お知らせと過去の記事まとめ

【開催案内】
500ボタン イス坐禅と写経 セノバ 500いちえの会 ロゴ 参加申し込み受付中 500友引喫茶 ボタン ロゴ


【開催報告】
160ボタン 子供坐禅会 冬休み 500ブログ 竹ろうそく ボタン

棚経と隠れキリスタンの共通点

500棚経180714



東光寺(静岡市清水区横砂)では7月と8月に棚経【たなぎょう】のため檀家様のお宅に伺っています。



棚経とはお盆の行事です。



「え、お盆って7月でしょう!」



と思った方も、



「え、お盆って8月でしょ!」



と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。




実は、お盆は地域差が大きく伝統的に7月に行う地域もあれば、8月に行う地域もあります。



和尚さん同士の会話でも



「あなたのところのお盆は7月?それとも8月?」



と出てきます。



一般的には7月「か」8月なのです・・・



ところが、東光寺がある旧静岡県清水市は7月の地域と8月の地域が混在しています。



ですから、7月の地域の方のお宅には7月に伺いますし、8月の地域の方のお宅には8月に伺います。



しかし、読むお経やお供え物などに違いはありません。



もちろん由来も同じです。



お盆の中心となるのは7月でも8月でも「御先祖様を想い、感謝し、御先祖様を供養したいと願う気持ち」なのです。





先日、長崎・天草「潜伏キリシタン」 世界遺産登録決定のニュースがありました。



このニュースに関連する番組を見ていたとき、大変興味深い言葉がありました。



今でも「潜伏キリシタン」の文化を守り、隠れキリシタンの教えを大切に生活している方の言葉です。



潜伏キリシタン・隠れキリシタンはその名の通りキリスト教が禁止された江戸時代に隠れてキリスト教を信仰していた方々のことを示します。



しかし、明治時代に宗教の自由が認められます。



このとき、潜伏キリシタン・隠れキリシタンは潜伏したり隠れる必要が無くなったので正式なキリスト教徒として生活をしていくことになりました。



しかし、一部の方はそのまま潜伏キリシタン・隠れキリシタンとしての生活をつづけたのです。そして今でもその習慣が続いているのです。



このことについて、番組内で今でも潜伏キリシタン・隠れキリシタンの文化を守っている方に



「隠れる必要がないのに なぜ潜伏キリシタン・隠れキリシタンとして生活をしているのですか。キリスト教になればいいじゃないですか。」



と質問をしたところ、その方は迷いなく



「御先祖が大切にしてきたことだから、私はその教えを守っています。」



と答えたのです。



お盆の行事は「御先祖様を想い、感謝し、御先祖様を供養したいと願う気持ち」が中心となっています。



潜伏キリシタン・隠れキリシタンの教えが何百年と守られた背景にあった心も「御先祖様を想う気持ち」だと知り、日本で生活をする人々に当たり前のようにある「御先祖様を想う気持ち」の大切さを改めて感じました。

線香の炎は自然と治まらないこともある

500お線香の点火方法160715



仏教の教えをまとめた「仏教聖典」の中に


悪から遠ざかる味わい、寂けさの味わい、教えの喜びの味わい、この味わいを味わう者には恐れがない。


との言葉があります。




「悪」との付き合い方として 「悪から遠ざかる」と説いています。



悪と敵対するのではなく、悪を消そうとするのでもなく、悪の存在を認めながらも「遠ざける」こと、距離を置くことを説いています。




先日、このブログで




線香は点火をしたとき炎が出てしまっても、やがて炎は落ち着いていきます。

同様に人の心に欲望の炎が燃え上がってしまっても、やがて私達の心は落ち着いてきます。




と紹介をしました。 ※記事はこちらです。



しかし、炎が落ち着かないときもあります。


それは、お墓などでたくさんの線香に点火したときです。


まとまっている線香に火をつけると炎が大きくなってしまうことがあります。


そんなとき、一生懸命息を吹きかけたり、ブンブンと振り回してしまいがちです。


しかし炎は落ち着きません・・・


落ち着いたと思っても、すぐに炎を出して再び燃え上がります。





このように燃え上がった線香の炎を静める方法は意外と簡単です。


まとまっている線香をバラバラにするだけです。


1本になれば自然と炎は落ち着いていきます。



人は1人でいるときに、心に欲望の炎が燃え上がってしまったとしても、静かに坐ることで心が落ち着きます。


しかし、多くの人と一緒にいるときに周囲の人と共に心に欲望の炎が燃え上がってしまうと、なかなか心を落ち着けることができません。自分が1人で静かになっても周囲の影響で再び欲望の炎が燃え上がります・・・



このようなときの解決方法も「燃え上がった線香の炎を静める方法」と似ています。



「遠ざける」こと、距離を置くこと


です。そして、このことの大切さを



悪から遠ざかる味わい、寂けさの味わい、教えの喜びの味わい、この味わいを味わう者には恐れがない。



と「仏教聖典」では説いているように感じます。

線香の炎は自然と治まる姿を見て学んだこと

500線香1808712



人の命は線香に例えられることがあります。



少しずつ 自分を燃やし、最後には消えてなくなる。



しかし、消えてなくなっても香りは残ります。



人もやがて亡くなり、姿形は無くなります。



しかし、その人が生きた証は様々な形で残ります。






身近な「線香」から学ぶことは多くありそうです。


以前「お線香の点火方法」という記事を書いたことがあります。
※記事はこちらです。


500お線香の点火方法1607152

線香は点火をしたとき炎が出てしまっても、





500お線香の点火方法1607155

やがて炎は落ち着いていきます。






同様に人の心に欲望の炎が燃え上がってしまっても、やがて私達の心は落ち着いてきます。


しかし、線香のように、ただ待っているだけでは、なかなか心が落ち着かないこともあります。




臨済宗妙心寺派の生活信条に

一日一度は静かに坐って 身と呼吸と心を調えましょう




とあります。




心に欲望の炎が燃え上がってしまったとき、静かに坐ることで心が落ち着きます。




線香も炎が上がった状態では、線香が持って生まれた力を出し切ることができません。



同様に、人も欲望の炎に振り回されてしまえば 自分自身が持って生まれた力を出し切ることができないのではないでしょうか。



静かに坐って心を調えることで 私達が持って生まれた力を出し切ることができることを「線香」に教えていただいた気がします。

誰にでも「発見」がある場所

500小学校の入学式170412


地元の小学生が「総合的な学習の時間」という授業の一環で東光寺(静岡市清水区横砂)にやってきました。

・・・諸事情により写真がありません。

・・・残念です




今回の訪問では3年生が30人程来てくれました。



よく見ると境内の保育園に通っていた見覚えのある子供が何人かいました。



子供達は事前にお寺のことを調べてきてくれたうえで、質問を考えて来てくれていました。



「何年前から東光寺はあるのですか。」

「なんで隣に保育園があるのですか。」

「土日のお休みは何をしているのですか。」

「普段はどんなことをしているのですか。」

「門の黒板に書いてある言葉の意味は何ですか。」




などなど・・・
多くの質問をしてくれました。私が質問に答えていると子供達は一斉にメモをしていました。


そして、最後に子供達を代表して1人の女の子が感想を言ってくれました。言ってくれたのは境内にある保育園の卒園生であり、保育園に通っている頃は毎月坐禅を体験してくれていた子です。その子は
「保育園の頃からお寺には来ていましたが、話を聞いて初めて知ったことがたくさんあります。まだまだ知らないことがたくさんありました。」


と言ってくれたのです。


「数千ある」とも言われる様々なお経の中に、四弘誓願【しくせいがん】という幸せな生活過ごすために教えを守ることを誓う短いお経があります。




その中に一文に


学ぶべき教えは限りがないが、全てを学ぼうとすることを誓う

法門無量誓願学【ほうもんむりょうせいがんがく】




という言葉があります。




小学3年生の


「まだまだ知らないことがたくさんありました。」


とい言葉は




保育園児でも、小学生でも、中学生でも、大人でも・・・



お寺での体験は どの年代にも必要とされていることであり、どの年代に対しても「発見」があり、学ぶことがあるように改めて感じることができた言葉でした。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる