FC2ブログ

お知らせと過去の記事まとめ

【開催案内】
500ボタン 子供坐禅会 600ボタン 朝日カルチャー


【紹介】
おばあちゃんのおはぎ スライド用 横長01
絵本 【おばあちゃんのおはぎ】 を作りました。御興味ある方は是非ご覧ください。
※PC版はこちらから
※スマートフォン版はこちらから

【開催報告】
500ボタン 子供坐禅会 500寺子屋ロゴ

畳の縁【ヘリ】に学ぶこと 【その3】

良い習慣を身に着けるということは・・・


東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある保育園の年中組と年長組の園児達は毎月坐禅体験に来てくれています。



私も声をかけるのですが、先生方が園児達に「畳の線(ヘリのこと)を踏んではいけません」と教えてくれているので、ヘリを踏みません。



500畳を踏まない園児1907





坐禅を終えて、お参りをするときにも足元を見ながら歩き、順番を待つときもヘリを踏まないように気をつけてくれています。




畳のヘリを踏んではいけない理由は

記事:畳の縁【ヘリ】に学ぶこと 【その1】に書いてありますが、要約をすると


→畳が存在しない時代の人々の生活空間にあったのが土間や板張り。

→床が固いので身分の高い人(貴人)のために敷物を作る。

→この敷物を「御座」(ござ)と呼び、ござの周囲のヘリは貴人との結界と考え踏まなかった。

→ござが畳へと変化はしたが、ヘリを踏まない習慣は残った




と、なります。

※詳しくはこちらの記事もご覧ください。



もちろん、園児達は初めからヘリを踏まないで歩けるわけではありません。

畳のヘリは踏んではいけないということを知らなければ、迷いなくヘリを踏んでしまいます。

しかし、先生や家庭、そしてお寺でヘリを踏んではいけないことを教わると、多くの園児はドキドキしたような笑顔で線(ヘリ)を踏まない冒険に出発します。
たまに、暴走をしてしまい「あ、線だ!ジャンプ!!」と飛んだところで大人に叱られる子供もいますがが、楽しみながら実践をしてくれます。




そして何度か本堂にやってきてヘリを踏まないことを実践すると、意識をあまりしなくても自然とヘリを踏まずに歩き回ることができるようになってきます。






仏教には無明【むみょう】という言葉があります。



「明」は智慧【ちえ】を表していますので、無明は智慧が無く、物ごとがよく見えないことを意味しています。
つまり、迷いを意味する言葉であり、智慧がないという状態で、迷いの世界を右往左往している私達の姿そのものを表しています。






そして、この迷いの世界を抜け出す為に、これまで受け継がれてきた修行や良い習慣があるのです。




お仏壇の前で手を合わせる良い習慣も迷いの世界から抜け出す手助けとなります。


初めは慣れない仏壇に戸惑いながらも毎日意識して手を合わせる。

すると手を合わせている時間は迷いの世界から抜け出している。


慣れてくると、自然と手を合わせることができるようになる。

すると、手を合わせている時間だけでなく手を合わせる前後の時間も迷いの世界から抜け出している。


さらに、慣れてくると御仏壇の前と言うこだわりも無くなり、いつでも心の手を合わせ状態になる。

すると、いつでも迷いの世界から抜け出していることになるのです。






園児達も「畳のヘリを踏ではいけない」ということを知り、お寺の中では確実にできるようになりました。

この良い習慣を実践し続けてくれるなら、やがてお寺だけでなく いつでもどこでも畳のヘリを踏まない実践をすることができるようになることでしょう。

知識が行動となり習慣になったのです。

このようにして身に着けた習慣が彼らの中に生き続けるのなら、彼らが迷いの世界から抜け出すための助けになってくれることでしょう。

畳の縁【ヘリ】に学ぶこと 【その2】

畳のヘリを踏まないことと仏教が説く平等には強いつながりを感じる



500【坐禅和讃】16 福を得ること限りなし




前の記事で「なぜ畳のヘリを踏んではいけないのか」という記事を書きました。


記事の中で“なぜ畳のヘリを踏んではいけないのか”を


→畳が存在しない時代の人々の生活空間にあったのが土間や板張り。

→床が固いので身分の高い人(貴人)のために敷物を作る。

→この敷物を「御座」(ござ)と呼び、ござの周囲のヘリは貴人との結界と考え踏まなかった。

→ござが畳へと変化はしたが、ヘリを踏まない習慣は残った




と紹介をしました。
※詳しくはこちらの記事もご覧ください。



このような説明を聞くと




「だったら~ 今の時代ぃ~ みんなぁ~平等だからぁ~ 身分が高いとか低いとか関係ないじゃん~。みんな平等じゃん! だ・か・ら ヘリも踏んで良くなぁい!?」



と言う人もいるかもしれません・・・


確かにヘリの無い畳も増えてきています。


ヘリがない畳も良いものです。






しかし、ヘリがない畳が普及したり、表面上の平等が叫ばれる時代であっても、目の前にヘリがあるならヘリは踏まないように気をつけるべきだと私は考えています。



仏教では人は差別されることなく平等であると説いています。

では、何が平等なのでしょうか。それは、



誰しも生まれたときら仏様のような尊い心を平等にいただいている



ということなのです。





私が仏様で、あなたも仏様なのです。

大好きなあの人も、大嫌いなあの人も仏様

毎日顔を合わせる隣人も、遠い国であったことがない人も仏様

生まれも育ちも、顔だちも、男も女も関係なく、みんな仏様なのです。



誰もが仏の心をいただいている平等の命なのです。





そう考えるなら、畳のヘリの向こう側、どのヘリの向こう側には貴人(尊い心の持ち主)がいるのです。

だからこそ、相手を貴人と認めて大切にする心でヘリを踏まないように気をつけるのです。


臨済宗妙心寺派の生活信条には

人間の尊さにめざめ 自分の生活も他人の生活も大切にしましょう

とあります。




相手を貴人と認めて大切にする心でヘリを踏まないように気をつけ、意識しながら生活することは「自分の生活も他人の生活も大切にする」実践であり、この実践を繰り返すことが「人間の尊さにめざめる」第1歩になるのです。


畳の縁【ヘリ】に学ぶこと 【その1】

なぜ畳のヘリを踏んではいけないのか


500畳190614

東光寺(静岡市清水区横砂)の本堂は畳です。


多くの寺院では畳が使われていますが、一般的な住宅では畳がない家が増えてきています。

かく言う私も、学生時代や社会人時代に1人暮らしをした部屋は全て畳ではありませんでした・・・

ですから、「畳のヘリを踏んじゃダメ!!」などと家で怒られたことがある子供も減ってきているのではないでしょうか。

そのため、1日かけてお寺の生活を体験する東光寺の寺子屋体験では朝の会で

「畳のヘリを踏んではいけません」

と伝えています。






説明責任が求められる今の時代、


「畳のヘリを踏んじゃダメ!!」


とだけ言っても納得できない方々も増えてきているかもしれません。ですから、短い言葉で説明するならば


「ヘリは自分と相手の結界(境目)です。この境目に乗らないように気をつける習慣があるため畳のヘリを踏んではいけません。」


と説明しなくてはいけないかもしれません。



ところが、短すぎと説明しきれませんので、詳しく説明をすると、以下の通りです。












なぜ畳のヘリを踏んではいけないのでしょうか。


調べてみると、なかなか深い意味があることが分かりました。


なんと、畳のヘリを踏んではいけない理由を知りたいなら「ござ」を勉強しなくてはいけないのです。






むかーし、むかし、畳が存在しない時代にさかのぼります。その時代に使われていたのが「ござ」です。

当時の人々の生活空間にあったのが土間や板張りの床でした。

土間や板張りの床に座ったり、寝たりするときに敷いたのが「ござ」です。

この「ござ」という言葉は「御座」から転じたものと言われています。




昔、自分達を導いてくれる貴人(身分の高い人)が据わる場所を「御座」と言いました。


身分の高い人に座ってもらう場所なので、少しでも居心地の良い場所にしようと、工夫をして坐ったり横になれるものを作ったのです。そのため、ここで使われていた敷物を「ござ」と言うようになったのです。




そして、この「ござ」の周りを囲んだヘリは、周囲と貴人との結界を意味していたのです。

当然、結界を踏むようなことはしてはいけません。

やがて「ござ」は詰め物などをして進化していき、今の畳となったのです。

そして、「ござ」の結界は畳の結界として受け継がれ、「畳のヘリを踏んではいけません」

という文化が残ったのです。





「畳のヘリを踏んじゃダメ!!」という、たった一言の中に受け継がれてきた畳の縁の歴史を知ったとき、いろいろと感じたことがありましたが、このまま書き続けると長くなりますので続きは、次の記事に書かせていただきます・・・

夏休み子供坐禅会のテーマ【令和元年】

東光寺(静岡市清水区横砂)夏季子供坐禅会のテーマは般若心経【はんにゃしんぎょう】です。



そう、「もっとも深い悟りの境地の教え、心を集中安定する教え」と言われ、



「全600巻という膨大な量の「大般若経」から大切な部分だけを抜き出しまとめたもの」とも言われる、とっても有名な、あの般若心経です!!






500【般若心経】1般若心経とは

ぎゅーっと抽出したイメージ・・・



いよいよ、地元の小学生達の長期休暇に東光寺(静岡市清水横砂)で行っている子供坐禅会が始まります。今回(令和元年夏)は



期間 7/27(土)~8/25(日)
 ※土日も開催します
※8月7日のみお休みです


時間 毎朝7時30分~8時20分頃
で、開催いたします。

※詳しくこちらをご覧ください。




東光寺の子供坐禅会の特徴のひとつが仏教豆知識シールです。


坐禅会参加者に東光寺特製の名刺サイズの仏教豆知識シールを配布しております。


シールは毎回違うものを用意しています。





坐禅会を始めたころは、毎日のように


「明日はどんなシールにしようかな!?」


と悩んでいました。






作り始めるまでに時間のかかる方法になってしまっていました。


この方法ですと坐禅会の前の晩にシールが出来上がることが珍しくなく、下手をすると坐禅会当日の朝に完成することもありました・・・


「このままでは、いつかシールが完成せずに坐禅会が始まってしまうと!」


と危機感を覚え、それ以降は各長期休暇にテーマを決め、事前に毎日話す内容を決めてシールを作るようになりました。





これまでに

仏教の物語

涅槃図

仏前結婚式

白隠禅師坐禅和讃(お経)

御葬式

法事(様々な仏様)

お寺の食事






など、様々テーマで取り組むようになりました。



この方法にしてから、坐禅会の前日の夜や当日の朝まで慌てることはなくなったのでしばらくこの方法でやっていこうと考えています。


そして、今回のテーマは般若心経としました。






東光寺の子供坐禅会ではお経をお唱えします。


そのお経が「般若心経」と「白隠禅師坐禅和讃」です。


何度も坐禅会に参加してくれている子供達はどちらのお経も暗記しています。


せっかく覚えたお経ですから、内容も知ってもらいたいと考えていたとき、いつも坐禅会に参加してくれている小学生の男の子が


「次のシールは般若心経にして!」


と言ってくれたのです。






ものすごく難しいテーマではありますが、がんばって準備をしていきたいと思います。

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる