験することです。


オンラインで「いますがごとく」を実体験することは、自分自身が御先祖様と向き合うことができると迷うことなく実感することができるようになる第一歩になるのではないでしょうか。

保育園児の坐禅体験 【令和2年5月】


東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児達は毎月坐禅体験にやってきてくれます。



今月もコロナウイルス感染拡大防止の影響で少ない人数ですが無事に開催することができました。





800坐禅体験200527

私も、参加した園児もマスクをするという見慣れない風景です・・・
 




感染拡大防止のために本堂の戸と窓を開け放ち、風通をよくして園児を迎えます

開けすぎて、他の学年の園児が外で遊ぶ声が聞こえ、姿が見えてしまうため集中はしにくい環境でしたが頑張って坐り続けていました。




 年長組は初めての和尚が警策【けいさく】を持って歩く坐禅に挑戦しました。警策とは坐禅中に上手く坐れていない人などを励まし、指導する木の棒です。


 彼らは説明を楽しそうに聞いていましたが、実際に私が警策を持って歩くと、かなり緊張をしているようでした。




 年中組は足を組んでの坐禅に初めて挑戦をしました。坐禅の後は焼香・合掌礼拝の練習をして上手にできるようになりました。 
 



 いつもは茶礼(されい:お茶とお菓子を行儀よく食べたり飲んだりする)ですが、残念ながらお休みです。
 
 

 来月にはできるようになっていることを祈りながら、今年度2回目の坐禅体験を終えました。

これが最後のお知らせかもしれません・・・

600座って手を合わせるこまめ





様々な行事を中止するお知らせを出してまいりましたが、これが最後のお知らせになるかもしれません。


もう、中止にするものは何もありません・・・




次は再開のお知らせをしたいものです。



東光寺(静岡市清水区横砂)で毎月行っている、坐禅会と写経会、お地蔵様のお参り、私が講師をさせていただいている朝日カルチャーの「イス坐禅と写経」全て中止が決定いたしました。




ますます感染拡大が広がっている状況を考えれば、これより有効な対策が他にはありません。



いつ再開できるのか予想がつかないので、よりさみしい気持ちになります。



お参り等は僧侶だけで続けていきますので、行事等に参加できない皆様も御自宅の御仏壇の前など心が静かになる場所で、坐禅や写経、お参りなどをしていただければ幸いです。

監視社会から拝みあいの社会へ

以前のニュースで、東京都の弁当店が 「売り場の様子をYouTube上でライブ配信したら万引きが激減した」 と紹介されていたことが記憶に残っています。



誰かに見られていると悪いことはしにくいものです。



監視社会だと感じる人もいるかもしれません。



しかし私は、このような監視社会の先に“拝みあいの世界”が広がっていると信じています。






仏教では誰もが尊い仏の心を頂いていると説きます。






600合掌こまめ





臨済宗妙心寺派の信心のことばには

衆生(生きとし生けるものすべて)は本来仏なりと信じて、拝んでゆきましょう

と、あります。





私も仏の心を持ち、相手も仏の心を持っていると信じて相手を大切にしていきましょう。



と伝えてくださる言葉です。






菩提和讃【ぼだいわさん】というお経に



この身すなわち仏にて 仏が仏を念ずれば、一声唱うる称名も、諸仏の浄土に通徹す





という私が好きな一節があります。




自分自身が仏だと実感し 仏を拝むということは 仏が仏を念じている姿であり 一言唱える称名が諸仏の浄土に到達し、はっきりと響き渡っている



と伝えてくださる言葉です。




監視することは見つめ合わなければできません。


そして、どうせ見つめ合うならば拝みあう関係性の方が素敵だと感じます。






自分と相手を信じて見つめることが監視社会から抜け出し拝みあう世界へと変化することを願っています。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる