お知らせと過去の記事まとめ

【開催報告】
160ボタン 子供坐禅会 冬休み 500ブログ 竹ろうそく ボタン

【開催案内】
500ボタン イス坐禅と写経 セノバ 500いちえの会 ロゴ 参加申し込み受付中 500友引喫茶 ボタン ロゴ

目に見えないものが見えたとき

ある研修会での出来事です。



500眼には見えない御恩2

発表者がプロジェクターを使用するためにスクリーンにパソコンの画面を映し出した状態で講演を始められました。



部屋は明るい状態です。



やがて、映像を見やすくするために部屋の照明を落としたとき、私は思わずハッとしました。



部屋が明るいときには投影されている画面はきれいな四角の形をしているように見えていました。



500眼には見えない御恩

しかし、画面を暗くしたとき投影されている画面を見ると、今まで見えていた四角い画面はプロジェクターによって補正されている画面だったのです。



周囲が明るかったために補正された画面だけが見えていたのです。



それが暗くなったことによって、補正される前の暗い画面の中に、補正された明るい画面があることに気がついたのです。




私は周囲が暗くならなければ、プロジェクターが必死になって斜めになっているはずの画面を補正して見やすい画面にしてくれていることに気がつかなかったのです・・・



このことに気がついたとき、


普段から多くの御縁によって支えられ、生かされていることに気がついているつもりで、実は気がついていないのだと改めて実感をすることができた気がします。




物事の本質を見抜くこと、気がつくことを目標に成長をして行かなくてはいけないのですが、



まずは見抜けていないこと、気がついていないことを自覚し謙虚に生きて行かなくてはいけないことをプロジェクターに教えていただきました。

いつでも どこでも 坐禅会

東光寺(静岡市清水区横砂)では毎月第3土曜日の午後7時30分より坐禅会を行っています。
※坐禅会についてはこちらをご覧ください。





さて先日も坐禅会が開催されましたが、この日は金曜日。




500出張坐禅会180216

見慣れない座布団です・・・




500出張坐禅会1802162


さらに、見慣れない部屋の作り、見慣れない掛け軸・・・・



そう、ここは東光寺ではありません。



なんと、静岡県庁の和室です!!



県庁の健康指導課よりご依頼を受けて職員さんの健康管理の一環として「出張坐禅教室」をさせていただきました。



東光寺への依頼と言うことで、住職と私(副住職)で行ってまいりました。



30名を超える県の職員さんが参加をしてくださり、皆様静かに坐禅を体験してくださっていました。



健康指導課の方々が入念に準備をしていただいたおかげで、なんとか無事に終えることができと思っています。有難い御縁をいただき感謝申し上げます。



これまで、喫茶店やカルチャースクール、児童クラブ、お母さんサークルなどでこれまで「出張坐禅会」をさせていただいていますが、



「え、坐禅会ってお寺でやるものではないんですか?」



と聞かれることもあります。



もちろん、お寺という静かな場所での坐禅も良いものですが、お寺でなくてはいけないということはありません。



いつでも どこでも 何人でも 自由に行うことができるのが坐禅です。



もしも坐禅に興味がある方がいれば、お近くの坐禅会に参加してみてください。



気がついていないだけで坐禅を体験できる場所はすぐ近くにあるものです。



インターネットだけでなく、お寺の門の近くの掲示板などに様々な情報がありますので近所のお寺の前を通過するときなどいつもより張り紙などを注意深く見て見ると新たな発見があるかもしれません!




※朝日カルチャーでのイス坐禅について興味のある方はこちらをご覧ください。
500ボタン イス坐禅と写経 セノバ

保育園児の坐禅体験 【平成30年2月】

昨日から少し寒さがやわらいでいます。



今月も予定通り東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児達は坐禅体験にやってきてくれました。





500保育園坐禅体験1802164
年長組さんも





500保育園坐禅体験1802163

年中組さんも真剣に取り組んでくれています。





500保育園坐禅体験180216

今月(2月)は、涅槃会【ねはんえ】を紹介しました。





涅槃会の際に使用した涅槃図(お釈迦様が亡くなられた際の様子が描かれた掛け軸)を近くで見せながら、話をしました。
真剣に話を聞いてくれるので、話をしていてこちらも気合が入ります!


500保育園坐禅体験1802162

東光寺発・寺嫁まめこのひとこと通信 25号

 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために不定期で檀信徒の皆様に発行している「お便り」である、


寺嫁まめこのひとこと通信 25号


が配布されましたの、紹介させていただきます!



今回は「~東光寺の写経会、参加しやすい5つの理由~」です。



mamekotuuusin25.jpg
※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。
※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。





 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、





東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話






など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに





寺嫁まめこのひとこと通信





があります。 発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われています。この声を聞くたびに、もっともっと自分自身ががんばらなくてはいけないと感じますが、成長できません・・・・
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる